teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


錬成会

 投稿者:大五郎  投稿日:2008年 5月 2日(金)19時23分4秒
  昨年は、急に平日になったりして、ちょっととまどいましたので、今年の情報が入っているかなぁ~とお電話差し上げました。
7月の早割という航空券が、ちょうど現在発売中なもので・・・・。
最終決定しましたら、お知らせくださいますよう宜しくお願い申し上げます。
 
 

いらっしゃいませ。ポチ子先生

 投稿者:はらっぱ  投稿日:2008年 3月18日(火)19時22分14秒
編集済
   ごもっともです。私は錬成会で大せんせいの揮毫ぶりは常に拝見してますから良く判ります。同じ筆がどうしてああも自在に動いて、持ち主のこちとらの言う事は全く聞いてくれないのかと何時も腹立たしく憤懣の極なのであります。でもってお伺いすると筆を駆使しようとはしていない、ただ筆に任せているだけだとかいう返事が返ってきて、余計に懊悩の種になります。つまり筆を100%生かしてるだけって言われてるんじゃありませんか。だけってえのが余計に難しくって毎回当分意気消沈。筆なんか触りたくもなくなってしまうのが通例です。少なくとも私の場合は!! 一応、そう言う事かと何とか納得するだけでも一年かかりましたが、 なにせ筆をいじめて軟毛で出せない線をなんてのをかなり長くやってましたから、そんなの駄目って言われてもそう簡単には抜け出せません。四苦八苦が私の現状でありますです。
元来が不器用極まりないので、多分生きてる内には無理でしょうねえ。矢っ張り感性に乏しい私に書は向いてませんでしたね。まあ、少しは楽しむ事もありましたが。
 

こんばんは!

 投稿者:ポチ子  投稿日:2008年 3月17日(月)23時48分23秒
  ご無沙汰申しております。
先般、大五郎先生の玉作制作現場に居りまして・・・・
も~~~~~、びっくり!力なんてひとつもお入れでないのに・・・
ど迫力!腕です、腕!!達人の力をまざまざと見せ付けられました。
かけがえの無い体験をさせていただきました。
又、お邪魔します。<m(__)m>

http://tansakai.parfait.ne.jp/

 

有難う御座いました

 投稿者:はらっぱ  投稿日:2008年 2月12日(火)05時57分32秒
  わざわざ東京よりのお運び有難う御座いました。そう言えばロンドンからも絵葉書いただいてましたよね。 ついうっかっりとお礼も言わずに大変失礼致しました。後も良いご旅行でしたか。 改めてお礼申し上げます、  

予告。

 投稿者:yurime  投稿日:2008年 2月 2日(土)22時16分30秒
  ご無沙汰しております。
来週(2/10)お邪魔することにしました。
取り急ぎ、ご報告まで…
 

八洪展!

 投稿者:はらっぱ  投稿日:2008年 1月 6日(日)22時14分30秒
編集済
   もうですか!
 まったく何ちゅう!!
 まあ、子育てに賭ける意気込みが!!!
 

八洪会展作品

 投稿者:大五郎  投稿日:2008年 1月 6日(日)16時48分48秒
  本日制作いたしました。
4尺×八尺サイズです。
これで、安心して子育てできます。
 

蕎麦粉

 投稿者:はらっぱ  投稿日:2008年 1月 5日(土)19時59分33秒
編集済
   大せんせい、蕎麦粉は貴夷齋さんお気に入りのものが今も多分手に入りますが、本来は蕎麦掻き用の粗挽き故、家内曰く希夷齋さんの湯捏ねでないと生粉打ちでは打ち切れないだろうと言うことです。そのへん彼の御仁は見事な打ち手なんですね。当地辺では湯ごねの方はあまりいないようです。生粉打ち以外ではつなぎに地方それぞれの特色があり、多いのは小麦粉、山芋、卵、海藻の粘りを使うところもあるやに聞き及んでいます。ただ貴夷齋さん好みの風味香りを出すためには、生粉、粗挽きの方が向いているでしょうが、打ち難いでしょうね。

 最近当地出雲では、外皮ごと挽くためですが、そのせいか喉越しが悪いと言われるらしく、当地蕎麦はすする蕎麦ではなくて噛んで風味を味わう蕎麦だとか言い始めています。

 ついでに変なことを思い出しました。戦時中大陸でも食糧が配給制度になったころ蕎麦屋であれは何だったのか、高野豆腐の親戚みたいな切れの物が丼の水の中に浮いてたのを食わされた経験があります。舌触りは正に高野豆腐でしたが、味の方はさてどんな物だったか。
 

あけまして

 投稿者:大五郎  投稿日:2008年 1月 3日(木)18時42分3秒
  おめでとうございます。

私の蕎麦の打ち収めは、大失敗でありました。
地粉が農協の直販店に無く、泣く泣く茨城産と標記してあるものを・・・・・。
短く切れてしまい、皆無言で食しておりました。

キイ坊の打った蕎麦は、日本一だいねぇ(つくづく)。

http://www.tv-asahi.co.jp/tentochito/

 

明けましておめでとう存じます

 投稿者:希夷斎  投稿日:2008年 1月 2日(水)18時58分58秒
  旧年中は何かとお世話頂きありがとう存じます。本年も何卒よしなに御願い申上げます。
頂いた極上蕎麦粉、冷凍していたお陰でそれほど劣化せず、年越し蕎麦を最後に完打致しました。
とてもいい蕎麦が打てました。ありがとう存じます。

たまには、当方掲示板にもお越し下さいな。寂しゅうございますがな…
 

賀春

 投稿者:はらっぱ  投稿日:2008年 1月 2日(水)10時46分47秒
編集済
  皆様、明けましておめでとう御座います。
旧年中は何かと真にお世話に相成りました。
厚く御礼申し上げます。
今年も何とぞよろしくお引き回しの程願い上げます。
         店主 敬白
 

>その後

 投稿者:はらっぱ  投稿日:2007年12月15日(土)00時27分46秒
  有難う御座います。体は順当に年を取って、指の骨折も治りが遅いですが靴を履いて近間なら外出可能に。
と言っても歩くのはちと辛いので、爪先に力が掛からぬようもっぱら自転車ですが。
近頃出しゃばって失敗することが多く自戒しつつあります。矢張り老人がしゃしゃり出はみっともないようで。
  最近は半紙に自分勝手な二行又は三行の不定形句みたいなものを書き殴っています。自分の目でさえなかなか様になりませんからまあ悪戯書きですが。少し溜まったら見て頂きたいものです。目下は原稿の草稿と言ったところで。
 

その後

 投稿者:大五郎  投稿日:2007年12月13日(木)22時45分39秒
  お観脚の具合は如何ですか?
最近、ご登場無く、淋しく思っているところです。
 

八洪会展

 投稿者:大五郎  投稿日:2007年 9月27日(木)21時57分32秒
  如何ですか?
できれば、また、スナップ写真で結構ですので、様子をお知らせくださいませんか。
 

Re.メール

 投稿者:はらっぱ  投稿日:2007年 7月11日(水)10時56分27秒
  昨日他出が多く珍しく夜も外で飲んで早寝,討ち死に?をしました。
でもって今朝メール拝見しました。ご指導の趣など拝見してから改めてご挨拶申し上げます。
 

メール

 投稿者:大五郎  投稿日:2007年 7月 9日(月)17時14分44秒
  お送りしましたが、届きましたでしょうか?  

Re.ティファニー

 投稿者:はらっぱ  投稿日:2007年 6月19日(火)10時02分17秒
編集済
   細部のいきさつは不明ですが、大雑把な印象からすると、急逝した前市長は美術的な感性はともかく、神戸市助役時代につちかわれたビジネス感覚はこの地方からすれば異色でした。隠岐出身ですからね。一度市長室で街作り関係者に伴われてお会いしたこともあり、大会場で講演を聴いた時もそんな印象でした。展望の大胆さは成功不成功にかかわらずインパクトはあります。
引き継いだ現市長は完全にお役人ですね。TVパネル・ディスカッションの折自分でメモを取り、一人、一人への応対のそつのない気遣い、スピーカーの趣旨内容把握等は見事で寸分の隙もなさを発揮しましたね。クールですが面白さは無かったです。たぶん前市長は長期的に観光に役立つと見、現市長見解はは貧乏市財政の重荷でしかないと云うことでしょう。実質的に内容公開が無かったので判りませんが、世界的レベルの物差しになる一流品を失ったと言う失望感は大きいです。役所だけでなく市民の問題でもあるんですが。

http://fish.miracle.ne.jp/yamagoya/

 

ティファニー美術館

 投稿者:大五郎  投稿日:2007年 6月18日(月)16時28分39秒
  閉館、誠に残念。
↓お役所仕事の故でしょうか?
http://www.l-c-tiffany-garden-museum.co.jp/closed/index.html
 

Re.お元気でした

 投稿者:はらっぱ  投稿日:2007年 6月16日(土)06時07分1秒
編集済
   ちとばたばたすることが多くて!
メール頂いたのですか? 申し訳ありませんが届いておりません。
マックも概ね使い物になるところまで回復してるのですが、何となく切れが悪くて
先般も他所からメール不着が一度ありました。又文字の読めない分も。
 師匠の言葉の意味は正にそうですが、なかなか滲み出てこないとつい頼りたくなるわけですねえ!何せ未熟な自分の感性と修練の結果にまるで自信が持てませんから。これでは漫画なのかも知れんなあと思うわけです。そのために師匠にお伺いを一々たてて来たのですが。

http://fish.miracle.ne.jp/yamagoya/

 

お元気でした

 投稿者:大五郎  投稿日:2007年 6月15日(金)16時36分36秒
編集済
  ようで安心しました。
メールをお送りしたのですが・・・。

↓の師匠の言葉を書に当てはめれば・・・・・・
勉強した古典を創作に利用しよう、てな考えは愚の骨頂。
創作にあたっては、古典を勉強して得たものが己の心体をとおして自然に滲み出るもの。
ちゅ~ことでしょうね。
 

レンタル掲示板
/5