teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


こっちとあっちの隔たり

 投稿者:真夜中の訪問者グッチ  投稿日:2010年 5月12日(水)20時24分2秒
返信・引用
  第一回オフ会(桜ヶ丘大会)の時もそれらしい集団がいましてね、向こうは若い連中だったから、「こっちは『おくさま』だけど、あっちは『耳すま』だな」なんて話をした覚えがあります。
駅前に「『耳すま』案内板」があるとは知らなかったな。早速「『おくさま』&『ニセモノ』案内板」も設置しないとねw
 
 

Re;桜ヶ丘

 投稿者:Morley  投稿日:2010年 5月11日(火)22時56分24秒
返信・引用
  ケンメリSさん、
ちょっと世代のギャップを感じてしまいました。しかし「おくさまは18歳」は、「耳をすませば」に負けない素晴らしい作品だと思います。もっと若い人にも広げたいですね。
 

Re;桜ヶ丘

 投稿者:ケンメリS  投稿日:2010年 5月11日(火)15時14分52秒
返信・引用
  >Morleyさん 聖蹟桜ヶ丘駅前の交番横には、「耳をすませば」の案内掲示板もあり、アニメファンには有名みたいです。 私もロケ地を訪問するまで知りませんでしたが・・・ おそらく何十年も?空き地になってた高木家の隣敷地も、新築住宅が建設中でした。 しばらく「住友の仲介」のノボリが建ってましたが、ついに新しい住人の方が決まったみたいですね。 「おくさまは18歳」で、度々目にする桜ヶ丘の特徴的な石塀も、少しずつですが失われて行くようです。 本放送から40年が経過しようとしてますので、仕方ないとは思いますが、少し悲しく感じました。  

桜ヶ丘

 投稿者:Morley  投稿日:2010年 5月10日(月)19時48分55秒
返信・引用 編集済
  GWに桜ヶ丘や多摩川などロケ地を訪ねてきました。聖蹟桜ヶ丘駅からバスで桜ヶ丘ロータリーまで上り、まわりの風景に感動しながら歩いて「いろは坂」を下ってきました。途中でカメラを持った若者が多く見られました。みんな私より一世代ほど若い。不思議に思ったので彼らに「ここは何か有名な場所なんですか」と聞いてみると「耳をすませば」という作品のロケ地だと言う。私が「おくさまは18才もここがロケ地なんですけど知ってます?」と尋ねてみると「知らない」とのこと(ガーン・・・しかしそういう私も「耳をすませば」を知りませんでした・・)「機会があれば、おくさまは18才も見てくださいね」と言って別れました。  

お祖母ちゃん大往生

 投稿者:真夜中の訪問者グッチ  投稿日:2010年 5月 6日(木)22時14分12秒
返信・引用
  ショックですけど、婿(哲也)よりも長生きだったんですね。飛鳥の結婚式の時は、「飛鳥ちゃんの赤ちゃんを見るまで死ねない」なんて言ってたのに、曾孫どころか玄孫も見られたかもですね。  

北林谷栄さん

 投稿者:あつあつ  投稿日:2010年 5月 6日(木)18時21分49秒
返信・引用
  北林谷栄さんが亡くなりましたね。
ただ98歳なら大往生です。
御冥福をお祈りします。
おくさまはのメンバーも一人二人と他界されるのは寂しいものです。
飛鳥がいろんな意味で一番元気なのかもしれません。
 

ついに来た・・・

 投稿者:かいぬま先生  投稿日:2010年 4月30日(金)20時41分48秒
返信・引用
   岡崎友紀公式オフィシャルサイトをクリックすると、なんと選挙用に変わっていました。いろいろ書いてありましたが、少し読んで疲れました。いままでなるべく考えないようにしてきたのが、現実味を帯びてきました。ア~ア!  

飛鳥の同級生

 投稿者:真夜中の訪問者グッチ  投稿日:2010年 4月28日(水)04時44分59秒
返信・引用
  25日に東京MXで放映された「ウルトラマンA」の第44話『節分怪談・光る豆』を観ていたら、見覚えのある青年が出ていた。はて?誰だっけ、誰だっけ・・・・・そうだ!山之辺ケンイチ(小池正史)だ。
本放送の放映日は'73年2月2日だから「おくさまは18歳」終了の1年半後ですが、北辰学園の同級生たちは他の番組で見る事がほとんどないので、この出逢いは嬉しかったです。
 

千葉県に友紀さんの大邸宅

 投稿者:かいぬま先生  投稿日:2010年 4月22日(木)18時57分32秒
返信・引用
  先日、インターネットを見ていると意外なところで、友紀さんに出会いました。翔和緑花建設のホームページでです。この建設会社が友紀さんの家の庭を施工したそうです。完成した庭にはゴルフ場のグリーンがあり、エントランスやアプローチに石が敷き詰められていました。社長さんと友紀さんが完成した庭で談笑する画像や友紀さんの挨拶が載っていました。バックには大きな家が写っています。
 ここで、気が付いたことが、ひとつあります。庭の壁というか段差の部分にマンボウのシルエットがあちらこちらに埋め込まれています。そういえば友紀さんは北杜夫の愛読者です。でも、どうして、スヌピーやクジラがないのでしょう。大邸宅は、千葉県にあるそうですが、日付けがありませんので、いつ頃の画像かわかりません。
 興味がある人は「翔和緑花建設」で検索してみて下さい。
 

40年目の発見

 投稿者:かいぬま先生  投稿日:2010年 4月10日(土)20時33分47秒
返信・引用
   最近YouTubeにゲリラ的に現れる「おくさまは18歳」の第一話をぼんやり眺めていると、2つのことに気が付きました。
 ① 高木飛鳥の結婚前の名前は「しむら飛鳥」といいます。教会で結婚式をあげる時に神父さんに「しむら飛鳥なんじは・・・」という場面がありました。
 ② 高木飛鳥の左の眉毛の上の方に小さなほくろがあります。ふだんは髪の毛に隠れて見えません。第一話の終わりの方で、あしの君にテニスを教えてもらっている場面でわかります。
 ※ 何回もDVDを見ているのに、なぜ気が付かなかったのだろう。40年目の発見です。「こんなことに今頃気が付いたのか」という声が聞こえてきそうですが、自分で気が付くとうれしいです。あしからず。
 

レンタル掲示板
/65