teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


BBSが荒れてたので

 投稿者:kurolab.com  投稿日:2007年12月 1日(土)14時38分23秒
  パスワードとIDを忘れて、迷惑メールの削除が出来ませんでした。
いろいろ試して、やっと削除できました。
ブログがあるので、BBSはもうあまり使わないと思うけど、少しスッキリしました。
 
 

メンテがなかなか出来ず・・・

 投稿者:kurolab.com  投稿日:2005年 8月28日(日)11時36分0秒
  メンテがなかなか出来ず、お返事が大幅に遅れました。ごめんなさい。
確かに画像が大きくて私も驚きました。
でも、ご安心ください。マーケズは噛まれることがあっても、決して噛みません。
 

はじめまして、、、

 投稿者:kippy  投稿日:2005年 8月10日(水)01時32分7秒
  マーケースのHPに初めてお邪魔しました。
紫陽花とマーケースの画像をクリックしたら、
大きな顔が出て、噛みつかれるかと思いました。
臨場感一杯の画像でした。(^_^;)
 

ブログはじめました。

 投稿者:kurolab.com  投稿日:2005年 6月30日(木)23時26分5秒
  ブログに雑感と写真を載せていきます。
あまり更新出来ないだろうけど・・・。
取り敢えず最近読んだ本、”サンディランズ”と”ショー・ラブラドルレトリバー 1945-1995”について書いてみたいと思ってます。
 

"Sandylands" by Richard Edwards

 投稿者:kurolab.com  投稿日:2005年 5月22日(日)07時13分59秒
  日本のブリーダーさんのサイトでこの本が出ていることを知り、ネットで探してみた。eBay(オークションサイト)で著者のRichard Edwards氏自身が売っていた。
出張中に届いていたので、残念ながらまだ読んでいないが、Tweed of Blaircourt, 有名なTan×Shadow mating (Tandyもこの組み合わせ、余談だが不思議なことにSandylands Tanは英国ではチャンピオンを完成していない)、そしてMark等で章が構成されている。未公開だった写真も沢山出ているので楽しみだ。
またまた個人的なことで恐縮だが、”マーケズ”というよりは”マーダス”はどちらかというと”サンディーランズ”よりも”バリーダフ”の影響を受けている(らしい)。それでもマーケズの祖先9代目まで遡ると、Sandylands Markは22回、Sandylands Tandyは11回登場する。
もう一冊、"The Show Labrador R 1945-1995"も一緒に買ってしまった。個人的にはこちらの方に興味がある。いずれにして通勤電車での楽しみが出来たので、当分退屈しないですみそうだ。
 

春のピクニック

 投稿者:kurola.com  投稿日:2005年 4月23日(土)15時57分16秒
  4月10日(日)、東京南ラブラドールRクラブの春のピクニックに参加した。(翌日から出張だったのでアップが遅くなってしまった)天候にも恵まれ、マーケズは油壺の穏やかな海や砂浜で思いっ切り遊んできた。こういう機会でも無い限り、なかなか海では遊ばせられない。飼い主も菅平でご一緒した方々とバーベキューを楽しんだし、関節に関する講習も受けてきた。今回も会長や理事の方々の献身的な運営には頭が下がる。みんなリラックスして犬と一緒に楽しい時間を過ごすことが出来た。  

マーダス(Mardas)のこと2

 投稿者:クロラブ・コム  投稿日:2005年 3月22日(火)00時33分25秒
  クラフト展の結果をネットで見て、ミセス・ヘッパーにお祝いのメールを送った。ベストパピー、牝のアンダーグラデュエイトで1席(こういう表現は古いだろうか?)、牡のイアリードッグでリザーブと3頭も名前が出ていた。たぶん本人的には驚く程の成果では無いと思う。
不運な交通事故により、3年間ショーもブリーディングもしていなかった。犬の数も減らさざるを得なかったと聞く。やっと去年からブリーディングを再開し、ベストパピーのJ-LOは最初のリターだったと思う。クリスマスカードには"TRY AGAIN"と書かれていた。
失礼ながらもう若くはない。素晴らしい人々だと思う。
(残念ながら来年はジャッジなので、自分たちの犬を出せないと言っていた)
 

マーダス(Mardas)のこと

 投稿者:クロラブ・コム  投稿日:2005年 3月22日(火)00時38分32秒
  私が尊敬し、良きアドバイサーとなって頂いている“マーダス・ラブラドール”のミスター&ミセス・ヘッパーは40年以上ラブラドールのブリーディングに関わり、6頭の英国チャンピオン(Show Champion Full Champion)を作出している。
最初のコンタクトから、もう2年近くになる。ホームページには、ラブラドールの飼育は趣味なので、自分たちが子犬が欲しい時にだけ繁殖し、販売する場合もある。販売した犬をもし飼えなくなった場合は、必ず返す旨の契約を交わすと書かれており、敷居が高そうだった。今では犬の話題以外のメールも交わしている。
欧米のラブラドール本の英国有名犬舎リストには必ず名前が出ているが、細かな記載はない。世界的に有名なManserghm犬舎の故Mary Roslin-Williams女史は、その著書"Reaching for the Stars"(akaモAdvanced Labrador Breeding") のなかで「マーダスはお互いにアウトクロスしているから、近すぎるのでコメント出来ない」と述べている。Rocheby犬舎のHopkinson女史は自著のなかで、犬舎の基礎となった血統にマーダスが入っていると述べている。
かつて最多のCCを誇った有名な"CH.Fabracken Comedy Star"の父親は"SH.CH.Martin of Mardas"であり、2年ほど前に英国で話題となったフランスのラブラドール“Int.Ch. OLE”の父方もマーダスの血統である。欧米、オーストララシアにもマーダス・ファンのブリーダーは多いが、日本には入っていない。
 

仔犬の食事 2

 投稿者:kurolab.comメール  投稿日:2005年 1月30日(日)12時50分26秒
  書き忘れてしまったので、追加します。
私はドッグフードをネット通販で購入している。まず安いこと、送料含のケースが多く重いフードを届けて貰える。輸入品でも古くなければ問題無いと思うが、念のため代理店が販売しているモノを購入している。アメリカ製のフードは、現地価格の大体3倍、安いところで買っても2倍以上もする。どうしてこんなに高いんだろう。
 

仔犬の食事

 投稿者:kurolab.comメール  投稿日:2005年 1月29日(土)17時39分5秒
  最近、いわゆるプレミアムフードの種類も増え、手作り、生食など選択が拡がった。
ブリーダーのアレックスからは、プレミアム・パピーフードの表示量を目安に、2回に分けて与える様にアドバイスされたが、3度に分けて与えていた。高カロリーは理解出来るが、量的に足りていない印象だった。
6ヶ月になり、さらに量を減らさなければならない時に、マーダスのミセス・ペッパーに聞いてみた。彼女は、その時与えていた特定のプレミアム・パピーフードは、カロリーが高過ぎるのですぐに止めた方が良い。ラブラドールにプレミアムフードは必要無く、普通のフードで充分だが、一日に一度は生のモノ(生の鶏肉を骨付きで)を与えたほうが良い。とアドバイスしてくれた。その時は鳥インフルエンザが流行していたし、日常の手間を考えて従わなかった。
6ヶ月を境に一日2食とし、フードを別銘柄のラージブリード成犬用に切替えた。量的にはそれでも物足りなさそうだったが、股関節の問題を考慮すると、なによりゆっくり成長させるのが一番良いと思い、もっとあげたい気持ちを抑えた。
1才になり成長も緩やかになったが、手足だけが目立つアンバランスな体型だった。ここから本格的に運動をして筋肉を付けながら、少しフードの量を増やし、ラブラドールらしい体型にしてゆきたいと考えている。東京南ラブラドールRクラブの機関紙に代表が書かれていた、体重1kgに対して20gのフードがマーケズには合っていると思っている。ドッグフードの袋の表示されている量の1.5倍以上だが、代謝が良いので問題ないだろうと、獣医さんも言っている。
体高は、たぶん遺伝的要因で決まっていると思う。アレックスはヨーロッパの標準(22~22.5インチ)より少し大きめで、ガッチリした体型になるだろうと言う。英国のスタンダードは目安なので、バランスが良ければサイズは厳密には問われない。父親のマックスは45キロあるそうだ。そんなに重くなったらどうしよう・・・。
 

レンタル掲示板
/2