teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


差別妨害10年目

 投稿者:岩手県元盲ろう者友の会会員松岡幹夫  投稿日:2016年 5月 9日(月)20時46分53秒
    自分は10年前まで岩手県盲ろう者友の会に居ました。36年前に仲良くなった一関の聾唖者にいつか家に遊びに来る約束を交わしていました。なかなか来なくて親父に騙されたのだと喧嘩を繰り返した。そんな人ではないとやり返し催促したがそれでも来なかった。心変わりしたのかと半場諦めて他の人と付き合っていた。
 それが奥さんとの話で嘘だと判り怒ったら次期会長婦人の一声であいつを黙らせろとなり、発言禁止にされ、更に岩手県盲ろう者友の会事務局長からお前の親父は馬鹿なのだ妥協しろと言われた。悪口の出所は今の岩手県聾唖協会石川会長。馬鹿らしいとして退会した。その後は全通研が聾唖者はかわいそうなんですといいに来た。そう言う事は通訳達はただの猜疑心から来たことを知っていいたことになる。残っても圧力しか出て来ない。
 拒否して別の団体を探した。これを相談員の密告で友の会から悪口妨害が入った。抗議したら大本家に脅迫電話された。
 これを当時の福祉課課長は親を馬鹿と認めたらと言う。
 猜疑心から出た話なら詫びれば済むはずが面子から隠せ隠せとなり誰一人と関わらせずどこの団体も行かせない圧力の妨害は10年で10になる。
 聾唖者に法律は通らず過剰庇護した通訳を責めていたが通訳は聾唖者と一体の扱いでそれに友の会は県の看板のため暴走はしようと見なかったの扱いされた。県庁はかん口令を流してどこの団体にも行かせない事も容認した。
 県庁の課長に社会参加妨害調査頼んだが司法権がなく替わりに社会参加したいなら協力してやれと地元の2つの振興局が手を貸してくれ、昨年栃木に行けた。今年4月も栃木に行ったが課長は協力していたことが密告されて沈黙させられた。
 そして栃木にも岩手から社会参加はともかくそれ以外は相手にするなとされていた。誰一人とも付き合えない圧力は10年続いている。
 関わるなという圧力は気晴らしさえも出来なくなる。聾唖者がかわいそうだと言ってもこっちも聾唖者で差別の理屈になるのか。 読み書きの出来ない人の勝手な猜疑心から来ている。約束を守ることも詫びることもしないで知らなかったと言えば正義になると本人が言うだけで県庁規約にもあるのか。それでもこちらには10年も何一つ説明は来ていない。一方的ではないか。それに正しいと言うならなぜ一人残らず口封じが必要なのか。
 県内は全て妨害してどこの団体も行かせず誰一人と関わらせない口封じは県外にも飛んでいる。10年になっても変わらないのか。

 
 

栃木の後は疑問の連発

 投稿者:岩手県元盲ろう者友の会会員松岡幹夫  投稿日:2016年 4月25日(月)10時19分53秒
    栃木の後は疑問が連発。県庁の課長が口封じされたこと。 岩手の友の会事務は通訳介助チケットを3月厳守と言って前日に地元センターの課長と相談員に無くても心配ないと代返させていた。5日になって詫びるどころか強気に再契約したら届けると。未だに届かない。今までの暴走を謝罪するならともかく真っ平と断った。一人残らず口封じされたら岩手ではあっても使えない。 他県にはチケットなしでもかかった時間の請求は岩手に行く。こちらは平気でも連発すると差別がはっきりして岩手の赤恥になることは妨害したくなる。今年は国体の年で強制的妥協を求めてきたことになる。
 岩手は看板団体は暴走でもかばう義務があるとして課長らを口説いた様子。
 栃木は妨害に対して個人情報は守るといって筒抜けだったらしいこと。国体の年では妨害も出来なくて、栃木行きは辞めた身だから此方の勝手のはずが許可するという。
 岩手の疑問は栃木にも話しているが質問は殆ど来ない。
 岩手は社会参加はともかくそれ以外は関わるなと言ったのか。 無事帰れたことを感謝して手紙とファクスで御礼を関係した人たちに出したが揃って返事が無い。代表以外一つも来ない。
  情報センターは数々の密告から圧力を招き課長は協力がばれて沈黙させられた。更に圧力から口封じは強まり年賀状はゼロにされた。一度に6人も来なくなった。センターと友の会事務に深まる疑問を質問したが3ヶ月返事がない。
  此方は栃木とは賛助会員で後5ヶ月になる。友の会としては岩手と全国大会で毎年関わっている。
 此方と栃木との関わりは岩手から相手にするなとされていて去年の4月も8月もあいまいにしか答えなかった。
 それを栃木県庁を動かして協力的になった。その上に此方の後ろに課長らがいることから真剣になった。
 岩手は友の会が暴走しようと看板だからと目こぼしを繰り返しているのも明らか。一人残らず口封じした。
 此方が栃木に行ったのは社会参加として復権を求めたこと。それが未だに暴走は馴れ合いし扱いしているとは。
  かって大阪の友の会に入っていたが4ヶ月で岩手にばれて理事長から辞めてくれといわれた。金は返す気も無く期限まで戸籍上の会員にされた。そして岩手からの妨害調査にあいつは勝手に辞めて行ったと書かれていた。栃木もまねするのか。
  せっかく作った思い出がぶちこわしではないか。

 

栃木の温泉とお花見に参加

 投稿者:岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2016年 4月 9日(土)14時15分37秒
    岩手の盲ろう者友の会を辞めた後は口封じからどこの団体も生かせず誰一人関わらせない圧力は10年続き昨年のの講演会も通訳不在。派遣通訳は頼まず相談員と友の会事務佐々木聖子さんだけで言い訳一つ無い。情報センターに調査を願ったら説明不足を癇癪でガードされた。おまけに口封じの圧力も強まり年賀状は一つも来なくなり県庁の課長は協力していたことがセンターの密告から沈黙させられた。深まる疑問からセンターと友の会事務に疑問の質問して返事無しは3ヶ月に入った。
 社会参加復権を賭けて温泉と当地の友の会との交流から再び栃木に単身向かうのに通訳介助チケットは3月厳守で届けると言って届かず、前日に一関の課長と相談員が揃ってチットなしでも心配ないと言う。これは知っているのに。友の会は県の看板団体で代返を頼まれたらしいこと。必死でかばう。言いだした本人が詫びるなり弁解なりすべきでないか。
 栃木行きは要介護の身とは言え社会参加復権を求めての強行。 4月1日宇都宮駅で当地の友の会代表の上杉さんと通訳介助の大塚達夫さんが待っていた。
 栃木は岩手の友の会に電話して岩手は許可するという形だと。 辞めていて本人の勝手のはず。今年は岩手国体の年で何も無かったことにしたいらしいのが判る。
 通訳介助を頼む立場ではきつく言えず片道だけになって帰りはタクシーと電車になるかと思ったが温泉は30キロ以上離れていた。それを往復付き合ってくれ更にホテルや夕食まで付き合ってくれた。温泉は山の中かと思ったら広大な平原地帯の中だった。
 次の日は大塚さんがホテルに迎えに来て共にバス停に。合計30人ほど来ていた。昨年通訳介助してくれた前栃木県聾唖協会長の高梨さんも来て再会した。 盲ろう者は4人。内一人が住所交換を申し出てきた。自分より一つ年下だった。お花見にしろ岩手は盲ろう者友の会、聾唖協会、難聴者の会、全通研の差別徹底で多勢の人と共に語り合うのは10年ぶりになる。6人位と話が出来近くの神社にも参拝した。
 お花見会の場所は東雲公園と言って一関の釣山公園、盛岡の城跡公園の何倍もあった。桜の花は近くで見ると10センチ近くあった(レンズのせいらしい)。終わりに記念撮影して駅に向かい栃木の計らいから帰りもあわてず2人に見送って貰った。
 理解、協力してくれた課長や栃木の人たちのおかげ楽しい思い出になり何一つトラブルも無く帰って来れた。
  過去に全国大会の終わりに新横浜から一人で帰れと言われて鉄道員の指示で乗り換え4つを間違えずに帰ったことがある。


 

社会参加の顛末

 投稿者:岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2016年 3月 1日(火)19時51分51秒
   岩手の盲ろう者友の会を辞めたのは事務局長の小笠原利行さんから親を馬鹿と認めろと言う事を馬鹿らしいとして辞めた。馬鹿と言う出所は県聾唖協会の今の石川会長で辞めた後は全通研が聾唖者はかわいそうなんですと言いに来た。
 読み書きも出来ない為の猜疑心から来たことは通訳も知っていたことになる。詫びれば済む話が面子から隠せ隠せとなった。
 構わず別団体を探そうとすると相談員の密告で悪口妨害され、抗議したら大本家に事務局長婦人のひとみさんから脅迫電話された。看板団体の為この頃の県庁の課長は反対に親を馬鹿と認めたらと言い出し、拒否したらかん口令が敷かれた。看板団体を守る為どこの団体も行かせないことは時効になっても10年続いた。県内はおろか県外にも悪口が流された。
  辞めた理由はそのまま言えずデマを流して取り消しが利かず10年も続いている。一般会員や全国の友の会、全国協会にも。
  抗議を諦めて社会参加したてくても妨害が続いた。
 県庁の課長の協力で栃木の無視に対して栃木県庁を動かし強引だが単身乗り込み語り合い和解し賛助会員になった。そして岩手に通訳介助チケットを求め、情報センターに前の年の講演会に通訳が言い訳一つ無しで抜けた調査を願った。説明不足を癇癪でガードされた。この後沈黙号令は広げらけれて年賀状は6人も消え、課長にも沈黙号令が入った。センターの密告。
 もっと公平になってくれと話し、友の会のアドセレスを聞いてかけたが無視されて地元の課長に電話を頼むと伝えたら返事が来た。栃木で使う通訳介助チケットは3月中厳守で届けると。
 ついでに密告の続くセンターと友の会に半年以前の様々な疑問の質問したが今だにどっちも一言も返事がない。事務本人のアドレスなのにいつも事務所にいると限らないとごまかしている。友の会のは受信拒否されている。
 栃木に行かれたらデマを流したことがばれるから妨害したくなる。チケットは栃木に渡るから小細工は利かず遅らせるだけになるがそれなら構わずに行く。命がけになるため無理はしない。
 栃木に悪口攻撃したくても栃木県庁に昨年のお礼と岩手の実態を話してある。友の会も個人情報は守ると言う。それに岩手は国体の年に目立つことをすれば知事にばれてしまう。
 4月に栃木に行き通訳介助の力を借りて温泉に行き次の日は栃木の友の会と交流する。要介護の身で単身乗り込むことになる。 岩手ではチケットは口封じ一人残らずで使えないのだから。
  聾唖者でも知らなかったと言えば正義になると言うより詫びることくらい覚えるべきでないか。

 

暴走しようが看板は正義か

 投稿者:岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2016年 2月18日(木)14時16分11秒
   岩手は看板団体を守るために暴走しようが正当化し一人残らず沈黙号令掛けられ、口封じからどこの団体も行かせない。県外にも悪口が流された。
 それでも復権を求めて社会参加を繰り返した。
 そして昨年お盆明けに栃木の福祉課と盲ろうの友の会に手紙とファクスとメールを10回以上出しても無視された。そのころ岩手県庁の課長が司法権がないとして暴走調査も出来ず替わりに社会参加したいなら協力してやれと指令されて地元の2つの振興局の課長が協力に来ました。
 これに勇気づけられて栃木県庁に問い合わせしたらと端に協力的になった。更に後ろに福祉がいることで真剣になった。
 そして強引だけれど今は神経を痛め要介護の身で単身栃木に乗り込み語り合い和解し、参加所会員になった。
 そして岩手に通訳介助チケットを求めました。これは一人残らす口封じの岩手では使えず栃木とだけ使うと差別がはっきりする。
 最初に栃木が無視したことは岩手から相手にするなと悪口が入っていた。
 すると、と。昨年盛岡で講演会があったとき通訳が言い訳抜きで誰も来ない事の調査を願った。結果は説明不足を癇癪でガードしただけ。更に講演会を勧めてくれた人も含めて年賀状が6人消えた。沈黙号令が掛けられた事になる。
 友の会を辞めたのは親を馬鹿だと認めろと言われて馬鹿らしいとして退会したが、出所は県聾唖協会会長。退会したら全通研が聾唖者はかわいそうなんですと言いに来た。これは初めから猜疑心からだと知っていたことになります。
 詫びれば済む話しが面子から隠せ隠せとなって辞めた理由は出任せが流されていた。それで時効になっても10年経っても取りけせず口封じに沈黙号令が掛けられた。
 看板団体だからと暴走しようと司法権のない福祉は何も出来ない。それどころか辞めた理由は一般や全国の友の会、全国協会にもそのまま言えずデマを流し今度の栃木行きも妨害しかねない。 4月に栃木の友の会と交流に行く。詫びるより知らなかったと言えば正義になると言う感覚がおかしいではないか。全国の支援団体さえ知らん顔している。そして協力してくれた県庁の課長にかん口令が入ったか一ヶ月沈黙したまま間もなく退任だろう。
 通訳介助チケットは友の会が発行する。その為どんな小細工されるか判らなく検分に出す事にした。
  それにしても看板団体だからと暴走しても正当化するのは岩手のためになるのか。

 

一人残らず口封じついに10年目の差別

 投稿者:岩手県元盲ろう者友の会会員松岡幹夫  投稿日:2016年 1月20日(水)11時45分1秒
  前の親父は馬鹿なのだ妥協しろと県の看板団体盲ろう者友の会の事務局長小笠原利行さんでこれを馬鹿らしいと退会した。福祉は勝手に正当化して妥協したらと言う。拒否したらかん口令を敷かれた。白紙化なら何もなかったことになり説明は来るはずが10年来ていない。反対にかん口令を敷いて関係者他団体は全て沈黙号令を入れた。通訳も聾唖者も誰一人関わらせないのが10年も続き、他県にも届いた。 大阪、栃木、福島にもだ。
 岩手では地元の一関身障協も障害者の社会参加推進センター、更生相談所にもかん口令が入っている。
 一番近い情報センターの中の事務局は昨年9月の盛岡で講演会に通訳がいい訳抜きで一人も来ない事の調査をお願いした。
 説明不足をガードするように怒鳴りつけて来た。
 一人残らず口封じされたら口裏合わされ証拠は作れない。
 福祉は司法権が無く法務局にしても捜査権がない。
 社会参加を果たすのに栃木は岩手から相手にするなとされていて友の会も福祉課も知らん顔し続けた。困っていると2つの振興局の課長が支援に来た。
 それで栃木県庁に問い合わせしたらとたんに協力的になり福祉の協力も判ると一層真剣になった。そして強引だが単身乗り込み話し合い和解となり賛助会員になった。そして岩手に通訳介助チケットを申し込んだ。
 これは一人残らず口封じの岩手では使えず栃木とだけ使うと差別がはっりする為悪口妨害が来る。栃木は個人情報は守るという。
 今年に入って社会参加妨害も件数も共に10になる。
 全国の障害者自立支援を旗印にする支援団体に訴えたら障害者の一人位放っとけとは全国共通なのか。盲ろうの全国協会は全国の友の会に相手にするなと号令掛けられ、ヘレン・ケラー協会もどっちも障害者の2大支援団体が差別に何も抵抗していない。これらに対して手紙とメールは何十回も出して返事は一つも来ていない。全国障害者自立支援の会は私達は素人で旗上げしたばかりだからとお断りに、旗上げしたら責任は持つべきと言うと警察に訴えるぞと。責任者に手紙出したら受け取り拒否された。
 旗上げしても自立支援は建前で差別は当たり前なのか。
 圧力に屈するより行きたいところへ行くのが社会参加ではないか。一人残らず口封じの輪は証言は取れなくなるが、岩手は全国から後ろ指さされることは避けられない。看板団体だからと暴走を正当化して口封じ沈黙差別号令したのは岩手のためになるのか。知事が差別号令する訳がない。

 

全国障害者支援団体に一言 

 投稿者:岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年11月23日(月)07時33分37秒
   岩手の友の会の暴走は看板団体だからと福祉は見なかったの扱いする。時効になった話しは聾唖者は法律が通らず知らなかったと言えば正義になると本人が言い、通訳はかばったと言えば暴走でも一体の扱いで白紙化されるらしいが此方に9年説明は来ていない。反対に関係者、団体全て沈黙号令した。
 説明の来ないままヘレン・ケラー財団や全国協会に訴え続けた
 けれど社会参加妨害は看板団体の仕業となると福祉は見なかったことにするため口封じかん口令を更に広げた。関係者、団体は全て沈黙号令された。講演会の通訳抜きも号令か。言い分け抜き。
 それが時効の話しとは別に9年続いている。県庁の課長は差別も口封じも容認していた。通訳差別は口封じのためです。
 友の会を辞めたのは親を馬鹿と認めないで辞めたのだ。一般や全国の友の会や全国協会にそのまま言えず出任せを流した。聾唖者の敵だとでも言ったろう。そして取り消しも利かず9年も続いている。どこの団体にも行かせない。障害者の社会参加推進センターにもかん口令を敷かれた。県外にも悪口が入っていた。看板団体だからと福祉はいつまで尻ぬぐいするのか。
 栃木にも悪口入っていて知らん顔されたが県庁にお願いしたらとたんに協力的になり此方も地元の福祉の協力で実現して和解となった。そして岩手に通訳介助チケットを申し込んだ。
 これば一人残らず口封じの岩手では使えない。栃木とだけ使うと差別は歴然となる。大あわてで悪口妨害が来る。こんな事繰り返してどこが合法的なのか。
 栃木は個人情報は守るという。
 全国の障害者支援団体には白紙化と同じというのか。 たかが障害者と決め付け質問一つ寄越さすに解決するのか。障害者が社会参加復権を求めているのです。しかも課長は通訳差別の容認をしている。一人残らずの口封じは友達さえ全て奪ったことになる。今は要介護の身、。
 課長に調査の窓口にするとごまかされる。知事に差別号令しましたかと聞けば判る。全国の支援団体は手紙もファクスも応じず実名で訴えます。決め付けるより誠意ある答えの説明を求めます。
 全国障害者自立支援の会、全国障害者問題研究会、日本身体障害者団体連合会、ノーマネットソーシャルワーカー、日本リハビリティション協会、他様。

 

岩手県庁指令

 投稿者:岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年 7月19日(日)20時40分32秒
   9年ほど前に岩手県盲ろう者友の会事務局長が当時次期県聾唖協会会長の口利いたこともない親の悪口からお前の親父は馬鹿なのだ妥協しろと言い出し、馬鹿らしいと退会した。すると全通研が聾唖者はかわいそうですと言いに来た。猜疑心からだと知っていた事になる。
構わず別団体に入ろうとしたら相談員の密告から友の会事務局長の奥さんの悪口妨害が入って内定が取り消された。これを抗議したら大本家に脅迫電話された。福祉は妥協したらというだけ。拒否したらかん口令を敷かれた。とっくに時効で抗議を諦めて別団体を探した。
 それがことごとく妨害されて9年で7つになった。
 県庁に調査をお願いしたら誰が黒幕か判らないまとめ方になった。 行政ではこれがやっとですと。栃木だけ言い訳寄越したが、岩手から何を言われたか警戒し疑問だらけに小細工を感じて断念していた。
 和解に合意求め課長も喜んだが沈黙の仲間入りか。所詮只の言い訳。
 他の6つは揃って沈黙。殆ど全部に喋るなとされている。
 更正相談所も障害者の社会参加推進センターも知らん顔している。 友の会の暴走は社会参加妨害でも見なかったの扱いにされた。
 妨害が事実でも一関のベテラン通訳8人に打開策求めてもこれも沈黙している。県聾唖協会ばかりか県庁からも口封じが入った。
 岩手の看板団体を守ろうと号令かけこっちは悪に仕立てるのか。
 それは他県にも飛んだのか。全国協会もいくら抗議しても沈黙のまま。障害者の一人位はと社会参加はおろか復権さえさせない。
 福祉課でも上のやったことでは関わりを嫌がりだす。
 社会参加どころか復権もさせず揉みつぶせという指令ではないか。
 県難連と大阪すまいるは手のひら返して嘘のまま沈黙。友の会と中途の会は警察沙汰寸前まで行く暴走も何もなかった扱い。かん口令が絡んでいると思う一関身障協は調査の対象外にされそれを入会希望と催促3回を無視したことと電話「特に言うことない」ということを質問した。ころっと忘れたと障害者を代表する会長が言う。福祉は馴れ合い過ぎて「あそう」だけ。こちらへは理解すべきと言う。他の人に聞いてみると障害者は一等頭おかしいとしか見えないと。かん口令のせいと丸見え。再抗議には逃げ回ることを繰り返して沈黙の仲間入り。
 地元で村八分騒ぎを起こした人も地元出身で水沢のサークル会長も脅迫電話された大本家に此方の親の悪口流して弁解も謝罪もしないで逃げ回りこれも沈黙の仲間入り。
  此方以外殆ど全部の関係者が口封じされていることも事実なのです。
  岩手の看板団体の暴走をひた隠しするため時効になっても9年しても続けられ事実でも一般会員は誰一人口封じされている。
  全部が上からの号令で沈黙している。栃木も和解より沈黙を選ぶ。
 

 社会参加妨害調査結果

 投稿者:岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年 6月28日(日)03時25分21秒
   7つの社会参加妨害はこちらで判っていることは盲ろう者友の会事務局長夫妻が殆どで1つは県庁からのかん口令だ。更に調べると一関のベテラン通訳8人くらいと他地区の通訳に県聾唖協会役員クラスが真相を知っている。他の一般会員は嘘の辞めた理由を聞いている。
 ます8人は好きだから正しいと言い、猜疑心でも正当扱いして人の親を馬鹿と言うことに同意容認している。聾唖協会会長への過剰庇護通訳達だ。辞めた理由に嘘をばらまいたため時効になっても9年しても口封じを続け誰とも関わらせず社会参加もさせない。賛同者達だ。
 この8人は元会長が4人。学校の先生、元相談員もいる。誰も手紙なり出しても知らん顔のまま。抗議に小野寺奈美子元会長に絞った。 説明不能では逃げるしかない。自分の親を平気で馬鹿にして子供に胸が張れるのかと抗議した。9年になるから打開策を求めた。正しいなら口封じは必要ないのも説明不能から逃げるだけになる。
 水沢のサークル会長小野寺良子さんにしても大本家で恩師であり友の会事務局長の奥さんから脅迫電話受けているのにこちらの親の悪口を言い出した。これをどこから聞いたかと抗議したら謝罪も弁解も出来ず逃げ回るだけになった。
 好きだから猜疑心でも正当化し、親でも平気で馬鹿にする。知らなかったと言えば正義になる。聾唖者の社会は法律も通らないのは判っても一般にはこれではカルト教団としか映らなくなる。
 一関身障協西城直彦会長は地元で総会があった後に訪ねて来た。 昨年1月から入会希望と催促の3回の手紙に知らん顔で電話したら「特に言うことない」だけだったその弁解を聞くことにした。
 手紙はころっと忘れていたと。電話のことは奥さんだと言い、本人は耳が悪いという。これには電話した人も通訳も呆れていた。障害者を代表する人が障害者は一等頭おかしいとしか映らない。これは初めからかん口令のせいだとしたのも当たっていた。一ノ関社協の会長からかん口令を移されたのだろう。ここの社協の会長は何年も問い合わせに答えない。身障協と社協の会長にも抗議の手紙を出すと2回とも知らん顔している。
 岩手の看板田体の暴走を隠すために障害者の社会参加推進センターさえも知らん顔している。
 上の8人にしてもいずれこちらの関わる人に圧力が掛けられる。
 こっち一人に対して残り全部となると口裏合わせればいいと籾つぶしを計っていたから説明不能になった。
 聾唖者だからかわいそうだと言うより社会人なら約束や詫びることを覚えるべきではないか。この会長の暴走振りは同業者に伝わるようにし向けた。知らなかったと言えば正義に成る感覚では約束も詫びることもしない無責任だらけになる。









 

以前続く口封じ

 投稿者:岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年 6月13日(土)12時04分25秒
   地元の離れた地区に小児麻痺の男がいる。36年前からの知り合い。 年賀状も交わしていた。一関の聾唖者県会長から一人残らず相手にするなという口封じが入っている。親を馬鹿とひいきにだけ話し、ひいき達はこちらに質紺一つせず友の会事務局長がお前の親父は馬鹿なのだ妥協しろと言い出した。馬鹿らしいとして退会した。すると全通研が来て聾唖者はかわいそうなんですと言う。これは初めから只の猜疑心からの憶測の結果だと通訳達は知っていたことになる。謝罪より面子から一人残らずの口封じにされた。上の小児麻痺の男もひいきの一人。
 別団体に行こうとすると相談員の密告で友の会が悪口妨害を入れた。 これを怒って抗議したら大本家に脅迫電話された。
 福祉に抗議すると岩手の看板団体の為反対に親を馬鹿と認めたらと言う。これも蹴ると相手にするなとかん口令が敷かれた。
 そしていくら抗議しても知らん顔で諦めて別の団体探しをした。
 それが妨害7つで県庁の課長に抗議した。そして調査になった。
 一関身障協の会長は昨年1年で3回入会希望と催促の手紙に知らん顔で電話したら「特に言うことない」だけ。そして地元は会費の請求がなく定期総会の誘いもなく退会者扱いしていた。電話したら一関の会長が来た。後から別の用で相談員も来た。県庁からの調査指令も来て会長の弁解を聞いた。手紙はころっと忘れていたと。電話は奥さんで会長は耳が悪いと。呆れた話し。障害者は一等頭おかしいと見られてしまう。相談員も電話した人も呆れている。この理由は社協の会長か理事からかん口令を移された事になる。社協の会長は何年も問い合わせに答えない。
 聾唖者、通訳に法律は通らなく知らなかったと言えば正義になるとトラブルの聾唖者が言う。ベテラン通訳は好きだから猜疑心でも正しいと。
  ひいき達は口封じ相手にするなと言うのに同意している。
 条件付けて退会した。一関の会長も社協の会長も又知らん顔のまま>
 社会参加妨害残りの6つの妨害は6月中に判る。黒幕は盲ろう者友の会事務局長夫妻と県聾唖協会だろう。聾唖者は約束守る事も詫びることもしない。そして面子から謝罪より口封じに走った。一般会員は知らない。真実を知っているのは一部のひいき達だけ。大体読み書き出来るのは岩手で数人しかいない。これでは猜疑心が先行する。
 1,猜疑心でも好きだからでも正しいとして正当化する。
 2,知らなかったと言えば相当悪質でセも正義になる。
 3,猜疑心から口利いたこともない親でもbe課にして当たりの前。
 4,謝罪よりメンツから口封じ一人残らずは当然か。
 5,時効になっても9年経っても口封じは当ら前。
 6,仲間を守るためなら会員は親でも平気で馬鹿にする。
 これらを守る事はまるでカルト教団ではないか。自分にはそれが守れないから再入会して8日で上の条件付けて退会した。

 

社会参加妨害の顛末

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年 5月18日(月)14時55分49秒
   現在友の会を辞めて9年で2年前まで抗議していたが諦めて別の団体に行こうとしてことごとく悪口妨害された。一人暮らしになった。
 別団体は妨害6つになって県庁に出向き課長に調査をお願いした。
 5つは友の会事務局長夫妻の仕業。一般会員は関係して居ない。更に 今は医者に掛かる体で湯冶の旅のついとして宮城県当地の聾唖者、通訳と語り合いたいと申し入れたが岩手に問い合わされてか相手にするなとされ誰も来ない様子。一人でもと意気込んでいると息子が仙台から止めに来て断念になった。医者は一人の遠出は駄目だと。
  妨害は栃木に続き宮城もで7つ目になる。
 社会参加と言っても復権のためで丸9年通訳も聾唖者も関われない。 辞めた理由を嘘で流したため取り消しが利かなく一般会員や全国協会は嘘で聞いている。聾唖者の敵だとでも言うのだろう。
 岩手の聾唖者は読み書き出来る人は数人しかいない。読み書きが出来ないと猜疑心が先行する。そして口利いたこともない親を馬鹿だとひいきにだけ話しこちらにひいきから質問も来ない。友の会事務局長からお前の親父は馬鹿なのだ。妥協しろと言い出した。
 これを馬鹿らしいとして退会した。すると全通研が訪ねて聾唖者はかわいそさうなんですと。これでは初めから勝手な猜疑心だと判る。
 それも拒否したら口封じ一人残らずにされ社会参加としての別団体は全て悪口妨害。誰一人とも関わらせない。辞めた理由は出任せを流した。
 トラブル相手は今の県会長。メンツから詫びるより同情しろと。猜疑心でも好きだからでも正しいと正当化され、通訳はかばったと言えば暴走でも正当化される。
 聾唖者は法律も通らず約束も詫びる事もしない。間違っても相当悪質でも知らなかったと言えば正義になると本人が言っている。これでは故意にやれぱ嘘も方便の実践になる。普通は詫びれは片付くはずの話。
 この話は掲示板で告発して来た。福祉の専門の目に止り先に通訳への規制改善をしないと駄目だと言われ、首相官邸自民党を初め共産党に届けられました。通訳は中立のはずであおりけしかけるより一緒に考えるべきではないか。そしてこっちは普通校のよそ者。みそ汁聾唖者の権利といってもこっちも聾唖者です。事務局長は岩手の看板団体の代表の為こっちへ前課長は親を馬鹿だと認めたらと言う。通訳の暴走が猜疑心でも好きだからでも正当化され、岩手の看板がほっとけば岩手の恥になる。
 全国協会も嘘を聞かされたから全国大会で岩手に釈明を求めると嘘で切り抜けるしかなくなりばれたら全国の袋たたきになる。こちらの非難に対して全国の聾唖者、通訳の団体に悪口で相手にするなと流されていた。それが大阪、栃木であなけへり、福島、福岡もで宮城にもだった。どこまで卑劣なんだ。福祉さえかん口令を敷いてどこの団体も関わらせないから他県に求めた
 

35年の軌跡

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年 5月 2日(土)15時08分26秒
    仕事で一関に移ったのは35年前。同じ仕事の聾唖者と逢って仲良くするのにサークルに通った。そして家に遊びに来る約束をした。仕事の機械も只で上げたがそれはお返しは望まないと念を押していた。ところが何年待っても来なく、騙されたのだと親父と喧嘩になったがそんな人でないとやり返して催促したが来なかった。この頃元サークル会長と仲たがい。説明抜きで家に来ないで悪口流した。理屈をひいきする通訳や県の3役に話していた。ひいき達はこちらに質問一つ寄越さず、機械のことで親父がお返しを口にしたらと勝手に憶測を膨らましたらしい。
 逢って話したくもいろんな人が忙しそうですとさえぎった。
 変心を探るより諦めて他の人と付き合って来た。そして9年前奥さんの話から嘘を怒ったら友の会にあいつを黙らせろと抗議された。次期会長婦人の一声で発言禁止になり更に事務局長からお前の親父は馬鹿なのた。妥協しろと言い出した。聾唖者をかばうなら通訳はあおりけしかけてそうだその通りだと太鼓持ち過剰庇護するより一緒に考えるべきだ。
 これに馬鹿らしいとして退会した。残っても圧力だけになる。
 友の会は聾唖協会抜きではやっていけないと事務の人も言う。
 原因は機械のことだろう。親父は世間を気にする方でお返しを口にする訳が無い。トラブル相手は人気者で今の県会長でその為猜疑心による憶測を勝手に膨らませて正当化したことになる。
 そしてひいきらだけ話し、ひいきはこちらに質問一つ寄越さない。猜疑心がそのまま正当化され好きだから正しいという形にされた事になる。
 後は宗教を押し付け聾唖者はかわいそうなんですと。これは初めから猜疑心だと通訳達は知っていたことになる。
 自分で考える力の無い聾唖者より通訳の過剰庇護が悪いことになる。
 別団体に行きは悪口妨害。怒って抗議すれば大本家に脅迫電話。
 福祉さえ看板団体だからか親を馬鹿だと妥協したらと言う。拒否したてらかん口令を敷かれた。そして県聾唖協会前会長から一人残らず口封じ指令だ。正しいならなぜ口封じが9年も続ける。見解一つ来ていない。
 福祉は団体対個人でしかも看板団体とあって揉みつぶししかしない。
 好きだから正しい、仲間を守れ。これが聾唖者の正義なのか。法律も通らず暴走でも間違っても知らなかったと言えば正義になると言う社会の事では説明抜きで親が馬鹿というのか。辞めた理由は嘘で全国協会や一般にばら撒いた。それが口封じを9年経てっても辞めない理由か。
 抗議は続けたが諦めて別団体に行こうにも9年で6つも妨害された。 県庁福祉課課長に調査を依頼したが看板団体のやったこととかん口令の効果だとして知らん顔なのか何もしていない。口封じにどこの団体にも行かせず迎えさせない。この有様は障害者の社会参加推進センターさえも知らん顔している。岩手では障碍者個人は相手にするなというのか。かん口令は更正相談所も障害者の社会参加推進センターも障碍者110番も地元一関の身障協にも入っている。更に全国の友の会は岩手の友の会から相手にするなとされている。岩手の看板団体のため暴走しようと見なかったことにされている。こちらは一人のため揉みつぶししか考えないのか。9年も誰一人とも付き合えない口封じされたまま復権させないのか。

 

社会参加妨害

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年 4月17日(金)08時08分58秒
   1,県難連 相談員の密告で友の会事務局長の奥さんの悪口妨害で内定取り消し。抗議したら大本家に脅迫電話された。
 2,大阪の友の会「すまいる」 メールと機関誌だけの付き合いに年会費払うが4ヶ月で岩手にばれて門川理事長から辞めてくれと。3月まで戸籍上の会員に。
 3,中途失聴者の会 事務所が4つありアイーナを避けて他を当り、1つ目は手紙が戻り、2つ目は1ヶ月返事なく調べたら誰も読み書き出来なく今はアイーナだけだと。活動記録もなく通訳らしい人もいない。 事務所が4つあったのは会長交代と転移先届けをやらなかったらしい事。そして読み書き出来ない団体から綺麗で長い誤字一つ無いメールのお断りが来た。これをふれあいランド適正委員会が怒り訴えなさいと。
 これは隣の団体友の会事務局長の仕業。会長にビルを借りて仕事し、月曜会で会員交流している。法務局と相談したら詐欺行為は明らかでも捜査権か無いから警察に頼むべきが時期を逃して無理だと。ふれあいランドの障碍者110番はすでに辞めた団体には手が出ないと。
 4,県難連 ふれあいランドに行って110番の弁護士と話し合った後で県難連の事務所があることから悪口は出任せだと和解果たし再入会を約束。それが丸1年交信無く又悪口が入った様子。
 5,一関身障協 昨年正月から入会希望の手紙出して1年も返事なく催促しても答えず電話したら「特に言うこと無い」だけ。
 これはかん口令を社協の会長から移された形。社協の会長も問い合わせは何年も何一つ答えない。
 6,栃木の友の会「ヒバリ」 これは湯治の旅のついでに当地の友の会と交流計るも3週間無視。岩手に問い合わされて相手にするなとなったか、相談員が催促したら激しい条件付けられ、それでも今は要支援の身でも行くと答えたら知らん顔。栃木の福祉課に抗議したらとたんに歓迎と。けれど受信拒否や会長から返事がないなど小細工を感じて断念。各県は全国大会で関わっている。
  身障協はかん口令か。他は全部友の会事務局長夫妻の妨害。各


 

非常識を常識にする。

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年 4月 1日(水)08時55分41秒
   常識論とは育った社会で違う。非常識で法律も通らない社会もある。例えば好きだから正しいとか、猜疑心がそのまま正当化される事。聾唖者の社会では間違えても知らなかったと言えば正義になると言う。これは故意に使うと嘘も方便の実践になる。
 福祉はもめ事は何もなかった事にしてしか解決策がない。つまり白紙化だ。聞こえないから聾唖者は責められなく通訳は健常者でも一体の扱いでかばった事にすれば暴走でも責められなくなる。
 この友の会の事を偉い人が常識論をぶち上げた。それに対しこちら障碍者が反発したら自冶会に知られ呼ばれた。こちらの事を聞こえなくて情報が入らず勘違いした。そうに違いないと決め付けられた。誰も相手にするなと言う事。
 これは姉にも知れて世間体を気にして馬鹿にされていろと言いだしアパートで一人で暮らせと言いだした。まさに村八分。
 それで県庁に行ってこの偉い人の常識論の話しをした。すると非常識も知っているから呆れた人だと結論が来た。
 これを帰って区長に話し和解し、元町長にも話した。
 姉の事は大本家に話しいい加減にしろと釘を刺して貰った。
 どっちが暴走したか。ところが偉い人はそれでもかばう人が出てくる。要するに目上を立てると言う事。この人はは社協で常識論は立派ですと立てていた。こっちは障碍者の為目上を立てる事は立場上村八分騒ぎを招く。これでは相談相手さえ出来なくなる。
 常識人にとって障害者に同意出来ないからです。頑固に常識論を盾にして否定を繰り返す。
 一日も早く通訳に規制の改善が行かないと暴走は止められなくなる。それと盲ろうの全国協会に岩手に釈明要求の進言が出来る人を捕まえたいと思います。
 社会参加妨害が7つ目でも当たり前にされてしまう。地元一関社協も身障協も相手にするなと言うかん口令が入っています。
 福祉は社会参加妨害は止める気もなく復権させないことになる。
 親を馬鹿だとは石川会長から友の会事務局長の小笠原利行さんが言い出し、口封じ一人残らずは県聾唖協会前会長か言い出した。 正しいならなぜ口封じする。時効になっても解除しないのは嘘でばらまいたからだ。福祉の無力が暴走を呼ぶ。全国協会には嘘の報告し、栃木の態度は全国の友の会に嘘の弁解を流していた事になる。非常識な社会もあることを受け入れておく必要がある。
   一人残らず口封じされたらどっちが正しいか判らなくなる。
 口封じが続けば好きだから正しいとも猜疑心でも正義になる。
 とっくに時効なのにまだ続けているのは真実を隠すだけになる。




 

 社会参加妨害6つ目

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年 3月29日(日)14時30分48秒
  岩手の盲ろう者友の会を退会してから社会参加は妨害されること9年で5つ、4つまで友の会事務局長夫妻からの悪口妨害。口封じは一人残らずは県聾唖協会前会長からで誰とも付き合わせない。 しかも福祉容認で相手にするなとかん口令を広げている。
 今のこちらは病気で湯冶の旅に行こうとして栃木に行くことにした。地元岩手では圧力から同じ障害当事者とも9年関われなく観光より当地の友の会と交流するとして、相談員が栃木に電話したら嫌々寄越した形で激しい条件で返事が来た。こちらには手紙もファクスもメールも何一つ来ないまま3週間になり、催促電話でやっとファクスが来た。諦めろと言うのを振り切って一人でも行くと応えた。すると無視を決め込んだ。いつも事務所に誰かいるとは限らないと言ってメールは3回まで届いて4回目から受信拒否されていた。3週間誰も居なかったとは嘘だと判る。上げたアドレスも折り返しのメールも使わずファクスだけ。障害当事者の会長の返事求めても一言も来ないのは知らない様子。盲ろう当事者は行動半径が狭く遠来の客は歓迎しないはずなのに無いのだ。
 要するに岩手に問い合わせして相手にするなと言われたが相談員からの電話で仕方なく返事したが条件を激しくした。それでも行くと言うため無視した。
 それで栃木の福祉課に抗議したらとたんに返事が来た。歓迎と言ってもこれでは小細工が待っている。会長からは1ヶ月しても来ていないのだ。障害当事者がガイドもなく一人で行くのに駅で口を滑らしただけでも口実になり帰れと言われてしまうのだ。、
 あまりに危険すぎる。岩手のメンツから友の会に再入会してガイドを頼めという話は出たが、それは親を馬鹿だと認めろと言い、掲示板は取り消して反対に謝罪しろと言う条件がつけられる。無理な話だ。福島にも友達がいて当地の友の会とも交流している。それが今では宮城とも相手にするなとされている。
 岩手は看板団体の暴走を隠すため一人残らず口封じ別団体は行かせなく社会参加は全て妨害されかん口令も広げた。
 更生相談所も障害者社会参加推進センターも障碍者110番もふれあいランドの適正委員会も地元一関の社協も身障協にもかん口令を敷かれた。どこも問い合わせに何も応えない。
 だから社会参加は他県に求めたことになる。
 岩手でさえ9年も通訳、障害当事者と関われないのにだ。
 そしてついに社会参加6つ目の妨害に栃木も協賛同意したことになる。口封じをいつまで続けるのか。福祉課は知らん顔しかしていない。栃木も同じだろう。







 

耳の日のスローガン

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年 3月17日(火)15時36分25秒
   好きだから正しいとは親を馬鹿にする事よりより良い事か。
 過剰庇護して暴走を正当化しただけではないか。
 どうして馬鹿だというのか30年も説明は来ていない。
 馬鹿と認めろと言うのを拒否して退会したのだ。一人残らず口封じして辞めた理由を嘘で全国協会や一般会員に流した。
 説明不能で独断の正義に仕立てられている。好きだからと猜疑心をそのまま正当化し、弁解はひいきにだけ話しひいきはこちらに質問一つ寄越さない。猜疑心でも好きだからとそのまま正当化され、聾唖者は間違っても知らなかったと言えば正義になると本人が言っている。故意にやれば嘘も方便の実践しただけになる。
 更に県聾唖協会前会長高橋幸子さんは一人残らず口封じを指令した。正しいならなぜ必要なのか。一般会員も全国協会にもこちらの辞めた理由は嘘で流された事がばれてしまうからだ。
 こちらの口を封じるために別の団体は妨害を9年も続けている。
   福祉は団体に関われないと言って個人は無視し暴走は見なかった事にし、口封じにかん口令を広げた。
 社会参加は9年で5つ全部妨害された。福祉のかん口令は更生相談所、障害者の社会参加推進センター、障害者110番、ふれあいランドの適正委員会、地元の社協に身障協にも広げられた。
 この通訳達の訳の判らない暴走目こぼし権利は規制改善が先にになる。掲示板で告発していたら福祉の専門の目に止まりまず首相官邸自民党にメールされ、次に共産党に渡った。通訳の暴走を規制改善に向けて進行中になった。
 好きだから正しいと言ってもこちらも聾唖者なのだ。それが通訳はかばうために30年も騙していた。説明不能の理屈は一般や全国協会には出任せ言った事になる。
 謝罪も見解も白紙化もなく和解も出来なく、こちらの復権が9年も棚上げにされたのだ。
 聾唖者はあおりけしかけ過剰庇護するより一緒に考えるべき。 猜疑心の暴走でものまま正義にして取り消しが利かなくなった。
 親を馬鹿と最初に言ったのは岩手県盲ろう者友の会事務局長小笠原利行さんは一般や全国協会に辞めた理由をなんと言ったのか。 どうして親が馬鹿なのか全国大会で釈明を求めればいい。
 あいつは聾唖者の敵だとでも出任せ言ったことだろう。一人残らず口封じした理由も聞きたいものだ。
 聾唖者は通訳の嘘に抵抗無く真似て繰り返し知らなかったと言ってチャラにしている。相手が聾唖協会の会長だからとゴマすりのやり過ぎ。一関のベテラン通訳達は誰一人反省より口裏合わせる事しか考えていない。耳の日記念は反省より仲間を守れというスローガンになるだろう。

 

暴走を正義にする通訳の理屈

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年 3月 3日(火)19時12分0秒
  暴走を正義にする通訳の理屈
 一関の嘘つき通訳を非難した後一緒に活動したことからも和解求めたら知らん顔。それもそのはず辞めた理由を嘘でばら撒いたことも知っているのだから取り消しも利かない。あくまで知らん顔で振り切ろうとしている。福祉としても多数を取るしかなくなる。承知の上かごまかされたのか。
 一人残らず口封じされたら証人もいなくなり口裏合わせてごまかす。好きだから正しいとしてこっちの友達全部取りう上げこのまま諦めたら一生負け犬扱いの差別をされる。
 通訳達への規制の改善しかなくなる。訳の判らない福祉容認の暴走目こぼし権利を取らないと。
 福祉さえかん口令を広げた。障害者社会参加推進センターも障碍者110番も、更正相談所もふれあいランドの適正委員会もすでにかん口令が敷かれています。更に地元の社協も身障協にも。こちらが一人で揉みつぶししかしないのか。掲示板に疑問持って岩手を非難しても口裏合わせてごまかすだろう。揉みつぶしを計られている。社会参加妨害も正当扱いされる。
 石川会長(岩手県聾唖協会)の猜疑心が人気で正当化され間違えても知らなかったと言えば正義になる。こちらや親が悪にされている。故意に使えば嘘も方便の実践しただけになる。
 知らなかったと言えば正義になるとは誰が決めたのか。福祉にすればただ聞こえないことへの配慮として何も無かった扱いにして許されるだけのはず。
 正義とはずるくはしたなくとも狡猾に立ち回る人の事を言うのか。一人残らずの口封じ号令した県聾唖協会前会長高橋幸子さんなのだ。弁解はひいきにだけ話しひいき達はこちらに質問一つせずに親を馬鹿だと言うのか。なぜ馬鹿だというのか説明抜きのまま辞めた理由も出任せを容認して、更に一人残らず口封じして誰とも関わらせず辞めた理由の出任せもばれることを防いだ。
 これは好きだから暴走しようが正しいというだけで理屈抜き。 元会長に元相談員、学校の先生がこんな理屈抜きの暴走を正義だと言い張るのか。暴走目こぼし権利を福祉容認で使っている。
 親を馬鹿とそのまま正当化して調べもしないで正しいと言うために一人残らず口封じするのか。
  どうして親が馬鹿だというのかこれも説明抜きだ。辞めた理由と共に全国大会で岩手に釈明求めたい。
 仲間をかばうのに過剰庇護も暴走も正義の内としか見ていない。 時効の様でも社会参加妨害は9年も続いている。  好きだからと過剰庇護して暴走を正義だと言い説明抜きであっちが悪いと言うのか。説明も質問も何も無いまま只正義だというのか。これらに正義とはかけらもない。好きだからとは暴走を正当化しただけだ。耳の日は暴走しようが仲間を守れとと言うスローガンになる。



 

 謝罪も見解も白紙化も和解も無い独断の正義

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年 2月24日(火)09時51分19秒
    一関のベテラン通訳は反省より説明不能のまま正義気分でいる。 その代償が親を馬鹿にされ社会参加は妨害口封じ。福祉もかん口令を9年経っても広げていく。
 普通に言えば聾唖者は聞こえなくて過ち起こしたら仕方ないという扱いになり許されると思う。何もなかったことにする。
 ところが過剰庇護する通訳達は暴走しようが権利として正義だという。そして反対にこちらの親を馬鹿なのだと言い、妥協しろと福祉さえ言う。
 発端の聾唖者にしても猜疑心から来たことを正当化しただけになり、間違っても知らなかったと言えば正義になるという。これではもし故意にやれば嘘も方便を実践したことになる。
 まして読み書きが出来ない人だとしょっちゅう使ってしまう。 過剰庇護する通訳達はこちらの退会した理由も知っていた。親を馬鹿というのも容認していた。これでは好きだから正しいとしてみんなで仲間を守ろうと立派な肩書きを持つ元サークル会長。元相談員。学校の先生が揃って和解も拒否した。赤信号みんなで渡れば怖くないと言う過剰庇護をやったことになる。
 親を馬鹿と認めろと言われて退会したことまで出任せを言うことも容認していた。
 それは発端から言えば30年も騙されていた事になる。
 トラブル相手はひいきにだけ弁解しひいき達はこちらに質問一つ30年寄越さない。謝罪も見解も白紙化も無く和解さえない説明不能な俺達の正義ということだ。
 この訳の判らないことが法律的認められていることは社会参加妨害9年と口封じが9年にかん口令が広められていることで判る。 そして看板団体と通訳への暴走目こぼし権利という通訳達への規制は必要になる。
 過剰庇護して好きだから正しいと言い張るのか。
 通訳達はこちらを馬鹿なのだとと言うのは本人が会長だからというのかこちらも聾唖者なのだ。学校違いがよそ者扱いするのか。
  福祉の弱腰が暴走を激しくする。こちらは復権がかかっている。
 看板団体と通訳達の訳の判らない暴走目こぼし権利を取り上げるには通訳への規制改善しかないのだ。正しいならなぜ口封じが一人残らず必要なのか。それは友達まで全部失うことになったのだ。それも9年になる。
  一般会員は友の会を辞めた理由は出任せしか聞いていない。
 本来は通訳も相談員も中立のはず。聾唖協会の顔色見て密告もしている。過剰庇
 

暴走を正義として実践した

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年 2月18日(水)14時06分32秒
    岩手
 地元の元会長に30年も好きだから正しいと言い騙し、友の会の暴走を容認していたことを非難し反省を求めると自分を棚に上げて身勝手だと自己保身に回り後は知らん顔。
 それで掲示板で非難した。一人残らずの口封じでは口裏合わせて大勢で弁解する気だろう。
 掲示板2回目は反響と妨害があった。全通研の関係は岩手からの妨害でかなりが使い物にならなくなっていた。その掲示板では辞めましたという。本気なら何ヶ月も前から予告している。受信拒否は岩手の仕業。前にもあったから調べたらよそでやっていた。これは受信拒否して後から言い訳する手だ。岩手からあいつを載せるなとやったことだろう。社会福祉協議会だと妨害は過去にも見あたらない。
 もう一つは中途失聴者の会。これはいくら書いてもすぐ誰かが書いて見え無くされる。私たちは自由を尊重しますと言ってこれだ。嫌なら強制削除すればいいのにフェアをポーズしている。
 個人攻撃はやるだけ無駄。
 それより一日も早く通訳に暴走目こぼし権利の廃止の規制が入るようにすることになる。規制が入れば口裏合わせることも仲間を守れとして岩手名物のえん罪だと署名やカンパも無駄になる。 仲間内は正義気分でも一般の人には只の暴走としか映らない。 口裏合わせても一般の人には疑問だけになる。
 看板団体だからと言う目こぼし特権も剥奪される。かん口令も差別、社会参加妨害、様々な暴走目こぼしが禁止される。規制が通れば弁解も通らない。
  俺たちの仲間を守れと言うカルト教団みたいな事も禁止になるだろう。通訳や相談員は過剰庇護も禁止になり中立であるべきと言われることになる。
 規制が成立したら後はそれぞれの本家団体に知らせるだけで自戒処分勧告が行く。友の会事務局長夫妻は全国大会で釈明求められ嘘で切り抜けるしかなくなり全国の袋叩きになる。事務局長は通訳資格剥奪追放になり。役員は総辞任にもなる。やっと天罰が行く。
 一ノ関のベテラン通訳は好きだから正しいと30年も騙し反省もせず友の会の暴走を容認していたのだ。人の親を馬鹿にしてかわいそうですと猜疑心を正当化しただけではないか。おまけに間違っても知らなかったと言えば正義になると嘘も方便の実践したことになる。それでも時効の内は特権として認められているが9年も経っているのだ。口封じから社会参加妨害という暴走まで出ている。時効は3年くらいになっている。 立派な経歴持つ人達が反省もしないのか。反省なら肩書きは捨てたらどうだ。
 謝罪より全国の非難を浴びるのか。復権だけでこんな馬鹿な社会は戻る気もない。




 

 岩手県庁規約の怪

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年 2月13日(金)20時11分8秒
   岩手県庁の規約とは次のようにあるのか。
 看板団体に対して暴走は全て見なかったことにして目こぼしする。
 障害者個人はどんなに困っても籾つぶし相手にしないこと。
 相談員の密告も看板団体からの宗教の押しつけも容認すること。
 看板団体に楯突く者はかん口令を敷いて口封じすること。
 看板団体に楯突いて別の団体に行こうとする者に対してかん口令を敷いて行かせないこと。
 証拠隠滅と口裏合わせるために一人残らず口封じすること。
 看板旦那対のやったことは脅迫電話でも差別でも正当扱いすること。
 仲間を守れと言うことを容認し正義として相手の親が馬鹿だとしてもそれも容認すること。
 仲間を守れと言うことは親より優先すること。
 全部守れたら看板団体岩手県盲ろう者友の会の正会員と認めます。
   看板団体はいかなる暴走でも福祉は見なかった事にして解決します。
 尚聾唖者は猜疑心でも正当化され、間違っても知らなかったと言えば正義になります。これぞ嘘も方便を実践することになる。
 これらに対して抗議が来ても見解無しで無視すること。
 親を馬鹿だと認めろと言われて退会したらそのまま言わず彼は聾唖者の敵だと出任せを流す事。
 これらに対して抗議があっても県内はかん口令が、県外の支援団体は看板団体の特権と管轄違いを判らせる。
 これらは殆ど現実だから改善を求め暴走通訳に規制を入れないといけない。聾唖者の社会は知らなかったと言えば正義になると言われるくらいでむしろ通訳の暴走が目立つ。
   嘘も方便の社会にしたのだ。聾唖者は大抵通訳を真似て覚えていく。
 そして抵抗も無く繰り返す。
 こちらの地元一ノ関では好きだから正しいというかばい方をしている人が多い。気がついたら30年も騙されていたのだ。
 暴走が特権として許されても時効がある。
 嘘で固めるために誰一人とも付き合わせ無い口封じと別の団体も口封じから行かせない。それと辞めた理由は一般には嘘をばらまいたから取り消しが利かないくどこの団体も妨害して行かせない。丸9年に5っの団体が妨害されたのだ。
 聾唖者をけしかけ猜疑心のまま受け入れる事がトラブルを招いたのだ。好きだからと必死でかばうにしても時効になっている。30年も騙し差別されていたのだ。友の会を辞めた理由も知っていた。
 復権も掛かって後へ引けず反省を求め元一ノ関サークル会長に元相談員に、学校の先生にも反省を求めたが自己保身だけで強行した。
 好きだから正しいと人の親を馬鹿にして誰も反省していないのだ。
 これだから通訳に規制は必要になる。まず暴走目こぼし権利を剥奪しないといけない。

  規制が一日も早く通るようにあおる内容の掲示板になります
 

海千山千嘘つきの名人達

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年 2月 9日(月)10時54分23秒
   年末に辞めるつもりだった掲示板を再開したのは支援者が現れそれを支援する形で続けなければならないからだ。
 岩手の暴走団体は役員総辞任になる。
 事務局長夫妻はは全国大会で釈明を求められるようにする。嘘で切り抜けるしかなくばれたら全国の袋叩きになる。
 聾唖協会も全通研もそれぞれの本家の団体に知れたら自戒処分勧告が行く。
 福祉にしてもかん口令や社会参加妨害は禁止にされる。
 聾唖者は知らなかったと言えば正義になる特権がある。これを故意に使うと嘘も方便にもなるのだ。
 過剰庇護する通訳は使命感から権利としてかばおうとする。
 トラブルの聾唖者がなぜ親を馬鹿と言ったかこちらに言わずひいきにだけ話しひいき達から質問一つ来ていないのだ。30年も。約束を守れない理由もこちらでなくひいきに話しそれは嘘でも権利として正当化した。これが聾唖者だから権利として許される感覚だ。
 親を馬鹿だと直接言ったのは友の会事務局長だ。妥協しろと言うのを馬鹿らしいとして退会した。
 一般の人にはそのまま言えず出任せの嘘をばらまいた。地元のベテラン通訳達は知って知らん振りを30年も好きだから正しいと続けていたのだ。
 これでは通訳は猜疑心のままでも正しいと言った事になる。元サークル会長も学校の先生も元相談員もベテラン通訳は嘘に何も抵抗持たなく好きだから正しいと言うのか。そしてこれらは揃って平気で親を馬鹿だと言う神経持っているのか。
 福祉さえ中立でもなく知らん顔で暴走さえ見なかったことにし、口封じ一人残らずで証拠隠滅や口裏合わせる工作も容認していた。通訳に規制が入らないと暴走は止められない。
 福祉がやるのは看板団体を守るだけではないか。
 好き勝手野放しにしたのは看板団体優先にしてこちら障害者一人くらい籾つぶせと言うのか。
 通訳の使う嘘を聾唖者は抵抗無く真似て居る。そして暴走していく。しかし、時効になり9年もなるのになぜ社会参加妨害やかん口令、一人残らずの口封じを続けるのか。
 辞めた理由が嘘だとばれるからに他ならない。
 暴走通訳達に反省求めても全部が知らん顔で掲示板に書いた。この分では全通研本家も盲ろうの全国協会にも嘘の報告したことだろう。好きだから正しいと暴走が権利として許されることで時効になっても続けていた。どうしても口封じを解除しない訳だ。そして社会参加妨害した訳だ。全通研本家も全国協会も親を馬鹿だと納得ましていたのか。通訳の暴走に改善は当然になり当事者達の名前もいずれ証すことになる。福祉は暴走を仕方のない事と見るが通訳達は暴走を過剰庇護から正義だとい
 

好きだから正しいのですと

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年 2月 4日(水)07時03分4秒
   12月にこれ以上掲示板を続けることは言いがかりだと反感が出てしまうとして諦めようとしたが諦めたら一生負け犬扱いされる。ストレスから寝られなくなった。
 そこへ掲示板の管理人が首相官邸自民党に掲示板をメールで届けた。更に国会議員に渡った。
   支援者が出来たことで一関のベテラン通訳たちの好きだから正しいと言う態度を非難した。するとあっさりボロを出して一人残らず口封じされていたことは明白になった。つまり30年も騙されていたことが判ったのだ。
 この話はこちらにバックが居ないと言いがかりだ訴えるぞと反撃されていたのだ。
 通訳は中立のはずが過剰庇護して俺達の仲間を守れという訳だ。 トラブル相手は会長になった。
 反省より一人残らずの口封じからこちらの辞めた理由も出任せを流されていた。
 更に反省より出任せで口裏合わせようとするだろう。
 掲示板の管理人は福祉の専門で看板団体への特権と通訳の暴走に歯止めとして改善の話になるのだろう。
 決まってしまえば福祉のかん口令も一人残らずの口封じも社会参加妨害も禁止される。
 岩手の特徴の反対運動起こしても現実がばれるだけになる。 暴走通訳は責めなくても友の会事務局長夫妻は全国協会にばれたら釈明を求められる。嘘で切り抜けるしかなくばれたら全国の袋たたきになり通訳資格剥奪追放になる。友の会は役員総辞任になる。
 聾唖者は法律も通らないが、聾唖連盟に知れたら自戒処分勧告がいく。知らなかったで逃げることは出来ない。
 全通研も過剰庇護が全国から非難される。
  そしてこちらは復権に近づく。
  聾唖者が好きだから正しいと猜疑心のまま正当化し過剰庇護したからだ。聾唖者から見ると嘘も方便を実践したてことになる。 友の会事務局長夫妻はやっと天罰がいく。けしかけて正当化するより一緒に考えるべき。



 

復権への道

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年 1月22日(木)10時01分54秒
    言いがかりだと言われることに迷い辞めようとしていたが支援者が現れた。支援してくれた人は掲示板を首相官邸にメールで届けてくれた。
 更に福祉祭りで久しぶりに再会した通訳たちに手紙出したら一人残らず返事しない。話し合えたのはただのお義理で上から相手にするなと口封じされていたことは事実だと確かめたことになる。 元相談員さえ退任したら関係ない。学校の先生も元会長でもそうなるのか。
 友の会を辞めて9年目になる。時効になっても9年経っても関わるなというのか。辞めた理由は親を馬鹿だと認めろと言われて拒否した形だからそれはそのまま一般会員に話せる訳が無い。
 おそらくあいつは聾唖者の敵だとか嘘をばら撒いたのだろう。 仲の良かった人たちまでが簡単に口封じ゛一人残らずに同意する訳が無い。それが時効になっても9年経っても解除しないのは嘘がばれるからだ。号令を掛けた高橋前会長は何度問い合わせしても返事しない。
 聾唖者の発言は猜疑心だけでも正当化される。間違っても知らなかったと言えば正義になると会長本人が言っていた。
 トラブルの弁解はこちらに言わずにひいきの通訳にだけ話していた。こちらは30年その弁解を聞いていない。
 仕事の機械を無償でやりお返しは求めないと念を押していた。 それても家に来る約束は守れないのは親父が恩を返せと言う事を勝手に連想してひいきにだけ話したことになる。世間体を気にする親父がそんなことをするはずは無い。機械をやれと言ったのは親父なのだ。
 猜疑心のままひいきにだけ話し正当化した事になる。
 ひいきの通訳たちは聾唖者だから好きだからかわいそうだから正しいとしか過剰庇護にしか見てい無くこちらに質問一つ来ていない。これでは一方的な話ではないか。
  一人残らず質問にも答えない。仲間を守れと言う号令は証拠隠滅だけの効果になった事になる。
 といっても時効になった話。口にも出来ないのだ。今は別の団体に行くことの妨害を友の会も全通研も聾唖協会も辞めてほしいと願うだけになる。
 好きだから正しいとは通訳は中立のはずで一緒に考えるべきではないか。聾唖協会を気になしてけしかける太鼓持ちが多すぎる。
 盲ろう者友の会事務局長に全国大会で釈明求めるときの一つに松岡は何で辞めたですかと聞いて貰いたい。

 

看板団体の暴走は目こぼししかできないのか。

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年 1月12日(月)19時53分37秒
   今も続く圧力にどっちが悪いのか
 トラブル相手の聾唖者とは友達にらなろうとして家に遊びに来る約束していた。
 同じ仕事で仕事の機械を無償でやった(約100万円分)。一緒に仕事やろうと言われたが駄目になってもこっちは目も悪くなって何も言わなかった。機械はお返しは望まないと念を押していた。
 それがいつまで待っても来なくて親父と喧嘩を繰り返した。  騙されたのだと。それをそんな人ではないとやり返して催促した。それでも来なかった。
 この後初期のサークル会長と仲違いした。県の3役にも悪口を流された。これは当時聾唖協会の事務員だった人が県の相談員になった時に聞いた。
 その聾唖者の態度が変わっていたことは初期の会長のことから知っていた。読み書きは今一で特に仲の良い人とだけに話しこちらには何も話していない。単語を並べる話しか出来ないと感情任せになる。猜疑心から出た話しをひいきにだけ話したことになる。
 これでどうして公平に聞こえるのか。
 だからこっちとしてもその人の相手だけではなくいろんな人と関わった。
 そして9年前奥さんの嘘がやっぱりとなって怒ったら友の会に次期会長夫人からの抗議とした。あいつを黙らせろとなり発言禁止にされた。更に友の会事務局長は聾唖協会の顔色見てお前の親父が馬鹿なのだ。妥協しろと言い出した。これには馬鹿らしいとしてと退会した。残っても相手の聾唖者は県の会長になり圧力だらけになる。
 辞めた後は宗教の押しつけて改心を求める。別の団体は悪口妨害で行かせない。妨害を抗議したら友の会事務局長の奥さんが大本家に脅迫電話された。それを福祉に抗議したら親を馬鹿だと妥協したらと言い出した。拒否したらかん口令が敷かれた。
 岩手の看板団体としてこっちは籾つぶしに、事務局長は友の会の代表として目こぼし。
 別団体へ行くことは更に妨害を繰り返し5つになり、9年目にのなる。
 その上に県聾唖協会高橋幸子さんは仲間を守れと口封じ一人残らずを指令した。これでは証拠も作れない。
 そして抗議は断念して別の団体探ししたが、中途失聴者の会だけでなくかん口令は広められて更生相談所も障碍者社会参加推進センターも障害者110番も中途の会を訴えなさいと言ったふれあいランドの適正委員会も一ノ関社協も身障協もかん口令が入った。おそらくは盲ろうの全国協会にも入っているだろう。
 岩手県現聾唖協会会長の暴走も岩手県盲ろう者友の会事務局長の暴走もすでに時効になっても9年目になっても岩手の看板を守るためとして差別暴走が容認されていることになる。
  通訳は聾唖者をかばうのに過剰庇護して俺たちの仲間を守れというのが正義だと言うのか。学校教育を補佐して一緒に考えるべきではないか。平気で親を馬鹿だという人しかいないのかん。
 俺たちの世界とはギャングとカルト教団くらいだ。
 福祉は関われないと言って目こぼし容認している。






 

時の流れは

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2014年12月20日(土)16時13分34秒
   8月に妻の初盆を終えてから体の点検として外科に行ったら、脊髄と神経が張りついて居ると。それで両足の長靴サイズが痺れている。手術が必要だと言われた。神経が相手では後遺症は避けられなくなる。
 誰とも付き合えない生活だから一日も早く別の団体を探そうとした。地元の身障協も妨害された。よりによって一関社協の会長が妨害した。口封じが時効になっても8年経っても続けられた。
 外科の先生の勧めで神経内科に行った。
 ここの先生は切開手術は必要ないと言われ、血圧を下げると神経も離れると。
 そして血圧コントロールの生活になった。
 3ヶ月で神経は脊髄からみるみる離れ今は後少しに来た。
 これとは別に母譲りの病気足のふるえるような歩き方を調べたら小脳の萎縮から来ていると判った。それは耳と目にも来ていた。
 まもなく直ると思う脊髄と神経の張りつきより足の震えの進行を遅らせるために血圧の安定が大事と薬は継続して続けるようにと言われた。
 誰とも付き合えす一人暮らしで転びやすい足とくる。11月にかねて進めていたヘルパーがやっと決まった。介護ではなく要支援でこちら一人でもやれるがやる気が出なくヘルパーと一緒に掃除などやることになった。
 息子は仙台。盲ろう者が誰とも関わることもない生活していていつ転ぶか判らないと来ている。
 そこであちこちに警報機も取り付けることになった。事件の時のためとして警察への送信装置も少しオーバーだけど。
 障害者の一人暮らしのモデルケースにされた。極めつけは自分で救急車を呼ぶ携帯サイズのメール型の発信器だ。消防署の救急班に届く。
 今は道路凍結でやたらと外に出られない。
 こんな状態なのに障害者の社会参加推進センターも、障害者の110番も社会参加妨害を知らん顔し続けてる。
 妨害5つ目は一関社協枝の会長で身障協への妨害だった。かん口令は喋るなという意味なのに社協の会長が社会参加妨害してかん口令を移したことになる。
 身障協の会長は1年近く知らん顔してやっと電話の返事は「特に言うこと無い」だけだった。かん口令では説明不能になる。


 

謝罪か除名か

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2014年12月15日(月)10時26分43秒
   岩手の看板団体が暴走したが相手はたかが聾唖者一人とあって福祉は暴走容認で親を馬鹿だと妥協したらと言う。拒否したらかん口令が敷かれた。
 かん口令とは聞かなかったことにするため何も喋るなという意味になる。ところがそれを聞いた人はしたり顔で喋ったことが村八分騒ぎの暴走になり後は逃げ回るだけの5年になった。
更にトラブルの元(親を馬鹿と言う出所)が県聾唖協会の会長のため口封じ一人残らずの指令を県聾唖協会前会長高橋幸子さんから出されていた。これは証拠隠滅と嘘も方便になる。
 水沢のサークル会長小野寺良子さんは友の会事務局長の奥さんが大本家で恩師に脅迫電話していたことを知らずにその奥さんとに同意してこちらの親の悪口を話していた。不愉快な気持ちだったという。それをどこから聞いたのかと抗議した。
 これも逃げ回るだけになった。謝罪も弁解も出来ない。
 その人の姉の家で葬式があった。こちらと大本家とその家は親類なのだ。やっと捕まえて大本家に謝罪しろと乗り込むことにして拒否するなら親類、親戚に知らせることにした。
 逃げ回る理屈さえ話せない。謝罪は自白になってしまう。謝罪してこんな馬鹿な団体辞めた方が本人のためになる。よりによって親類で恩師にこちらの親を馬鹿たというのだ。地元に胸を張って帰れなくなる。
 友の会事務局長小笠原利行さんは謝罪も見解も白紙化も蹴り、差別は当然だという。掲示板の中に入ってまでお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。福祉がやっと公平になって謝罪求めたら丸2年も逃げ回っている。これが岩手の誇る看板団体の代表か。恥さらしであり駄々こねているだけではないか。
 盲ろうの全国大会で全国に釈明して袋叩きにされた上で役員総辞任して出直す事がもっとも良い解決策ではないか。
 かん口令の身で喋りすぎを知らん顔している人もいる。一関社協の会長で移されたのは一関身障協会の会長西城直彦さんだ。
 社会参加妨害することで口封じに加担したことだ。
 誰でもいい上の誰かに説明求めれば判ることになる。
 岩手の看板団体の暴走が明らかにされるだけになる。言いがかりでもストーへカーでもなく現実だと判ります。聾唖者それも今の会長のため過剰庇護、暴走した通訳が招いたこと。
  親を馬鹿という人は自分をさして居ると悟る事になる。


 

 釈明要求は厳正な判断になる。

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2014年10月31日(金)19時16分43秒
   岩手にとって県の看板団体だからといくら暴走しても見なかったことにしてかばい続けるのは良いことか。親を馬鹿とか、県の会長の不祥事も時効になり抗議を辞めても圧力や、一人残らずの口封じ、差別、別団体には悪口妨害を続けてどこも行かせないことを8年経っても続けている。指令でなくて知事が許可したのか
 しかも社会参加妨害でも福祉は看板団体のやったこととして知らん顔しかしない。
 過去の事としても福祉が公平になって友の会事務局長に謝罪求めたら逃げ回ることまもなく2年になる。謝罪も見解もなく白紙化も蹴り、差別は当然だと言う。
 掲示板の中に入ってまでお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これがどうして岩手の自慢のボランティアなのか。だだこねているだけではないか。これは岩手の赤恥ではないか。
 宗教の押しつけにしても改心の押しつけ。これを更生相談所は知ったことでない。余所へ頼めと言う。福祉にしても親を馬鹿だと妥協したらと言い、拒否したらかん口令を敷かれた。
 8年経っても見解一つ来ていない質問一つ無く正当化されるのか。そして時効になり8年になる。それでも圧力として一人残らずの口封じや差別は続いている。別団体には悪口で行かせない。 福祉は社会参加を勧める立場で妨害を容認するのか。
 更に一人残らず口封じを指令した県聾唖協会前会長に手紙で抗議したガ知らん顔で容認と見なして聾唖連盟に訴えた。
 仲間を守れ。それが正義だというのは聾唖運動ですかと。
 聾唖者を責めていないのに口封じすると嘘も方便になる。。 県中井も無しにどうして8年も暴走を目こぼしにし続けるのか。
 福祉にすれば県の看板団体に楯突くたかが障害者の一人位ほっとけば時効になるとしか見ていない。そして時効になっても知らん顔を続けている。別だ船体は8年も行かせない。
 現在一人暮らしで通訳も聾唖者も関われないまま焦る思いで団体探しを続けている。
 言いがかりだとか、ストーカーだとか、ボランティアや福祉がそんなことするはずがないという先入観で振り切ろうとされている。どこからも8年も質問も見解もなしのまま正当化されるのか。 これだから岩手の友の会に対して全国大会でどうしてかと釈明を求めることは厳正な判断になるではないか。






 

暴走のつけは全国大会で

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2014年10月17日(金)10時28分51秒
   ふれあいランド岩手の適正委員会から障害者110番に訴えなさいとなって話の段取りでふれあいランドに行き、弁護士さんと話あった。
 弁護士さんはランド内のもめ事専門ですでに辞めてしまった団体に関われないと。そのため誰が出任せのメールしたかにも確認は出来ないと判った。
 別団体のことは直接当たってみたらと言うだけになった。
 毎年盲ろうの全国大会の席で岩手ら釈明を求めた。去年はもう少しのところで岩手は参加取り消して逃げた。
 帰りがけに岩手の友の会を辞めて最初の別団体は相談員に頼んで一ヶ月知らん顔のため手紙で掛け合って内定していた。それが相談員の密告から友の会事務局長の奥さんの小笠原ひとみさんから悪口妨害が入って内定は取り消された。それを怒って抗議したら大本家に脅迫電話がかかった。
 県庁福祉課前課長は知らん顔で親を馬鹿だと妥協したらと言い出した。拒否したらかん口令を敷かれた。
 中途の会を辞めてこの団体に誤解と判って貰えるならとメールで再入会申し込みをしていた。5回くらいかけても返事は2ヶ月もない。ひとみさんの悪口が効きすぎたのか。
 それが休憩所の隣にあった。見とれていたら戸が開いて招かれ話になった。 何の用で来たのかから始まり友の会の暴走を相談にランドの弁護士さんと掛け合っていたと話し、ここの内定取り消しの悪口は出任せだと話した。以前メールの相手をしていた人だった。自分は筆談と将棋くらいしか出来ないが変わらぬ気持ちを伝え打ち解けて質問も楽に答え40分も話し和解となった。
 別れにお土産まで貰った。あの角を曲がったら先は駅と聞いて新幹線の所まで歩いたがどこにも駅の目印が無くぐるぐる歩いて迷子になった。気も焦ってバスに飛び乗ったが反対方角のバス営業所だった。盛岡行きのバスでやっと4時間かかってたどり着いた。
 失敗もあったが収穫もあった。この団体に入ろうとしたときひとみさんからの悪口妨害は出任せだと話、合計4つの妨害口封じだと話した。
 事務局長は居なかったが騙されていたと判れば怒ることだろう。
友の会の抗議は全国大会の席で求めるしかないが、この会も友の会を仲間を守る気持ちで知らん顔しかしていない。質問一つ来ていない。おそらく出任せの弁解を鵜呑みしている。何しろ岩手の嘘も方便の番人だから。
  口封じで嘘も方便でも外部から割れ目が出てくる。上の団体が証言したら福祉も知らん顔は出来なくなる。更に法務局も乗り出して誰がメールしたか判れば袋たたきは避けられなくなる。発端が県の会長であり、友の会は岩手の看板団体のため暴走はすべて目こぼしにされている。

 

掲示板管理人様

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2014年10月12日(日)17時33分12秒
   一連の岩手県盲ろう者友の会事務局長夫妻の批判の話は事実ですが、岩手の看板団体の代表だから許されるのですか。
 福祉は抗議に行くと雲隠れの繰り返し。親を馬鹿だと妥協したらという。拒否したらかん口令がしかれた。
 更正相談所は宗教の押し付けは知ったことでないといいよそへ頼めという。
 盲ろうの全国協会さえも障害者は支援すると言って反対に全国の友の会に相手にするなと号令掛けた。
 ヘレン・ケラー協会さえも知らん顔だけ。どこからも質問も見解も来ない。
 聾唖者は法律も通らず暴走通訳を相手にしてきた。健常者のはず。
 かばったと言えば暴走は正当扱いになるのか。冶外法権だと言うのか。
 福祉は看板団体に楯突くたかが障害者の一人くらいほっとけば時効になるとしか見ていない。事実親を馬鹿というのは正当扱いにされています。
  そして時効になった。妻をガンで亡くしひとり暮らしと誰とも付き合えない8年の差別。抗議は断念して焦る思いで別の団体を探していたら全部悪口妨害4つ目。
 4つ目に対してふれあいランド岩手から訴えなさいといわれた。それが中途失聴者の会で読み書きできない団体から綺麗で長い誤字一つないメールが来た。情報センターアイーナには友の会と中途の会がある。中途の会は読み書きできずこちらの手紙は誰も読めなかった。返事は外部の仕業。隣の友の会の事務局長が書いた事になる。過去2回も妨害している。
 社会参加妨害しても福祉は知らん顔しかしない。
 このようなことがどうして正当扱いするのか。どういう理屈か聞きたいもの。
 それで相談出来るところか管理人さんの意見を聞きたいし、知っているなら紹介して欲しいと思います。こっちが仮に悪いとしても質問も見解も一つも来ていないのだから。
 間違 知っているなら説明して欲しいです。仮に聾唖者相手なら何もなかったことにして白紙化する。聞こえないから理屈も判る。暴走通訳は県の看板の扱いでは見なかったことにすることは暴走のやりたい放題になり親を馬鹿というのは正当化された。
 会長の不祥事をもみつぶすために宗教を押しつけて改心させようとし、駄目で口封じ抹殺しようとしている。まるでカルト教団だ。福祉はこれにも同意して居るのか。聾唖協会、全通研も面子から同意容認している。
 今度は別団体に行かせない口封じの社会参加妨害4つ目。福祉にとってこれも正当だというのか。
 この話は全国大会の席で岩手に釈明を求めるのが一番いいと思います。嘘も方便の弁解しか出来なくなる。
この話に意見か相談できるところを紹介してくださいますようにお待ちします。。




 

 看板団体なら暴走は正義になるのか

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2014年10月12日(日)10時00分22秒
   岩手に限らす団体の暴走はどこも目こぼしで正当扱いですか。
 望めるなら全国協会の全国大会で岩手に釈明を求めたいですが、駄目ならどこ訴えたらよいでしょうか。
 岩手の更生相談所は宗教の押しつけを知ったことでない。余所へ頼めと言う。 福祉は親を馬鹿だと妥協したらと言う。どっちも質問一つ寄越さない。
 そして妥協枝を拒否するとかん口令が敷かれた。
 盲ろうの全国協会にしても障害者は支援すると言って全国の友の会に相手にするなと号令を掛け、質問一つ来ない。
 ヘレン・ケラー協会さえ知らん顔の一点張り。
 これらの態度の理屈は団体は暴走しようと関われないというのか。
 これではストーカー扱いか、看板団体に楯突くたかが障害者の一人位放っとけば時効になるとしか見られていない。事実親を馬鹿とは時効になった。
 看板団体だからか。法律の通らない聾唖者を相手にする特権を持っているからなのか。
 それでは一体どこへ相談すればいいのか。更生相談所がどことも言わずに余所ヘ頼めと無責任に言っているのだ。
 一体どこへ頼めばいいと言うのか。無いと言うことは完全に無視していることになる。
 初めの頃の親を馬鹿というのは時効になっているが、社会参加妨害は現行犯みたいなものだ。どうしてかという説明は後回しにしてもどこへ頼むべきなのかそれを言えるなら言ってみればいい。
 全てを沈黙のまま正しいと誰が納得するのか。暴走を正当化する無理矢理つけた理屈になる。
 いくつかの考えが出てくる。どうして暴走が正義になるのか。それを正当に裁ける相談所はあるのか。看板団体のため身勝手な強権発動として親でも馬鹿にする。読み書き出来なくても誤字一つ無い長いメールが書ける理屈も勝手に作れると説明出来る相談所も早く紹介して欲しい。
 暴走を無理矢理正当化すれば治外法権を持っているというのか。
 相手が聾唖者なら法律も通らないが、暴走したのは岩手の看板団体の代表たから無かった事にしたがっている。
 詐欺、偽証罪に当たるのを正義というのか。
  前の話にしても謝罪も見解もない。白紙化さえも蹴る。だだこねているだけになる。今度も見解さえどこからも来ていない。説明抜きでどうやって正当化するのかん。
  元気な内は告発は続ける。全国的人気になれば答えない訳に行くまい。どうやって嘘が正義になるか聞きもの。全国大会で釈明が一番いい全国の読者もそう願っている。。


 

 岩手の暴走誰も止める気無いのか。

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2014年10月10日(金)18時29分30秒
   岩手では福祉は看板団体として盲ろう者友の会のやることは全て目こぼししている。けれど相手は友の会事務局長夫妻です。聾唖者の勝手な猜疑心をあおりけしかけてお前の親父は馬鹿なのだ。妥協しろと言い、馬鹿らしくて退会した。
 後は宗教の押しつけて改心を求める。当時更生相談所は抗議しても知ったことでない。余所へ頼めと言うだけ。
 別団体に行こうとすると相談員の密告からの友の会事務局長の奥さんの悪口妨害が入って内定が取り消された。ボランティアが社会参加妨害した。
 怒って抗議するとその奥さんから大本家に脅迫電話寄越した。
 福祉は看板団体として親を馬鹿と妥協したらと言う。そして一人残らず口封じされた。
 事務局長は使っている掲示板の中に入ってお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これが岩手の誇る看板団体の代表です。
 抗議は時効になり妻を昨年ガンで亡くし一人暮らし。抗議は断念して別の団体を焦る思いで探したが全部口封じの悪口妨害された。
 更に神経やられ病気になった。こうなると総力上げて訴えることにしたのです。岩手における福祉と更正相談所は何のための機関か。管轄違いだというならどこへ頼むべきですか。
 全国協会の全国大会で岩手に釈明求めることは何度もやりました。理事長は質問一つ無く反対に相手なするなと全国の友の会に号令をかけた。
 もし望めるなら全国大会で岩手に釈明を求めるように進言していただきたすと思います。岩手は嘘で切り抜けるしかなくなる。
 8年一人残らず口封じ差別は福祉の容認。しかも全通研も聾唖協会も後押し同意容認して居る。あるいは指令していた。会長の不祥事だから完全孤立抹殺を計られた。
 事務局長夫妻は友の会を私物化して聾唖協会にごますりの暴走。 全国大会で全国の人達の前で釈明求めます。
 友の会を退会した理由の親を馬鹿と認めろという話は時効で別として、どうして社会参加を連発で妨害するのが正当扱いなのか。
 口封じが必要でと聾唖協会、全通研が指令したのですか。そうでなくても同意容認したのでしょう。聾唖協会会長の不祥事にごますり暴走した。福祉さえも質問一つなく暴走を責めるより看板を守ることしかしない。団体に関われないという決まりがあるとしてもそれではどこへ訴えればいいのか。全国協会さえ質問一つなく知らん顔し暴走に一言も触れない。完全参加平等さえ妨害しても目こぼしするのか。

 

仲間を守れとは正義と限らない。

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2014年10月 9日(木)18時22分2秒
   特定の言いがかりとしか見てないのも居る。岩手県のふれあいランド岩手の適正委員会から訴えなさいと言われています。
 一関と盛岡の法務局に訴えています。中途の会は読み書き出来なかった。そ れが誤字一つ無く綺麗で長いメールの断りを寄越した。こちらの手紙には触れていない。外部の仕業と判る。隣には友の会しかない。その事務局長は過去3つの妨害をしている。
 昔の話は時効ですが、県の会長のため親を馬鹿だと妥協しろという。拒否して退会したら宗教の押し付け。強制的改心を求める。 これも拒否したら一人残らず口風刺された。
 福祉は看板団体に楯突くたかが障害者の一人位ほっとしけば時効になにるとしか見ていない。
 そして時効になった。どこからも見解一つ来ていない。
 言いがかりだという人達とは仲間意識の反感としか見ていない。
 こういう発想だけで言いがかりだと言い張る。それより公正に話せる人か相談できるところを紹介してほしいです。県の会長が相手のため県聾唖教会も全通研も社会参加妨害さえも同意容認している。
 前の話にしてもどこからも見解一つ来ていないで正義だと言い張るのか。
  相手が聾唖者なら仕方ないとして何もなかった。つまり白紙化で解決する。ところが通訳の暴走が原因。福祉は看板団体のため見なかったことにするしかしない。それは余計に暴走する。8年の差別になる。
 心労から病気になり手術が必要だと外科に言われた。神経内科に行って精密検査したら必要ないが障害は進行すると。
 こうなると暴走通訳に総力上げて訴えたくなるでしとょう。8年も差別に耐えてきたのです。いいがかりだという人の意見より公正に話せらる人がいい。仲間を守れというのは暴走だけになる。
 前の話の親を馬鹿という話は見解も謝罪も白紙化も蹴る暴走のみの話です。そのまま正当化されている。今度も見解一つ来ない。
  出来たらとして相談出来る所か人よりも盲ろうの全国協会の全国大会の席で岩手の友の会に釈明を求めるのが一番いい。嘘で切り抜けるしかなくなりばれたら全国の袋叩きになる。そして全通研や聾唖協会が同意容認し果て居たと判ればそれぞれの本家も怒る事だろう。またこうなると福祉は看板は放り出すしかなくなる。
  県の看板だからと目こぼしし続けるのは社会参加妨害でも続けている。見解はとこからも来て居ない。全国の人の前で釈明を求めるのが一番良い。


 

謝罪、見解、白紙化も蹴る暴走

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2013年11月23日(土)10時08分43秒
   間もなく抗議して5年目。福祉がやっと公平になつて暴走通訳に謝罪取り消しを求めても逃げ回ること間もなく満1年になる。見解はどこからも来ない。更に法務省関係の相談員の白紙化要求も蹴って差別は当然だという。だだをこねるだけ。
 福祉は団体しか取らず妥協したらとしか言わないまま妻が入院したら受信拒否、亡くなると口封じをそのままどこからもお悔やみは来ない。
 喪中に付きのはがきを出すとタイミング良くエホバの証人5回目が来た。全通研から「死んだ人にもう一度会いませんか」と。反省などしていない。喪中で旧友からお悔やみが2軒届いて居る。
 全国協会は障害者を支援すると言って全国の友の会にあいつの相手するなと号令を掛けられている。大阪の友の会にも金は返さなく嘘も方便に同意している。
 これは通訳を聾唖者と一体の扱いの免罪符のせいで暴走が俺たちの正義にされている。
 全国大会で岩手に釈明を求めようとしたのは見解を求めた事。 それさえも参加取り消して逃げた。
 だったら見解として親が馬鹿だと説明できたら妥協しよう。
 元々自己保身に走る聾唖者の身勝手な話が通訳に持ち上げられそうだ。その通りだ。お前の親父は馬鹿なのだ妥協しろという話だ。法律も利かない聾唖者を責めた訳でもない。しかも当時その聾唖者は会長内定していて今は会長で俺たちの正義として説明不能な話だ。
 こちらが後に引かないのも差別などからの復権がかかっている。通訳や同じ障害者と7年も関わっていないのだ。親戚も納得する見解なら親を馬鹿だと妥協してやる。
   暴走通訳は掲示板の中に入り妨害ばかりかお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これが岩手の誇るボランティアとして福祉は必死でかばっている。岩手の恥さらしではないか。
 その奥さんは抗議したとき大本家に脅迫電話寄越して居る。暴走のやりたい放題ではないか。全国協会や福祉には聾唖者をかばったというのだろう。この免罪符が暴走させて居るのではないか。
 何故法律も通らない聾唖者を責めているように見えるのか。通訳にとってかばったと言えば正当化されるからだ。後少しで5年目より見解言えたら妥協する。あれもこれも嫌だとだだこねるしかできないのか。見解言えない俺たちの正義とはあまりにも閉鎖的でカルト教団ではないか。ボランティアに対するイメージのままクリスマス会を迎えるとしらけるだけだろう。




 

 退会すれば口封じと改心求めるのか

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2013年11月17日(日)20時04分54秒
   大阪の友の会は8月以来機関誌も交信もなくその上勝手に除名にして金も返さない。障害者の為の団体のやることですか。がめついだけのイメージしか出ない。こちらは不正と戦って来たからがめついのは大阪の本領ですか。
 岩手の盲ろう者友の会では退会して余所の団体に行くと悪口妨害するし、親を馬鹿と言って謝罪取り消しより改心させようと宗教を押しつける。そして今またエホバの証人が押しつけられている。
 団体への悪口妨害は2回目。宗教の押しつけはエホバの証人が5回目の他別に宗教も3つくらい押しつけられていた。
 人の親を馬鹿にして反省なとこれぽっちもしていない。
 福祉は見なかったふりしかしない。
 その福祉がやっと公平になつて暴走通訳友の会事務局長に謝罪取り消し求めても来たのは脅迫電話だけで逃げ回ること11ヶ月になる。間もなく新年になると満1年になる。抗議してから間もなく5年目になる。
 福祉は団体優先にして見なかったふりしかしない。
 そしてその暴走は全国協会の理事長も同意するように沈黙しかしない。大阪にも相手にするなと言った様子。
 通訳に規制が行かない限り復権しない事になる。暴走目こぼし権利が甘すぎる。
 福祉も理事長さえもこっちを悪いと言わないまま沈黙している。見なかったことにするという解決しか無いせいだ。
 聾唖者をかばったことにして通訳は嘘も方便を認められている。 大阪は金さえ返せば一応けじめを付けたことになるでしょう。それさえもがめついだけなのでは一般の人は納得しない。
 福島さんに続く門川さんの信用は泥まみれになる。大阪を代表しているのに暴走は暴走ではないか。
 通訳はおろか同じ障害の人とも差別から7年関わっていない。
 大阪は門川さんと聞いて是非と入っていた。金だけ取って知らん顔は自分の決断ですか。年内に半金返す気がないと軽蔑するしそして掲示板に訴えます。
 退会したら福祉容認の差別と口封じと改心求めることはカルト教団のやり方ではないか。福祉は宗教に関われないと言いながら団体優先で暴走でも容認している。
 年末で喪中のにつき、のはがきを出すと口封じから岩手は一人残らず知らん顔。そしてエホバの証人が来た。旧友に知らせると香典が届けられた。随分差がある。
 福祉さえも妻が入院すると問い合わせさえ受信拒否している。暴走しようと目こぼししかしないのが岩手のイメージなのか。掲示板を続けるのも差別からの復権がかかっている。



 

  どっちが改心すべきか

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2013年11月13日(水)10時49分22秒
   エホバの証人5回目6日忘れかけた頃にまた現れた。今度は一人で大して口利かずパンフレットを置いて入会は名前と住所を書くように指示していった。家に良く来るのはものみの塔でエホバの証人はその分派だから大して違わないく普通の勧誘に見える。
 が、10月末に喪中に付き…、のはがき出したばかりのタイミングと、福祉や社協の関わりは受信拒否されて7月で辞め掲示板を続けていた。
 友の会事務局長は反省としてのこちらの親を馬鹿だと言うことに対して謝罪取り消しよりメンツからどうしても改心させたがつて居るのか。
 宗教関係者がボランティアをやるのは珍しくなくパンフレットも手に入る。初めに来た人はエホバの証人の冊子を置いていった。ばれないように大して口も利かないまま帰った。
 相手は全通研の役員。聾唖者をかばったという口実付けて仲間を守れという訳か。
 友の会関係はお悔やみ一つ寄越さず代理のエホバの証人が「死んだ人にもー度逢いませんか」とパンフレットを置いていったのだ。
 どうしても親を馬鹿だと認めさせたがっている。聾唖者は法律も通らず責められない。初めから暴走通訳を責めてきた。
 全国協会にも福祉にもかばったと口実使ったのだろう。
 同じ障害の人や通訳と差別圧力の口封じから7年関われなく大阪の友の会に入っていた。それも岩手からの悪口で妨害された。全国的孤立に追われる口封じだ。しかもこれも理事長の容認。何処が反省していると言えるのか。
 大阪はがめついだけの姿勢で年会費払っているのに半金返さない。それも理事長に同意求めた結果として金は返さず相手にするなとなったのだ。
 聾唖者は聞こえなくてモラルも通らない。その為免罪符が行く。これは通訳に必要のないことではないか。反対にそうだ、その通りだとあおる言い方しかしないのか。消しかけ繰り返している。
 大阪は聾唖者が相手で責められなくも代表なのだ。嘘付きは許せても金は返さないとけじめは付かない。
 岩手の通訳も反省のかけらもない。免罪符を盾に暴走している。
  理事長は岩手に騙されていないかは釈明を全国大会の中で求めれば嘘が判るはず。






 

 友の会本家の理事長の責任 

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2013年11月 8日(金)10時58分22秒
   大阪の友の会は金だけ取って知らん顔は4ヶ月目に入りました。いつになったら金返すなり返事するなりしないのか。
 猫ばばがめついだけですか。早く誠意として金返すか見解を話してください。 聾唖者だから許されると権利を盾にしても代表がやっていいことですか。全国の笑い物になってしまいます。
 暴走しても法律は通らず正義だと解釈するのですか。
 暴走しようがかばったのだという岩手の入れ知恵ですか。守れない約束はともかく金を返せばけじめになるはずでしょう。一人残らず口封じすれば正義になると言う入れ知恵ですか。
 岩手にしてもどうして親が馬鹿だというのかも説明、見解抜きです。福祉がやっと公平になったのに逃げ回ること11ヶ月目です。余所の団体に行けば口封じの悪口妨害は大阪で2つ目です。
 同じ障害の人や通訳と交流を求めて何故悪いのですか。それも強引ではなく許可を貰っての話ではないか。約束にしても大阪の代表事務局長が言いだしたことです。それは聾唖者の権利で簡単に取り消した。
 大阪の代表が知らなかったことにして責任逃れをしている。聾唖者だから正義になるとしている。
 岩手は健常者の通訳がかばったという口実付けて暴走を正義の内にした。大阪は金さえ返せばけじめにもなる。岩手は謝罪取り消し無しではけじめにならない。 かばったことにして俺たちの正義を気取っている。
 それらは全国協会の理事長の容認とあっては友の会の本家に見解かけじめを理事長に求めることになります。
 されど質問一つ来ていない。暴走を容認している。
 全国協会理事長は全国の友の会にあいつの相手するなと号令掛けている。全国の盲ろう者の実態調査の結果は望めば貰えるはずが11ヶ月しても届かない。質問一つ来ていない。要するに俺たちの仲間を守れ。それが正義だと言っていることになります。理事長自身が差別を容認している。
 暴走しようと見解はおろか質問一つ来ていない。何度も手紙を出している。メールも掛けている。どうして親が馬鹿だというのか見解を求めます。
 大阪は聾唖者だから仕方なくもがめついだけしか残らない。謝罪も取り消しもしないまま俺たちの正義を気取る岩手に対してはその本家の理事長に決断して貰うしかありません。同じ障害の人や通訳とは差別が福祉の容認で丸7年も付き合いがない。小異会社は支援するという本家が相手にするなとしか言わないのですか。どうして親が馬鹿だというのですか。責めているのは聾唖者ではなく通や奥です。責めていないのにかばったという口実を盾にしている。福祉にすれば岩手の看板としてみて見ぬふりしかしない。其方は全国の友の会の本家で最高責任者の立場です。全国大会の中で岩手に釈明を求めようとしましたが参加取り消した。 逃がしたのですか。妻の生きている内に復権を勝ち取りたかったが8月に亡くなりました。それも口封じのためどこからもお悔やみも来ない。県中知られて居ます。この先別の団体に行くにも妨害される。社協も協力しない。其方は知らん顔だけで相手にするなとしか言わないのですか



 

 がめつい大阪と逃げ回る岩手の共通点

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2013年11月 2日(土)10時22分41秒
   大阪ががめつく正義の行動を気取ることは全国から非難が来ています。暴走しようが免罪符があり許されるというのか。年会費を払い約束まで交わしながら4ヶ月で交信ストップしている。
 同じ障害の人と交流することに事務局長自ら決めたこと。
 相手にするなと言うのは岩手の友の会の圧力だろう。余所の団体に行くことは口封じの悪口妨害しかでない。
 岩手にしても親を馬鹿にして謝罪も取り消しもせずに俺たちの正義を気取っている。
 大阪の事務局長は聾唖者。知らなかったと言えば許されるが、仮にも県の団体の責任者。約束はともかく金だけ取って知らん顔のがめつさは非難は避けられない。
 岩手の事務局長で逃げ回ること間もなんく11ヶ月になる。聾唖者と一体の免罪符扱いが暴走しか出ない。がめついしか目立たない大阪に対して岩手は暴走しか目立たない。
 全国協会理事長はこれらに特権をやったかのように許可してる。
 聾唖者への聞こえない事への配慮としてはともかく通訳への暴走許可は果たして必要か。かって理事長に手紙やメールで岩手の暴走を抗議したが質問一つ、見解一つ来ていない。反対に全国の友の会にあいつの相手するなと号令を掛けられている。
 頂点に立つ理事長さえ俺たちの仲間という発想しかしないのか。盲ろう者の実態調査の結果は望めば貰える形になっていて請求しているがそれさえも11ヶ月知らん顔のままにされている。会員でなくなって差別していることになる。
 大阪と岩手の暴走は許可された形になっている。
 見解一つ来ないままでは自分で考えて来た結果として理事長への非難になる。
 大阪は聾唖者だから金は返すだけでもけじめは付くだろう。岩四手は暴走そのもので口封じ一人残らずにされ通訳も同じ障害の人とも丸7年関われない差別が福祉の容認で来ている。
 妻のために復権求めたが口封じのままにされ亡くなってもどこからもお悔やみも来ない。来たのは掲示板を読んだ人と団体に入っていない人だけになった。
 復帰は望まないが復権しないと何も支援は受けられない。どうして親が馬鹿だというのかその見解さえどこからも来ていない。岩手の事務局長は謝罪取り消ししか望まない。これも理事長の決断にかかってくる。全国大会の席で岩手に釈明を求めたが参加取り消して逃げた。事務局長は掲示板の中に入り妨害ばかりかお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これが理事長も認める岩手の誇るボランティアなのか。恥さらしではないか。その奥さんは大本家に脅迫電話している。
 岩手の福祉課は岩手の看板の暴走は見なかったことにするしかしない。親を馬鹿というのも福祉さえ認めたらと言うだけ。
 掲示板の中に入って妨害ばかりかお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。 これが理事長も認め岩手の誇るボランティアか。その奥さんは大本家に脅迫電話寄越している。恥さらしではないか。
 理事長の沈黙は免罪符のせいと思うけれど暴走は暴走ではないか。それでも当然だというなら見解を言うべきではないか。こちらも盲ろう者です。

 

 頂点に立つ人の真意とは   

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2013年10月29日(火)09時39分10秒
   理事長に聞いてみると言ったままですが返事は相手にするなと言うのですか。
 全国協会の理事長には全国の友の会に相手にするなと号令をかけられて居ます。 こちらは盲ろう舎です。通訳団体の暴走がこちらに何一つ質問もなく見解無しで暴走が正当化されている。
 正義扱いですか。障害者は支援するという団体の理事長が見解抜きで一方的に決めるのですか。こちらから手紙を何度も出してえいます。メールもです。バックを持たないと相手に出来なく金も返さなくていいというのですか。
 野心というほどの事も持たず余所の友の会に入ったのです。理事長でさえ俺たちの世界にこだわるのですか。どういう理屈で岩手の暴走が正しいのですか。聾唖者は知らなかったと言えば正当化し、通訳はかばったと言えば正当化する。それではこっちの親が馬鹿だというのですか。
 岩手の友の会事務局長は謝罪も取り消しもしなく逃げ回るだけ。約束も詫びることもしない聾唖者は責めても無駄としても始めから通訳相手です。見解一つ来ないまま正義扱いですか。頂点に立つ人なら何故親が馬鹿だと言うのか説明してください。
 岩手の友の会事務局長は逃げ回るのが正義というのですか。掲示板の妨害ばかりかお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これが理事長も認める岩手の誇るボランティアですか。その奥さんは大本家に脅迫電話をしています。
 暴走目こぼしが通訳にも行っていることになる。それを説明して貰いたいです。
 岩手にすれば謝罪取り消しすれば済む話。大阪にすれば年会費を払っているが4ヶ月で止まっているので除名なら半分は返してくれればいい話です。がめつく一円も返すなと言うのですか。
 どっちも暴走を理屈抜きで正当化している。見解はどこからも来ていない。
 聾唖者への特別法だと言っても通訳だけ相手にしたのが岩手で大阪は門川さんでその人は聾唖者のはず。聾唖者と言っても団体の代表です。福島さんに継ぐ立派な立場の人が無責任に振る舞っている。
 こちらは現在差別も7年になります。通訳も同じ障害の人も7年相手にするなと言うままです。余所の団体はばれたら妨害される。そして妨害された。全国協会は質問さえせずに相手にするなとしか言わない。
 生活と妻のために復権を求め続けた。2月に妻が入院すると福祉は受信拒否した。 そして8月に亡くなると口封じのままどこからもお悔やみは来ない。県中知られているはず。理事長も知らせた所で知らん顔でしょう。
 通訳の暴走は聾唖者と一体の扱いで法律も曲げてしまっている。それが正義で親は馬鹿というのですか。復権を求めていても福祉も知らん顔のまま権利を盾に暴走している。
 理事長が頂点に立つ人なら見解は言えるはず。それが今も相手にするなだけですか。全国大会の中で岩手に釈明を求めようとしたら参加取り消して逃げた。差別は福祉の容認で7年も続いています。  通訳への免罪符は暴走しか出ていない。抗議して4年半。謝罪取り消し求めて逃げ回り間もなく11ヶ月です。



 

 大阪が岩手に同意なら説明を

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2013年10月26日(土)11時23分35秒
   聾唖者に法律は通らなくとも通訳は別のはずが一体の扱いしている。岩手の友の会は親を馬鹿だ。妥協しろと言い差別や圧力に宗教の押しつけ、口封じの社会参加妨害もする。抗議しても脅迫電話だけ。福祉さえ妥協したらとしか言わない。やっと公平になっても暴走通訳は逃げ回ること11ヶ月目に入る。事務局長は掲示は銀の中に入って妨害ばかりかお前の親父は馬鹿なのだとあさ笑いしていた。岩手の恥さらしではないか。
 余所の団体らに行けば悪口妨害される。
 大阪の友の会に4月から入り4ヶ月目からここの事務局長は約束を簡単に取り消し金は払っているのに除名同然交信もしない。
 岩手の友の会に問い合わせたら相手にするなとされた様子。岩手の友の会は7年も差別、同じ障害の人達と交流求めて何処が悪いのか。
 年会費払って半年も経たない内からだ。
 岩手にど同意なら何故親が馬世かだというのか見解を話したらどうか。 大阪でさえ嘘も方便にしか解決はないのか。金を取るだけにするのか。 大阪の事務局長は聾唖者て大学まで入った人。それが嘘も方便だと言い張るのか。大阪は全国2番目の巨大友の会の責任者ではないか。約束にしてもこちらが言い出したのではない。自分で言いだし簡単に取り消したこと。こちらは岩手から悪口が入ったら辞める気で居たから半金は返して貰えればいい。聾唖者だから嘘も方便で正当化される。
 岩手に同意ならどうして親が馬鹿だというのが正義なのか早く説明して下さい。
   始めから頼んだ訳でもない約束だから仕方なくもまだ半年もしていないのに除名扱い。説明不能でも金は返せるはず。
 大阪人のがめついりは通天閣より上ですか。これでも日本ナンバー2の盲ろう者ですか。協賛して払ったのに馬鹿らしくなる。早く返して下さい。免罪符は聞こえなかったときの弁解に過ぎないのに逆手に取り暴走を正当化することにしか使わないのですか。責任者らしいしくない。 返してくれれば大阪に抗議は辞めます。がめつくずるく立ち回るのでは岩手と違わなくなります。岩手は一人残らず口封じして証拠も作れうない。大阪には金払った証明は来ています。聾唖者は知らなかったととぼけても正義になる権利がある。全国の人はこんな話は信用しない。
 岩手は通訳の暴走。大阪は関わりたくないだけで知らん顔している。 岩手に同意していないなら金返すだけではないか。岩手に同意なら何故親が馬鹿だというのか答えて下さい。
 福祉は団体が暴走しても止められずこちらにも悪いとは一言も来なく大阪は岩手の団体に同意して知らん顔している。だったら説明すべき。
  岩手の友の会は見解も言えない出任せを俺たちの正義にし、福祉は妥協したらとしか言えない。
 大阪にしても同意なら見解を言うべきではないか。


 

大阪の友の会の見解。

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2013年10月22日(火)18時57分28秒
   岩手の友の会は聾唖者の自己保身から来た言葉をそうだその通りだ。 お前の親父は馬鹿なのだ妥協しろと言いだした。これは馬鹿らしくて退会した。
 後からは圧力しか来ない。自分も聾唖者だが普通校卒。聾学校出た人は手話依存で約束も詫びることもしない。
 相手は知らなかったと言えば正義扱いされる責められない相手では何も言えないのに次期会長のため過剰庇護する通訳が暴走行動した。
 悪口の圧力に宗教の押しつけや口封じの社会参加妨害。怒って抗議したら事務局長の奥さんからの脅迫電話だけ。
 福祉さえも妥協したらという。
 福祉がやっと公平になって暴走した事務局長に謝罪取り消し求めたが逃げ回ること間もなく11ヶ月目。抗議して4年半になる。
 通訳は聾唖者と一体の扱いで暴走が正当化される。
 差別などから復権を求めたが、今年2月妻が入院して追いつめられて妥協したら来たのは圧力を強め福祉は受信拒否しただけ。
 そして8月妻が亡くなっても口封じのまま県中知られているのにどこからもお悔やみは来ない。
 余所の団体に行くとばれたら悪口妨害される。
 大阪の友の会に入った。門川さんは大学卒で知られ同じ障害の人と丸7年差別から関わっていない。メールのやりとりして協賛会員として許可して貰い半年になる。
 相談相手を紹介しようと言うので是非という所で取り消した。交信が止まった。
 岩手に問い合わせて相手にするなとされたのだろう。交信と機関誌だけがそれも止まった。
 5ヶ月間だけになる。年会費は払っている。勝手でも除名扱いなら会費の半分は返して貰いたい。
 金返せとは不名誉だろうが、責任者が約束も守れずがめつく金だけで知らん顔するのはもっと恥ずべきではないか。
 約束守れなくても聾唖者だから許されるというのか。
 同じ障害者と交流を求めてはいけないのか。
 無責任を繰り返す岩手と違わなくなる。
 岩手の事務局長は掲示板の中に入って妨害ばかりかお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。門川津さんはそこまでやっていないが悪口来たら辞めることは観念なしていた。
 岩手に同意なら暴走をかばうことになる。それではどうして親が馬鹿なんですか。見解一つどこからも来ない話が正義だというのですか。大阪が代わりに返事をお願いします。がめついのと誠意どっちが売り物かと。結局がめついまま知らん顔を決め込んだ。金さえ返さない。暴走も正義の内とは大阪も同じなのか。

 

 何故こうなったか

 投稿者:名無し戦隊ナノレンジャー!  投稿日:2013年10月16日(水)08時44分50秒
   どうしてこんな事になったか逆算して考えてみた。友の会などかん口令が入ったのは4年ほど前当時友の会事務局長は掲示板に入って妨害を繰り返しお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。このこの後ぴたりと辞め、全て削除して証拠も残さず消えた。
 こちらにはかん口令も説明も無く、一方的悪のされるのかといらいらしたが、悪いとは一言も来ていない。
 掲示板は書きたい放題の再スタートになった。
 地元には火事を起こした聾唖者が大した説明もせずに警察から放免されることがあった。表向きは通訳がかばったことになっているが、クラスメートが消防団にいてこの話を知っているが話せないという。
 聾唖者は法律が通らなくて説明不能を招く。福祉は説明するより相手にするなとかん口令を敷いたのか。
 福祉はこっちに話せない理屈があったのか。
 もっと面白いのは法律の専門家も支援団体もいくら問い合わせても共通して沈黙している。始めはこっち一人悪にされるのかといらいらした。 そしてケースワーカー謝罪を逃げ回る抗議の相手に白紙化を求めて反対に口説かれて自分で言えず自分で「法方テラス」に質問して聞いてみることだと。聾唖者に対する特別法で説明不能でかん口令が敷かれたというのか。
 こっちの相手は通訳一人だが団体の代表で聾唖者と一体の扱いされている。こっちにはかん口令も説明も悪いとも来ない。
 専門家も支援団体も一つ残らず沈黙し悪いとも言わない。つまり聾唖者のやることは法律が通らないため説明不能だというのではないか。
 7月受信拒否されてから何もしていない。沈静化を待っているというのか。妻が入院したら受信拒否して亡くなったら口封じそのままお悔やみはどこからも来ない。表面化を避けたつもりか。
 いずれにしても免罪符とは通訳の暴走がしか出ない事になる。
 説明もないから自分で考えるしかなかったこと。掲示板は中途で辞めるより真実に近づけてから辞めるのがいい。専門家さえ口に出来ないのなら真実のラストは必要ないかと。
  当たっているだろうか。友の会の暴走は全国に知られてスカッとしている。もし福祉がかん口令をこっちにも寄越したら公平なのに寄越さないのも説明できないからではないか。かん口令は悪口も反論も制止されたことになり恨みを重なる相手と差別を強められるかと思う。復権はほど遠くなったが、暴走は事実でこれも一種の天罰だろう。
 真面目にやらないと信用は回復しない。
  「法テラス」の話とは証言も記録も許さない話だろう。知らぬが仏という意味になるのか。



 

 嘘も方便は全国共通か。

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2013年10月10日(木)14時16分47秒
   大阪ほど大きな団体でも嘘に何も抵抗持たないのか。聾唖者は嘘にも何も抵抗持たず繰り返す。いざとなれば知らなかったと言えば正義になるのは岩手だけかと思ったら全国共通なのか。嘘を付くのに何も抵抗持たないのか。
 聞こえないと言うことで行き届かないことから知らなかったと言うことで許されるのは判るが、責任者でもそうなのか。大阪の事務局長は自ら約束して覆した。会員として金も払っているのに知らん顔のまま勝手に除名したのは大阪人はがめついとは言え責任者のはず。問い合わせさえ答えなくなった。
 岩手の友の会にはれて相手にするなとされたのか。協賛会員として会費は年払いしている。金だけ取って知らん顔か。
 まだ半年もしていないから半分は返して貰いたい。
 と言っても相手にするなと言うのか。
 門川さんと言った。大学まで行った盲ろう者として福島さんの次の人として知られている。こんな立派な人が簡単に手のひら返すとは信じられない。大方岩手に問い合わせたら相手にするなと言われたのだろう。
 相談相手を紹介してやると言って簡単に取り消した。
 岩手は全国大会で釈明を求められることを恐れて参加取り消している。大阪人はがめついと聞くが暴走する岩手と違わないのか。
 約束守れない岩手とちっとも変わらない。
 岩手の友の会は辞めたら関係ないとして差別は福祉の容認で通訳も一人も関われない。
 抗議しても脅迫電話しか来ない。大阪はまだ辞めていないのに金だけ取って除名扱いか。会員が100人もいると一人位はと暴走するのか。
 会費の半分は返して貰うよう書き続けます。
 聾唖者と通訳は一体の扱いで免罪符が行っている。大阪もなのか。こんな事にも適用されるのか。福島さんに続く立派な立場の人がこんな事して恥ずかしくないのか。
 権力で圧殺する暴力は正義にならない。掲示板で岩手を抗議しても来るのは妨害だけ。復権がかかっているから抗議し続けてきた。


 

 免罪符がもたらしたこと

 投稿者:岩手の盲ろう者  投稿日:2013年10月 5日(土)08時00分44秒
   聾唖者の社会に法律が通らなくて免罪符みたいなのがあるらしいのは知ってるるが、団体にも行っているのか。暴走をいくら告発しても一言も触れない。
 盲ろうの全国協会は障害者は支援すると言って全国の友の会にあいつの相手するなと号令を掛けている。更に福祉を通した盲ろう者の実態調査の結果は望めば貰えることになっているのに10ヶ月しても来ない。会員でないから金払わないと駄目だというのか一言も来ていない。
 岩手の友の会は余所の団体に行こうとすると悪口妨害する。
 大阪の友の会に協賛会員として入っているが、1ヶ月交信無し。問い合わせも答えない。年会費は既に払っている。参加出来ないからと言って金だけ取って知らん顔なのか。
 事務局長は盲ろうで大学に入った人と聞いている。
 金だけ取って除名と言うには大阪は商業の町と言えどぶんどりでないか。
 それとも岩手の友の会に知れて相手にするなとなったのか。それならまだ半年もしていないから半分の会費は返して貰いたい。 謝罪か見解かと求めてもどっちもしないだだっ子の岩手と同じ事をするのか。免罪符は暴走しか出ない、いい例ではないか。
 岩手と大阪の友の会も謝罪も見解も言えずだだっ子になって居るではないか。
 全国協会にしても何故か問い合わせに答えていない。盲ろう障害当事者のことより団体しか相手ではないのか。
 ヘレン・ケラー協会にしても支援すると言うのは偽りか。問い合わせさえ答えなんい。これらの理由は説明不能な免罪符が理由ではないか。暴走そのものが正義ですと言われたような物ではないか。
 友の会を辞めて7年になりその間受けた暴走は正当化されていることになる。妻のためにもと復権を求めたが妻は8月亡くなった。そして1ヶ月過ぎてもどこからもお悔やみは来ない。県中知られているのに口封じはそのまま。
 実際妻が乳阿淫すると福祉も社協も受信拒否している。福祉は風化を待って揉み潰すことしかしない。
 これらの矛盾した話は説明不能な免罪符にある。聾唖者は聞こえなくてルールは伝わらないのだから必要でも通訳団体には必要ないではないか。暴走しかでない。こちらの親を馬鹿にして説明も詫びも来ないまま正義だというのか。大阪の事務局長も早く返事頂きたい。

 

 謝罪か見解か早く決めて下さい

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年10月 2日(水)09時44分27秒
   暴走する岩邸の友の会に対して謝罪求めても逃げ回るだけ。抗議して正確には4年と5ヶ月目。福祉が公平になっても逃げ回ること10ヶ月目。だったらどうして正義だというのか見解くらい言うべきでないか。
 見解も無しに俺たちの正義だと言い張り福祉は知らん顔か。まるでだだっ子ではないか。ボランティアは岩手の看板として目こぼしし過ぎではないか。法律の通らない聾唖者と同格扱いは暴走を正当化するだけではないか。
 どうしてなんですかと何回も福祉にも問い合わせたが来たのは妨害と脅迫電話と口封じ。果ては宗教を押しつけて改心させろとするだけ。福祉さえ相談員が密告する。暴走を正当化する見解は一つも来ていない。
 法律の通らない聾唖者と一体の扱いで免罪符という訳の判らない権利をやると説明不能になって見解も言えない話が俺たちの正義だと言い張るのか。
 こちらとしては見解も来ない話は納得できない事になる。
 自己保身の出任せが正義だというのか。聾唖者は知らなかったの一言で正義になる。それが通訳にも行くと暴走が正義になるのか。何故親が馬鹿にされ通訳はそうだ。その通りだ。妥協しろとしか言わない。俺たちの正義だと言う。妥協しろと言うのは馬鹿らしくて退会したのだ。
 辞めたら福祉の容認で差別しか来なく復権を求めたこと。
 福祉さえ妥協したらと言い拒否したらかん口令を敷き、妻が入院して追いつめられて妥協したら受信拒否。福祉は風化を待って揉みつぶししかしない。社協も受信拒否した。
 口封じのかん口令は強められた。そして妻が亡くなっても知らん顔のままお悔やみは1ヶ月過ぎてもどこからも来ない。県中知られていても口封じのまま。
 暴走した通訳は掲示板の中に入って妨害だけでなくお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これが岩手の自慢のボランティアとして福祉は必死でかばうのか。恥さらしではないか。
 7年の差別に対して復権を求めてきた。謝罪が嫌なら見解したらどうですか。どうして親が馬鹿だというのですか。岩手県盲ろう者友の会事務局長様。差別などに対して復権がかかっています。



 

暴走を正当化する説明抜きがかん口令になった。

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年 9月28日(土)07時48分25秒
   岩手の盲ろう者友の会は詫びることも出来ない聾唖者をかばうのにその通りだとけしかけるしかしないことから始まった。
 そして親を馬鹿だと妥協しろと言う。聾唖者は知らなかったと言えば正義になる。通訳団体は一体扱いで暴走も正義の内とされる。抗議しても何一つ取り上げない免罪符になっている。
 かといってこちらへそっちが悪いとは言って来ない。
 福祉は親を馬鹿だと妥協したらと言う。拒否したらかん口令が敷かれた。
 妻が入院して追いつめられて妥協したら受信拒否された。社協も。
 復権しないと何一つ支援は受けられない。7年かも福祉容認かで差別が来ている。通訳は7年受けていない。
 福祉がやっと公平になって暴走通訳友の会事務局長に謝罪ととり消しを求めたが逃げ回ること間もなく10ヶ月目になる。
 盲ろうの全国大会で釈明を求めようとしたら岩手は参加取り消した。暴走のまま逃げるしかしない。
 友の会事務局長は掲示板の中に入ってお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。宗教を押しつけて改心させようとまでされた。その奥さんは大本家に脅迫電話を寄越した手。一人残らず口封じ、他の団体に行くことも悪口で妨害して口封じする。暴走のやりたい放題。福祉は見なかったことにし志手岩手の看板を拭くことしかしない。
 親を馬鹿とは正当化されたままま。妻が亡くなって県中知られているのに1ヶ月してもお悔やみ一つ来ない。口封じのまま。
 通訳に免罪符という説明不能な特権が行くことが暴走しかでない。この特権は全国協会もヘレンケラー協会も容認しているらしくどこからも見解が来ない。しかし見解抜きで暴走が正義だという話は納得しない。謝罪がいやなら見解を口にしたらどうか。
 見解無しで合法的という理屈を説明して貰いたい。いくら岩手の看板だからと言って理屈抜きの暴走が正義になるのか。通訳は 通訳は7年も受けられない差別が続いている。
 妻のためにもと復権を求めたのに福祉さえほっかむりだけ。免罪符は暴走しか出ない。福祉の容認で差別が当たり前に来る。妻が亡くなっても福祉が受信拒否しかして居ない。掲示板に書くしかなくなる。岩手は一人残らず口封じで騒ぐなとされている。
  全国協会は盲ろうの実態調査さえ隠したいのか10ヶ月になるのに差別するのか届かない。謝罪か釈明としての見解かどっちが来ない限り後へ引けない。
 やっと49日を迎えた。暴走しても理屈抜き正義だという説明か、謝罪か復権がかかっているのだから何年経っても諦めない。説明抜きは誰でも納得しない。暴走目こぼしを続ける必要があるのか。説明不能の免罪符はまさに両刃の剣ではないか。


 

 暴走は正義の内か

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年 9月15日(日)13時48分21秒
   ボランティアは真面目なことしかしないと頭から信じる人は通訳の暴走の批判はやっかみにしか聞こえないのか。
 聾唖者をかばうのにそうだその通りだとしか言えないのか。
 お前の親父は馬鹿なのだ妥協しろといい正義にした。福祉は妥協したらとしか言わず拒否したかん口令を敷かれた。かん口令は地元の社協にも来ている。
 通訳団体は暴走しても許される免罪符というのを現実に受けている。 いくら抗議しても一言も触れない。暴走目こぼしの免罪符は説明不能のまま合法的なのか全国協会さえ知らん顔のまま全国の友の会にあいつの相手するなと号令掛けている。障害者は支援するという団体が差別を勧めている。
 盲ろうの実態調査の報告は望めば貰えるのにいくら催促しても9ヶ月も届かない。
 福祉がやっと公平になって暴走通訳岩手県盲ろう者友の会事務局長に謝罪と取り消し求めたら逃げ回ること9ヶ月。
 妻が入院して追いつめられて妥協したら福祉は受信拒否した。社協も入院を知ると受信拒否した。そして妻はお盆直前に亡くなった。
 県議会議員にも社協にも知られている。掲示板にも書いていて県中知っているはず。聾唖協会も通訳も友の会も知っているはずがどこからもお悔やみ一つ来ない。一人残らず相手にするなと口封じのまま。
 見解一つ無しに合法的で正義だというのか。団体への特権としても免罪符は暴走しか出ない。
 東京から来た法務省の相談員の謝罪せずに済む白紙化提案を蹴られた。おまけに差別は当然だと言う。訴えは反論も意見も見解も無く来たのは妨害だけ。団体の暴走で通訳は7年受けていない。それも福祉の容認で差別しか来ない。免罪符を盾に暴走している。
 妻のためにもと復権を求めたが差別しか来ないまま亡くなり更に知らん顔なのか。いくら免罪符があると言っても暴走は暴走ではないか。 掲示板の中に入ってお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしているのが岩手の誇るボランティアなのか。恥さらしではないか。福祉さえも相談員の密告もなかったことにする。風化を待って揉みつぶししかい。
  知らなかったと言えば正義になる権利を通訳にもやる必要あるのか。
 盲ろうの全国大会で岩手に釈明を求めようとしていたら参加取り消してまた逃げた。謝罪するより逃げ回る岩手の友の会事務局長とその奥さんは家の大本家に脅迫電話を寄越している。福祉は免罪符を盾に正当化するのか見解一つ来ていない。
 福祉も全国協会もヘン・ケラー協会も共通して免罪符を肯定して何一つ答えなく暴走を正当視している。謝罪の意志もなければ釈明としてどうして正義なのか見解を求めます。説明不能がかん口令になっている。それではこちらが一方的馬鹿にされたことになる。暴走でも正義だと。



 

罪と罰

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2013年 9月 3日(火)19時22分1秒
   福祉が公平になり暴走通訳に謝罪求めたら逃げ回り9ヶ月目。 盲ろうの全国大会でこちらの親を馬鹿だと言うことに対して岩手に釈明を求めたら参加を取り消しまた逃げた。全国の袋叩きを恐れたのか。
 通訳団体は県の誇り、看板として暴走も目こぼししかしない。 実際に免罪符として許されていることと全国協会も知っていて知らん顔している理由。それではこっちが悪いのかというと説明不能の特権で一般の人には不可解にしか映らない。どっちが悪いとは一言も聞かれずかん口令で口封じされている。
 聾唖者には法律が通らないのは知っているが通訳団体も一体の扱いで法律的免罪符が行っているらしく説明不能だと言うことになる。
 親を馬鹿だと妥協しろと福祉まで言いながら妥協したら受信拒否。社協にしても妻が入院したら受信拒否した。
 福祉の態度は風化を待って揉み潰してもかばうことだと判る。 いくら看板だと言っても暴走は暴走ではないか。掲示板の中に入ってお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いするのを岩手の誇るボランティアと言えるのか。恥さらしではないか。
 全国大会では間違いなく全国の袋叩きになっていたろう。
 一人残らずの口封じで妻が亡くなったことは社協にも福祉にも県議会にも知られているのにお悔やみ一つ来ない相手にするなと言う声で囲まれている。
 これでは諦めて余所の団体に行こうにも悪口妨害しか来ない。
 暴走を正義にすり替えてもかばう必要はあるのか。
  親父の葬式には今の会長と県の3役からお悔やみが来ていた。
 ネズミ小僧も所詮は泥棒として最後は捕まっている。いつか天罰が行くことを祈るだけになる。
 しっこく復権を求めているのは友の会を辞めた後は通訳さえ差別して7年も関われないのだ。妻のためにもと急いだが亡くなってしまった。来るのは圧力だけ。福祉はそれさえ容認しているのか。
 暴走する通訳は法務省の相談員の白紙化提案も蹴る暴走振り。おまけに差別は当然だという。
 聾唖者をかばうのにそうだその通りだとあおるしかしないために出た話ではないか。
 聾唖者は知らなかったと言えば正義になる権利を持っていて責められないのに何故同情しろと言うのか。通訳の存在を聾唖協会にアピールしているだけになる。そして免罪符は暴走しか出ない。



 

掲示板管理人さんへ 

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年 8月24日(土)20時47分39秒
   掲示板という場所を貸して貰うだけでも感謝します。妻は14日の夜に亡くなりました。こちらは盲ろう者連絡も届かず死に目に会えなかった。間接的入ったニュースは勘違いを招いてしまい後から非難の声しか出なくなる。今は息子が居ますがやがて職場に戻ると一人暮らしです。
 あいつが悪いという風当たりしか出なくなります。通訳やボランティアとは7年も関わっていない。
 岩手には更生相談所がありますがここは余所へ頼めと言われている。つまり通訳団体は岩手の看板であり暴走しようと免罪符があるらしい事。それをヘレン・ケラー協会も全国協会も知っているらしく一言も質問も来ない。免罪符は説明不能になりかん口令になり、受信拒否になった。
 相手にするなと言う声のまま妻は亡くなった。
 身内からも福祉を困らせるのはもう辞めろと。
 願わくば掲示板のことが派手に騒ぎになれば岩手の友の会は全国から非難される。これだけでも仕返しになり後は諦めるしかないのか。妻が亡くなったことは知られているはずがどこからもお悔やみが来ない。大阪の友の会事務局長と知り合い掲示板も知られたが、免罪符に逃げ腰になったのか。後見人は社協の理事。それで丸4年も関わらなくなり、香典は来たけど顔は出さなかった。こっちが間違っていても質問も反論も見解も一つも来ていない。相談出来る人さえ免罪符のために出てこない。
 法律上ろうあ者は暴走しても責められない。おまけに通訳は一体の扱いらしくそれが免罪符の扱いにされ説明不能にしかならなくこっちへの圧力は容認されている。妻が亡くなったと知っても知らん顔している。
 受信拒否のせいで福祉課も社協も関わっていなく掲示板だけになる。ボランティアさえ誰一人付き合えない通訳抜きです。更生相談所も知らん顔している。かん口令は県庁規約らしいことです。他の人から見ると疑問でも聾唖シャォの社会は法律も通らない。
 諦めろと言う声しか出てこない。無念な気分です。
 掲示板を読んだ人が理解し岩手に疑問から騒ぎになれば岩手への非難になる。この時期に集中したのは全国大会が23日から3日間あるからです。それを岩手は釈明求められることを恐れて参加取り消した。ずるいことしかしない。
 免罪符を盾に暴走する団体が岩手の誇る団体なのか。法律上責められない相手を同情しろと言うのは暴走行為ではないか。








 

通訳ボランティアは免罪符を持っているのですか。

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年 8月14日(水)12時19分53秒
   初めは自分で判断できない聾唖者の自己保身からの暴走。けれどこれは自分で判断できない人のやったこととして福祉もこちらも仕方のないことと見ています。ところが通訳は聾唖協会を気にしてそうだその通りだと言いだしたこと。トラブル聾唖者は会長のためごますりした。いいなりになれば家庭崩壊しかしなく表面化すると聾唖協会とも付き合えなくなる。だから退会した。
 それから圧力の掛け放題。宗教の押しつけ。相談員の密告から別団体に行くのも悪口妨害され内定が断られた。抗議したら脅迫電話だけ。
 福祉は妥協したらとしか言わず拒否したらかん口令を敷いた。暴走通訳は掲示板の中に入って妨害だけでなくお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これが岩手の自慢のボランティアか。恥さらしではないか。脅迫電話を受けた大本家はあんな社会と関わるなという。
 聾唖者と通訳は一体の扱いで冶外法権的免罪符があることを示している。全国協会もヘレン・ケラー協会も知らん顔しかしない。
 それをいいことに暴走も度が過ぎる。天罰を加えたいです。法律上見解無しの正義としてまかり通っている。説明不能が支援団体もみんな知らん顔している。暗黙の法律でガードされている。
 しかしそれをいいことに圧力は7年もそのままに福祉容認の差別になっている。
 東京からの相談員の白紙化も今までの暴走を棚に上げて口の利き方が悪いと「蹴った」。暴走の限りを尽くす人を許せと言うのですか。福祉が公平になっても謝罪取り消しは「逃げ」回るだけが8ヶ月です。更に全国大会の席で釈明を求めようとしたら「また逃げ出した」。突然参加取り消した。
 おまけにトラブル聾唖者は会長になり一人残らず口封じの抹殺指令を出した。これでは証拠も作れない。掲示板に書くしか抵抗できなくなる。
 復権しなければ障害者として受けられる権利は何も受けられないのです。妻が病気それもガンでも地元一ノ関社協は問い合わせさえ答えない。妥協しろと追いつめられてやったら福祉は受信拒否とかん口令を強めただけのため取り消した。一人では無理。誰か天罰を。
 通訳に規制が行かない限り復権は出来ないことになる。そして別の団体に行ったらと言っても悪口の口封じ妨害しか来ない。暴走を許せとは無理な話です。聾唖者は知らなかったと言えば正義になり責められない。通訳は免罪符で暴走しかでないことになります。それを許せとは矛盾するだけです。法律が矛盾している。

 

 汝の敵を愛せよと言うが

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年 8月 9日(金)11時55分42秒
   真のボランティアは許せる心を持っている。高名なボランティアの講演会ではこう話している。「自分が一生懸命生きていかないと命の尊さは判らない」と。
 初めは聾唖者の自己保身からの暴走。けれどこれは自分で判断できない人のやったこととして福祉もこちらも仕方のないことと見ています。ところが通訳は聾唖協会を気にしてそうだその通りだと言いだしたこと。トラブル聾唖者は会長のためごますりした。いいなりになれば家庭崩壊しかしなく表面化すると聾唖協会とも付き合えなくなる。だから退会した。
 それから圧力の掛け放題。宗教の押しつけ。相談員の密告から別団体に行くのも悪口妨害され内定が断られた。抗議したら脅迫電話だけ。
 福祉は妥協したらとしか言わず拒否したらかん口令を敷いた。暴走通訳は掲示板の中に入って妨害だけでなくお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これが岩手の自慢のボランティアか。恥さらしではないか。脅迫電話を受けた大本家はあんな社会と関わるなという。
 聾唖者と通訳は一体の扱いで冶外法権的免罪符があることを示している。全国協会もヘレン・ケラー協会も知らん顔しかしない。
 それをいいことに暴走も度が過ぎる。天罰を加えたいです。法律上見解無しの正義としてまかり通っている。説明不能が支援団体もみんな知らん顔している。暗黙の法律でガードされている。
 しかしそれをいいことに圧力は7年もそのままに福祉容認の差別になっている。
 東京からの相談員の白紙化も今までの暴走を棚に上げて口の利き方が悪いと蹴った。暴走の限りを尽くす人を許せと言うのですか。福祉が公平になっても謝罪取り消しは逃げ回るだけが8ヶ月です。更に全国大会の席で釈明を求めようとしたらまた逃げ出した。突然参加取り消した。
 おまけにトラブル聾唖者は会長になり一人残らず口封じの抹殺指令を出した。これでは証拠も作れない。掲示板に書くしか抵抗できなくなる。
 復権しなければ障害者として受けられる権利は何も受けられないのです。妻が病気それもガンでも地元一ノ関社協は問い合わせさえ答えない。妥協しろと追いつめられてやったら福祉は受信拒否とかん口令を強めただけのため取り消した。一人では無理。誰か天罰を。
 通訳に規制が行かない限り復権は出来ないことになる。そして別の団体に行ったらと言っても悪口の口封じ妨害しか来ない。暴走を許せとは無理な話です。聾唖者は知らなかったと言えば正義になり責められない。通訳は免罪符で暴走しかでないことになります。それを許せとは矛盾するだけです。法律が矛盾している。


 

免罪符は暴走しか出ていない

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2013年 8月 5日(月)15時10分39秒
   岩手の友の会は掲示板を読んでいち早く全国大会を参加取り消しした。釈明するより福祉の望むように風化を待って揉み潰すには騒がず沈黙だけと言うことか。
 東京から来た法務省関係の相談員の白紙化をこれまでの暴走を棚上げにして口の利き方が悪いという理由で蹴った。余計に騒ぎの種ではないか。蹴ることだけでもそのまま上に岩手の暴走の態度が報告されてしまうのだ。聾唖者と違って責任能力はあるはず。
 おまけに差別も当然だと言い張る。
 親を馬鹿だと言うことは失言でも詫びれは済むはずが出所が県の会長のため取り消すより正義にした。福祉は団体を取りたくて何をやろうと見なかったことにする。
 見解はどこからも来ないまま仲間を守れ。それが正義だと決められた。福祉さえ反対に妥協したらといい、拒否すればかん口令を敷いた。
 来年も全国大会で岩手に釈明を求めるから来年も参加できなくなる。
 何故こうなったのか予想も付く。通訳と聾唖者は一体の扱いでかばったことにすれば殺人以外は全てどんな暴走でも福祉は見なかったことにするからだ。基準もなく説明不能では余計に暴走しかしない。
 それは免罪符みたいなのが実際に有り説明不能な暗黙の法律があるらしいこと。それは見解無しで正義だといい、福祉は知らん顔しかしない理由ではないか。
 しかしネズミ小僧でも所詮は泥棒として捕まりはりつけになっているのに岩手の友の会はボランティアだから、岩手の看板で誇りだからと暴走行為はどんなに激しくても見解無しで正当化されている。
 こちらが抗議をしっこく繰り返すのは復権がかかっているからだ。諦めれば福祉容認で強制的圧力の差別しか来ない。通訳は7年も関わっていない。かん口令は地元の社協絵にも来ている。障害者として受けられる支援は何一つ受けられなくなる。家族が病気でも社協は問い合わせ一つ答えない。
 孤立化に追いつめられて妥協しても福祉は受信拒否し、かん口令を強めただけ。結局取り消した。
 第一詫びることも出来ない聾唖者への模範として謝罪すべきではないか。やりたい放題のまま詫びもせず正義だというのか。
 せっかく福祉が公平になって暴走通訳に謝罪取り消し求めたら逃げ回ること8ヶ月になった。通訳を見習っている聾唖者はこれでは悪いことだけ先に覚えて抵抗無く詫びることもしないだろう。
 いくら免罪符があるとしても基準無く暴走のやりすぎは明らか。説明も見解もないまま正義だと言い張るのか。


 

友の会は福祉にとって必要悪に過ぎないのか。

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年 8月 1日(木)00時09分9秒
    聾唖者の勝手な自己保身から口を利いたこともない親を馬鹿だと悪口流され、岩手県盲ろう者友の会事務局長がお前の親父は馬鹿なのだ。妥協しろと言いだした。
 一人っ子にこの話では家庭崩壊しかしない。
 馬鹿らしくて退会したが、後から悪口の圧力。宗教の押しつけ。社会参加(別の団体に)は相談員の密告から友の会が悪口妨害され内定が取り消された。
 怒って抗議したら大本家に脅迫電話だけ。福祉は妥協したらとしか言わず暴走は見なかったことの扱いだけ。妥協しないことからsかん口令を敷かれた。
 トラブル相手の聾唖者は会長になり一人残らず口封じ抹殺を計られた。今年2月妻がガンにかかり入院。これ以上孤立すべきでないとされ親を馬鹿だと妥協宣言したら来たのはかん口令を強めたことと福祉課は受信拒否してきた。
 かん口令は地元の社協にも来ている。
 少し前に福祉が公平になって暴走通訳に謝罪取り消し求めたガ逃げ回ること8ヶ月になる。
 東京の専門相談員聴覚障害者ソーシャルワーカーと知り合い7月に友の会の暴走通訳に白紙化の話し合いを求めた。
 それが今までの暴走の数々に一言も触れずに口の利き方が悪いと蹴った。法務省の関係者を蹴るとは。それに差別は当然だと言い張る。
 福祉は団体を岩手の看板にしたくて抗議に何一つ触れず風化を待って揉み潰そうとしかしない。
 福祉が団体優先はともかく暴走は目こぼししかしないのも合法的なのですか。かん口令は障害者として受けられる権利も受けられなく福祉容認で差別しか来なく通訳は7年受けていない。
 退会して7年。抗議して4年2ヶ月。掲示板に抗議しても妨害だけしか来ない。
 暴走通訳は掲示板の中に入って妨害ばかりか宗教の押しつけ、お前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これが岩手の自慢のボランティアか。恥さらしではないか。とこからも見解一つ無しのまま正義だと言い張る。俺たちの仲間を守れ。それが正義だというだけ。
 団体優先は予期しても暴走目こぼしも合法的なのか。
 まるで免罪符を持っているようなやりたい放題。7年も通訳は頼めない。
 この有様を掲示板に書き続けています。それもかなりの数。妨害や規約にな触れたのもあってかなり減ったが。
 岩手の福祉や友の会のやることは合法的ですか。
 盲ろうの全国大会て岩手に釈明を求めようとしたら岩手は不参加とまた逃げた。こちらへの圧力が合法的なら何故なのか見解は来ていないし。数でねじ伏せて作り上げた正義に見解無用なのか。


   ただ今妻は入院中でボランティアとも上の話の通り付き合い無く電話は使えません。岩手の友の会は掲示板を読んでいて全国大会参加取り消しした。



 

 早く釈明を求める。

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年 7月22日(月)12時15分42秒
   盲ろう者の社会は何処も団体優先で通訳が暴走しても目こぼししかしないのですか。岩手の福祉課は親を馬鹿とは妥協求め拒否したら受信拒否にかん口令の口封じ。全国協会は相手にするなと号令を全国の友の会に掛ける。ヘレン・ケラー協会は知らん顔のまま。団体を取りたくて暴走しようとお構いなし。
 団体優先の前にどうして見解無しのまま正義扱いするのですか。 目こぼしはさらなる暴走に繋がる。
 どうして親が馬鹿だというのかまず見解を言う必要が出るではないか。岩手の友の会は反省より口の利き方が悪いと言い差別を当たり前だと専門の相談員を蹴った。白紙化を蹴ると水沢の会長も復権出来ず実家に帰れなくなる。謝罪も弁解も出来ないのだから。
 福祉は暴走絵のやりたい放題を見なかったふりしか出来ないのですか。詫びることも出来ずそのまま正義だと言い張るのですか。福祉のしたのは受信拒否とかん口令だけ。
 団体を辞めても付き合える人はいるのに何故一人残らず相手にするなという圧力が必要なのか。かん口令は地元の社協にも来ている。更にトラブル聾唖者は会長になり一人残らずの口封じが来ている。家族が病気では復権しないと何も支援は受けられない。 福祉は何故差別まで容認するのか。
 今更言うまでもなく友の会の暴走は親を馬鹿にするだけでなく悪口の圧力。宗教の押しつけ。相談員なの密告から社会参加の妨害。怒って抗議したら来たのは事務局長の奥さんからの脅迫電話だけ。祉は何事もなかったようにしただけ。
 暴走通訳友の会事務局長は掲示板に中に入って妨害だけでなく宗教の押しつけやお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これでも岩手の自慢のボランティアとして福祉は必死で汚れを拭き取ろうとする。あまりの汚さに取っ替えれ良いではないか。
 ちょっと前福祉が公平になって暴走通訳に謝罪取り消し求めても逃げ回ること間もなく8ヶ月。岩手の誇りのどころか恥さらしてだはないか。こっちにしても復権がかかっている。
 聾唖者は法律的にも責められなくこちらも責めていない。団体の通訳は一体扱いの特権なのか。暴走しても構わないというのか。見解さえ言えなくても誰も納得しない。
 いっそ全国協会の全国大会の席で岩手に釈明を求めたらどうか。 嘘で切り抜けるしかなくなる。密室では見込み無い。筋の通った話でないと納得しない。冶外法権みたいにな団体だから正しいという理屈はない。正しいかは全国の人達が判定する。


 

親を馬鹿というのが合法的か

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年 7月16日(火)22時21分30秒
   福祉に対して 家族の病気でこれ以上孤立すべきでないことから親を馬鹿だと妥協宣言したら来たのは福祉課の受信拒否とかん口令を強められただけ。抗議して4年と2ヶ月。福祉の姿勢は風化を待って揉み潰そうとするだけ。抗議に出向いても課長は雲隠れ連発しかしない。
 この少し前は福祉がやっと公平になって暴走通訳に謝罪求めたら逃げ回るだけが7か月。かん口令は地元の社協にも来ている。 来るのは差別の容認だけで何も支援は受けられない。
 東京から来た相談員が白紙化で友の会に電話したら蹴られた。 これまでの数々の暴走に一つも触れず口の利き方が悪いと言う。 更に差別は当然だという。相談員の口から岩手の態度はそっくり法務省に伝えられる。
 暴走通訳は掲示板に入り妨害や宗教の押しつけばかりかお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしている。これが岩手の誇る自慢のボランティアとして福祉は暴走しても目こぼししかしないのか。 そしてそれは合法的なのか。
 聾唖者を責めていないのに一体化の扱いで法律も通らないのか 専門家さえ知らん顔している。全国協会もヘレン・ケラー協会も他支援団体が揃って知らん顔している。全国協会は障害者は支援すると言って反対に全国の友の会にあいつの相手するなと号令を掛けている。何処の団体も団体優先にして個人は相手にしないのか、団体としても友の会の暴走は丸見えではないか。それほど通訳団体は冶外封建的権利を持っているのか。暴走は正当なのか。岩手の更生相談所も専門施設が余所へ頼めという。
 親を馬鹿にして正義だと暴走に福祉さえ妥協したらしか言えないのか。それも説明としての見解はどこからも来ていない。納得する訳がない。通訳はかばったという理屈が冶外法権になるのか。福祉は通訳団体の暴走を止めることも出来ないのか。県庁規約は親を馬鹿にしても合法だというのがあるのか。それも説明できず見解無しで正当化されるのか。団体を岩手の看板にしたくて必死でかばうだけなのか。
 こちらに話せないなら「盲ろうの全国大会の席で岩手に釈明を」求めたらどうです。専門家さえ説明できない暴走しても正義だという理屈をそれも密室でなく全国の人達の前で説明して貰いたい。
 一般の人はボランティアは立派なことしかしないイメージ持っているからそんなばずはないと見られる。説明不能がかん口令になったこと。聾唖者をかばうのに知らなかったことにしてやるとかそうだその通りだとしか言わないままでは繰り返され分別は身に付かない。詫びることも出来ないまま嘘も方便がそのまま正義にされてしまう。通訳の過剰庇護暴走が招いたことだ、。




 

 見解無しで正義と言う理屈

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年 7月 6日(土)14時10分57秒
   宗教の中に慈悲という言葉はよく使われ勧誘する時の第一歩とされる。押しつけでは只のお節介になる。
 小学の頃に読んだレ・ミゼラブルは無償の愛をテーマにしている。押しつけては人の心も変わらない。
 この本を書いた人は本物の宗教家ではないか。
 今尚記憶に残っている。
 ボランかティアとして有名な人の講演会の話にしても「自分が一生懸命生きている事が命の尊さが判るという」。
 それに比べると今の見せかけ、押しつけ、過剰庇護して正義だと言い張る岩手の手話通訳ボランティアは果たして本物と言えるのか。
 宗教家がボランティアをやるのは無理に近いが。過剰庇護からそうだその通りだとか知らなかったことにしてやるとしか言わない通訳は過剰庇護、暴走でも正義気分で居る。福祉にしても団体を県の看板として暴走でも見なかったふりしかしない。
 知らなかったと言えば正義になる相手をつまり責められない相手を同情しろと圧力加えて拒否すれば一人残らず口封じの相手にするなと会長自ら号令かける。福祉さえそれを妥協したらといい拒否したら箝口令を敷いた。偽物のボランティアを福祉は県の誇りと見て必死でかばう。
 色々言いたいこと言っても反論、意見も質問もなく見解も来ていなく暴走通訳は掲示板の中に入って妨害とお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。
 聾唖者の自己保身から来た親の悪口がそうたその通りだ。岩手県盲ろう者友の会事務局長が妥協しろとなって退会した。福祉は妥協したらとしか言わないまま拒否したら箝口令だけ。それは地元の社協にも来た。風化を計り揉み潰そうとしかしない。
 通訳団体の全通研は宗教を押しつけて改心させようと計られた。別の団体に行こうにも悪口妨害で口封じを計られた。抗議すれば来たのは事務局長の奥さんからの脅迫電話だけ。
 暴走も正義の内とする通訳達だけでなく福祉さえ見解一つ無しのまま親を馬鹿だと言い風化を待って揉み潰そうとしてかばう。
 岩手の盲ろう者友の会を辞めて7年。抗議して4年2ヶ月。福祉が公平になっても逃げ回ること7ヶ月目。どうしてこんな暴走行為が正義にされるのか。和解は無理でも白紙化さえ拒むのか。
 口封じは一般会員の耳に入れないためでもある。真面目に学ぶ人達から見るとイメージが狂うではないか。

 この話は全ての疑問は答えずに口の利き方が悪いというだけと言う理由で相談員との会見は拒否された。それはどうしてだか全国大会の席で岩手に釈明を求めたい。全国の人の前で嘘が通じるか。
 親を馬鹿というのも脅迫電話も口の利き方より罪は軽いのか。
 掲示板に訴えてもボランティアがそんな事するはずがないとして耳栓したがる人ばかりだが、この話が現実です。真面目にやる人は信じられなくなるだろう。白紙化を拒否したことは水沢の会長も相当な心臓でないと実家に帰れなくなります。
 和解はとても無理と思った通りになった。ともかく復権しないと社協さえ動かなく福祉容認で差別しか来ない。

 

 色あせるボランティア神話

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 6月 8日(土)10時20分50秒
     ボランティアとは立派なことをやっているイメージから批判的な話は事実でも目を背けたくなる。
 福祉は岩手の友の会を岩手の看板にしたいため暴走しても何一つ触れず反対に箝口令を敷かれた。
 トラブル相手は会長になり口封じの抹殺指令が出され誰一人付き合えない。箝口令と口封じが一人残らずでは証拠も作れけな委。
 少しは判ってくれる人でも3つの団体に個人では福祉も知らん顔しかしない。
 そして別団体に行ったらという話も相談員の密告から悪口妨害されている。口封じの為に。改心させようと宗教の押しつけも福祉の容認でしっこく来た。怒って抗議すれば脅迫電話だけ。
 聾唖者を過剰庇護して暴走も正義の内とこちらの親を馬鹿にした出所が会長では正当化された。
 福祉がやっと公平になって暴走通訳に謝罪取り消し求めたら逃げ回ること半年になる。
 諦めて別団体に行ったらとしても、口封じに悪口妨害されては動けなくなる。
 専門の相談員と出会い圧力へのガードとなって別の団体に行く相談をする。
 箝口令は社協にまで来ている。これでは妻が病気でも何も支援は受けられない。 復権がかかっている。
 既に他県の友の会に入っている。ばれても妨害は出なくなる。
 水沢のサークル会長は郷里で恩師に口が滑ったか、こちらの親と恩師を小馬鹿にして謝罪も出来ない。謝罪は友の会の暴走が明るみに出る。知らん顔は実家に胸を張って帰れなくなる。自暴自得の天罰だ。弁解も出来ないのは仲間を守れという口封じに同意しているからだ。
 暴走した通訳は掲示板の中に入ってお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これが岩手の自慢のボランティアか。ボランティアはかっこいいとは色あせた神話だ。ネズミ小僧も所詮は泥棒なのだ。相手は岩手北上のフランケンシュタイン。


 

 繰り返される暴走

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年 6月 7日(金)21時29分17秒
   先に書いた話に岩手県盲ろう者友の会事務局長は福祉が公平になったことで謝罪取り消し求めたが逃げ回ること半年になる。親を馬鹿だと言うことも出所が県の会長とあって正当化された。
 水沢のサークル会長は地元の1年後輩。その人が恩師に逢ってこちらが友の会を辞めた理由を小馬鹿にする話をした。恩師は友の会事務局長の奥さんから脅迫電話を受けている。
 不愉快な話だったという。
 それでどこからそんな話聞いたのかと手紙を出したが返事がない。実家に行くと関わりたくなく門前払いされた。それで集会所に出したら受け取り拒否を繰り返された。
 辞めた理由は親を馬鹿にして妥協しろと言うのを拒否してのこと。話して無く6年も逢って居ない。
 大方親を馬鹿だと認めなくて辞めていったと言えず嘘の辞めた理由を聞いて口が滑ったと思う。それでも仲間を守れと口封じに同意して知らん顔していることになる。
 親父も恩師も知っている人が馬鹿にする言い方したのだ。
 謝罪すれば友の会の暴走が明白になる。知らん顔なら地元に胸を張って帰れなくなる。
 仲間を守れ。それが正義だという社会のこと。過剰庇護、暴走しようが正義の内という解釈しかしない。結局知らん顔している。

  地元の社協に箝口令が入っていては何も支援は受けられないとして復権求めているが、団体は暴走しようが岩手の看板として全てを目こぼしされている。口封じのため一人残らず相手にするなとされ別の団体に行こうとしても悪口妨害が既に相談員の密告から入っている。これが岩手の看板団体なのか。他県の友の会に入っている。

 

 岩手県盲ろう者友の会事務局長様

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 4月17日(水)09時32分56秒
    社協も福祉課もいつまで待っても返事は来ない。相手はたかが障害者の一人に過ぎないという訳で必要悪癒着し過ぎて切れない通訳団体を目こぼしして正義にしようと押し通すのか。見解さえ言えなくては弁解も利かない。
 そちらがあれほど親を馬鹿だと妥協しろと言って妥協したら口封じの箝口令をそのりままにしただけか。
 県庁規約の障害者個人はどんなに困っても相手にするなと言うのを福祉さえ守るだけにする。
 暴走を正義にしてかばうにはやり過ぎ。法律も通らない相手を何故同情しろというのか。責められないだけではないか。それは始めから知っています。知らなかったと言えば正義にらなると本人が言っていたのだから。
 通訳相手なのにそれも責められないのは聾唖者と一体扱いかと思っていた。結局福祉にとってボランティア団体は必要悪だという訳で切れないということですか。見解も言えず理屈も通らない訳だ。
 福祉は守ってあげたいばかりに差別も暴走も目こぼし同意容認し過ぎて来た。7年も相手にするなと言う圧力のままです。それも説明も出来ない。
 掲示板の中に入ってまでお前の親父は馬鹿なのだというのが岩手の誇るボランティアであることにしておきたいのか。ばれたら全国の笑い物であり岩手の恥さらしではないか。それも掲示板を通してとっくにばれている。抗議に脅迫電話寄越したことも相談員の密告も福祉は容認してもかばい続けている。掲示板でばらしていると口封じの意味もなくなのます。
 その掲示板を妨害だけで意見も反論も見解も来ないまま使えなくされた掲示板がかなりになっても更に増やしたこと。もうすぐ抗議して3年だというのにいつまでしがみついているのか。岩手のメンツでなく恥さらしではないか。ついでに岩手の友の会は盲ろうの全国大会で全国の人達の前で釈明したらどうです。嘘で切り抜けるしか無くなる。
 根底にある俺たちの世界とは馬鹿らしく聞こえる。それは差別とトラブルしか出ない。こちらの親を馬鹿だという人しかいないのだから。
  結論から言うと暴走通訳の目こぼしより謝罪取り消しするか、福祉が先頭に立って双方悪口辞めろとして白紙にすると釘を刺すのが公平ではないか。福祉の目こぼしをいいことに謝罪求めても逃げ回ること4ヶ月目です。責任の自覚もない。
  岩手県庁福祉課課長及び社協様経由


 

岩手の全通研、聾唖協会様

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 4月14日(日)23時19分55秒
   妥協しろと言って今度は抹殺を計るのか。息のかかった掲示板は妨害できてもかなり越えている。箝口令を掛けたのが知事でも県庁規約でも構わない。その矛盾な話は跳ね返る。
 一般や他県の人は納得しない、岩手の誇るボランティアとして暴走も目こぼし正義にして貰っている。それは福祉にとっては必要悪だとして切れないからではないか。
 大体聾唖者をかばうのに知らなかったことにしてやるとか、その通りだとしか言えないのか。大半は大学卒なのにこの程度しか思いつかないのか。そんな事してはいけないとか、一緒に考える事をしないと繰り返され、分別が判らなくなる。こちらも聾唖者です。聾唖協会を気にしておだて過ぎている。
 妥協しても1ヶ月半。説明一つ来ていない。説明より口封じからあいつは聾唖者の敵だと勝手に言っていることだろう。誰とも関われないのは嫌われ者だからでなくそう仕向けられたことだ。
 通訳さえ独占支配して何も約束するなと来る。実際そう言う人は断っている。
 聾唖者に法律は通らなくても通訳は別のはず。謝罪は逃げ回り4ヶ月目。意見も反論も見解も一つも来なく来たのは妨害だけ。この上口封じの抹殺を計るのか。
 妻が病気でも福祉も社協も知らん顔。
 知らなかったと言えば許される相手にどうして同情が必要なんです。 責められないだけではないか。まして親を馬鹿という話と引き替えだ。岩手の通訳や聾唖者達はみんな平気で親を馬鹿だと言い切れるのですか。そしてそれを妥協しても尚抹殺か。抹殺指令は県会長から出ていた。どういう理屈なんです。
  通訳に規制が行かない限り変わりそうもない。来月で3年目です。このまま掲示板に訴えます。打開する気があったら訪ねたらどうか。
 

地元一関社協様へ妥協しても圧力のまま

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 4月14日(日)13時33分10秒
   聾学校を出た人は殆どが約束も詫びることも出来ない。猜疑心から自己保身が正義の始まりになり通訳は過剰でもかばうことが正義とされる。福祉は知らん顔しかしない。これではトラブルはこちらだけ馬鹿を見てしまう。
 約束守るより逃げて悪口流し正義に仕立てた。それを岩手県盲ろう者友の会事務局長がその通りだと言い親を馬鹿なのだ妥協しろと言う。
 馬鹿らしくて友の会を退会したら圧力と宗教の押しつけ。社会参加も妨害。福祉は裏で容認同意していて知らん顔。
 抗議しても来たのは友の会事務局長の奥さんからの脅迫電話だけ。 福祉は反対らに妥協したらと言う。
 福祉が公平になって暴走した通訳に謝罪取り消し求めたが逃げ回る事4ヶ月目。
 妻が緊急手術でこれ以上孤立はすべきでないとやむなく妥協宣言しました。ところが相手にするなという口封じはそのまま箝口令が敷かれた。盲ろうの全国協会も反対に全国の友の会に相手にするなと号令掛けられ全国的完全孤立にされた。専門の教育関係者は問い合わせすると裁判に掛けなきゃ判らないという無責任な返事一つだけ。いつの間にかこちらが悪に仕立てられ全国的完全孤立にされた。
 掲示板で告発しか無く感情的にも成り迷惑も掛けました。掲示板に来たのは意見でも反論でも見解でもなく妨害だけ。
 箝口令は地元も福祉課にも社協にも来て相手にするなと続いています。退会から丸7年です。通訳も聾唖者も誰とも付き合えない。トラブル相手は県の会長になり口封じ抹殺指令を出されていた。
  自己保身がそのまま正義にされたことになる。
 通訳と聾唖者は一体の扱いでどっちが暴走しても責められずそのまま正義にされている。妥協して2ヶ月目に入ってもこれではどうしろというのですか。
 福祉も社協も問い合わせも知らん顔している。これを正義と解釈するのですか。地元の社協が知らん顔は上からの箝口令ですか。意見さえ言えないのですか。

 

  いつまで続ける暴走目こぼしの箝口令

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 4月12日(金)08時34分35秒
   初めから個人間は関われないと言えば理屈も通る。けれど団体の好き勝手を容認して知らん顔抹殺を計っていたことの事実は消えない。初めは団体に楯突く個人の扱いしていた。知らん顔は容認の意味になる。
 人の親を馬鹿にして会長が出所と判って取り消すより正義にされ一人残らず口封じという差別も容認していた。県庁規約のおかしな事も団体の勝手を容認している事になり説明不能になる。課長の雲隠れも説明できますか。
 これらを少しも折れないのは上からの箝口令でしょう。障害者のたかが一人の扱いしている。
 やっと公平になった所で相手は逃げ回ること4ヶ月目になる。 これ以上孤立すべきでないといわれ親をを馬鹿というのは妥協宣言しても尚口封じはそのままだと確かめています。
 妻が病気でも福祉も社協も地元の福祉課も相手にしないのですか。団体優先にして無視している。
 何故どっちも悪口辞めろとさえ言えないのですか。
 親父は地元の観光に名を上げているのに地元の福祉課にあの人は馬鹿なのだと言っても暴走をかばうのですか。前課長は親を馬鹿だと妥協したらと言っていた。そして妥協したら知らん顔で箝口令を出すのすか。
 箝口令が出たとしても掲示板は全通研は息のかかった所を妨害したがそれでもかなりがあります。意見も反論も見解もないまま妨害だけです。一般の人や他県の人は納得しますか。騒ぎになる。大半は福祉、ボランティア関係です。箝口令が誰にしろ跳ね返ってしまいます。こっちを犯罪者に仕立てるしかなくなる。どういう理由にしますか。
 好い加減に双方悪口辞めろと言えないのですか。7年も口封じのままで誰とも付き合えない。
 聾唖者のかはい方くらい覚えたらどうです。その通りだとか、知らなかったことにしてやるとしか言えないのですか
 妻が病気でも地元の社協や福祉課に関わるなというのですか。
 掲示板の中に入ってお前の親父は馬鹿なのだという人を岩手の誇る通訳として必死でかばうのですか。相談員の太鼓持ちばかりか福祉の癒着も度ガ過ぎる。
 受信拒否してまで知らん顔で手紙にしました。来月で抗議は満3年です。いい加減返事ください。
  岩手県庁福祉課課長様


 

 箝口令は誰が出したのか

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 4月10日(水)14時49分33秒
   自分は盲ろう者で、盲ろう関係の掲示板2つと専門教育者への質問も裁判に掛けなきゃ判らないという無責任な返事一回切りで切られている。
 要するに聾唖者相手のトラブルは通訳も一体の扱いでどっちが暴走しても責めることは出来ない。それが法律でも説明不能は始めから障害者個人は相手にするなと箝口令が入っている様子。
 福祉も社協も全国協会も教育の専門家も共通して相手にするなとなっている。そして地元の福祉課にも圧力が行く。掲示板で非難していたらついに受信拒否された。
 聾唖者が約束守れず逃げて悪口流しそれが正義扱いされ詫びもしない。通訳はそれをその通りだ。お前の親父は馬鹿なのだ妥協しろと言いだした。馬鹿にらしくて退会した。親父と口利いたこともない自己保身の口から出任せ。
 退会した後は圧力。宗教の押しつけも社会参加妨害も福祉が裏にいた。宗教の押しつけは容認され相談員は密告も市、おとがめ無し。更に抗議しても来たのは友の会事務局長の奥さんからの脅迫電話だけ。 福祉は何一つ触れず知らん顔している。
 それは今年で7年目になる。誰一人とも付き合えない口封じの圧力だ。妻が手術でこれ以上孤立すべきでないと言われて親を馬鹿だと妥協宣言した。
 それでも口封じの抹殺指令はトラブル相手の会長の口からそのままで出ていた。確かめたこと。
 福祉がやっと公平になって暴走した通訳岩手県盲ろう者友の会事務局長を謝罪取り消し求めたガに逃げ回り3ヶ月。親が馬鹿とは会長が出所で正義に仕立てられた。
 更に妥協しても口封じはそのままにされている。上からの箝口令は団体優先にして障害者個人はたかが扱いで相手にするなとなっている。
 県庁に抗議に行くと課長は雲隠れの繰り返し。相談所は余所へ頼めと言う。県庁規約は障害者個人はどんなに困っても相手にするなとなっている。上からの箝口令指令は大臣なのか。
 妥協しても勝ち誇ったような圧力として口封じはそのままにされ、これでは障害者として受けられる権利は何も受けられない。
 勝ち誇った圧力は掲示板の妨害だけで意見も反論も見解も来ない。
 暴走した通訳は掲示板の中に入ってお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これが岩手の誇るボランティアとして福祉は必死でかばうしかしない。この上圧力は福祉の容認で差別として来る。福祉は双方悪口辞めろとさえ言えないのか。箝口令は障害者個人は無視して団体を取れという上からの指令だと言うことになる。

 

 かん口令のせいですか福祉課様

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 4月 8日(月)19時42分2秒
  上からかん口令を敷かれたら見解は言えないことになる。それとも通訳団体は岩手の誇りとし障害者個人はどんなに困っても相手にするなと言うこと。県庁規約の通りですか。
 通訳団体の暴走は目こぼしにされ、勝ち誇ったような圧力はそのままで取り消さない。
 一度は断念したがちっとも変わらない。後1ヶ月で抗議して満3年です。
 あれほどしっこく親を馬鹿だと妥協しろと言い、妥協しても知らん顔のまま。岩手県県聾唖協会会長からの口封じ抹殺指令はそのままです。暴走通訳に謝罪求めても逃げ回るだけが3ヶ月。掲示板に入って妨害だけでなくお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑うのが岩手の誇るボランティアですか。掲示板は妨害しか来ない。意見も反論も見解も来ない。説明不能ですか。全国版の掲示板を更に10も増やして告発します。たかが障害者の一匹の扱いして団体を取る。犯罪者扱いですか。 どうして双方悪口辞めろと言うことさえ出来ないで圧力容認を続けるのですか。
 宗教の押しつけも社会参加妨害も福祉が裏にいた。告発して来たのは友の会事務局長の奥さんからの脅迫電話が来ても相談員が密告しても何一つ触れていない。団体の暴走は正義の内ですか。
 かん口令を敷いたのが誰てもひるまない。
 望む通りに親を馬鹿だと妥協しても知らん顔のまま相手にらするなという口封じは会長から来ている。
 聾唖者は知らなかったと言えば正義になる。だから正しいのだというのですか。ハンディに与えられた権利に過ぎないのに嘘がばれたときの言い訳に使われている。
 何故通訳団体の暴走をいつまでも知らん顔で正義だと法律化するのですか。妥協しても妻が病気でも福祉も社協も知らん顔している。
 問い合わせさえ答えないから全国の掲示板を通して岩手の福祉課に質問します。社協もです。こちらを悪に仕立ててもかばおうとする。
 通訳が動かないとこちらは何も支援は受けられない。岩手の誇る団体のやることは暴走でも正義の内ですか。
 こちらは7年も通訳、聾唖者と関わっていません。困っても支援は受けられないことになります。それでも知らん顔している。
  たかが障害者の一人くらいとかん口令を敷いて通訳団体の暴走目こぼしにし、こちらは無視している。公平なのは一瞬だけ。これが上からの指令ですか。

 

 福祉と社協へどういう理屈なのか 

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 4月 7日(日)12時24分6秒
   福祉も社協もたかが障害者の一人くらいの扱いで団体しか取らないのが本音か。双方白紙なら見解も言えない理屈と思い、更に親を馬鹿だと妥協する大幅譲っても尚圧力は知らん顔容認したまま。
 確かめています。これは団体優先で暴走しようとかん口令を敷いたように福祉は無視しろとか、妥協しろとしかいわない。そして暴走しようと口封じしようと何も言えない規約なのか。最初にいったように双方悪口辞めろということさえしないで暴走を正当化している。
 理屈抜き無視しているだけのことではないか。宗教の押しつけも社会参加妨害も抗議しての脅迫電話も一言も触れてこないではないか。宗教の押しつけ容認と相談員の密告も。
 相手にするなと言う会長自らからの口封じ抹殺指令もそのままではないか。
 そして福祉も社協も受信拒否して知らん顔か。
 障害者個人より通訳は暴走しても正義の内の扱いではないか。
 一体どうして相手にするなという口封じの圧力が正当扱いするのか。
 掲示板に書いても来るのは妨害だけで意見も反論も見解も来ない。 受信拒否されたので岩手の福祉課、社協に宛てて全国版の掲示板に書きます。理屈抜きで団体を取り暴走は正義の内にしている事の公開質問です。
 双方白紙でないなら見解も言えない。違うなら見解言ったらどうか。 見解無しで相手にするなと言うのを正当化できるのですか。
 障害者のための団体が知らん顔している。障害者として受けられる権利は通訳抜きでは出来ない。家族が手術しても知らん顔だけとは。
 福祉が公平になって友の会事務局長に謝罪取り消し求めても3ヶ月逃げ回り親を馬鹿とは正義扱いされている。更に妥協しても会長自ら流した口封じ抹殺指令は1ヶ月半してもそのままになっている。
 見解も言えない暴走を正義扱いするより見解を話すか圧力は辞めたらどうですか。もっとも初めは団体の代表と個人的な告発だった。それが仲間を守れ。それが正義だとなって親を馬鹿にして何も抵抗持たない人だらけなのか。
 県民のための立場はいつの間にか団体のメンツが岩手のメンツとして暴走も正義の扱いですか。どんな理屈か判らないが一般や全国の人は納得しません。
 掲示板の中に入って妨害だけでなくお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑うのが岩手の誇るボランティアですか。

 

口封じはいつまで続くのか

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 4月 6日(土)18時57分28秒
   あれほど友の会事務局長の妥協しろと福祉課の妥協したらと言うのはこちらにとっては家庭崩壊しかないというのを妥協しても相手にするなという会長から出た口封じ指令はそのままになっていた。
 確かめたこと。福祉は地元の社協にも相手にするなとされている。 社協はいくら問い合わせしても答えない。
 更に福祉課も社協も受信拒否したのか届かなくなった。つまり聾唖者、通訳は一体で責められないと言って暴走は目こぼししていた。
 こちらにも白紙扱いで責めてこないのをどうしても犯罪者扱いするのか。丸7年も通訳、聾唖者と関わっていないの事。これでは受けられる支援は何も受けられない。口封じ抹殺指令は県聾唖協会会長から出ていた。
 発端は県聾唖協会会長が約束守れず逃げて詫びもせず親を馬鹿だと言いだしたこと。通訳の岩手県盲ろう者友の会事務局長が妥協しろと言いだしたのか。団体対個人の扱いで福祉とは知らん顔のまま正当化したのか。
 こちらの家族が病気でも社協さえ知らん顔なのか。
 聾唖者通訳は一体で責め咳けないと言って暴走は正当扱い野放ししている。こちらは犯罪者扱いしてもかばうのか。
 妥協しても一人残らず口封じの抹殺指令はいつ解くのか。仲間を守れ。それが正義だという社会のこと。福祉にはこれも正義扱いなのか。
 社協はメールが拒否されても手紙を何度も出している。それでも知らん顔している。県庁の福祉課もだ。犯罪者扱いしても暴走を正当扱いではないか。
 掲示板の中では妨害しか来ない。見解が言えなくてもそのまま正義だというのか。友の会を辞めてから7年になる。



 

岩手の福祉課へ

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 4月 4日(木)14時25分40秒
    ボランティアは立派なことをして福祉の代理でもある。それは岩手の誇りとしてイメージから暴走しようと目こぼししかしない。
 宗教を押しつけても社会参加妨害してもその裏に福祉が居た。
 抗議しても友の会事務局長の奥さんからの脅迫電話しか来ていない。 しかも福祉は不問にした。
 県庁からの指示で地元の社協にも圧力をかけたのですか。
 何故問い合わせに答えないのですか。問い合わせが受信拒否された。
 県庁の福祉課さえ親が馬鹿だと認めたらといい妥協したら知らん顔。 聾唖者、通訳のやることは暴走しても責任は問われなくこちらに対しても悪いとは一言も聞いていない。それは双方白紙という意味なんですか。それだと説明不能で見解も言えないことになる。
 通訳も聾唖者も7年付き合えない。通訳抜きでは障害者としての権利は何も受けられない。聾唖者と通訳は正義気分で口封じの圧力しか来ない。
   地元の社協でも相手にするなしか出来ないのか。          訪ねても県庁の福祉課みたいに雲隠れするしかないですか。何故犯罪者扱いするのですか。
 県庁さえ親を馬鹿だと認めたらといい、妥協したら知らん顔のまま口封じの圧力しか来ないのは親を馬鹿と言いだしたのは県聾唖協会の会長でそうだ妥協しろと言うのは岩手県盲ろう者友の会事務局長から一般にばれないようにし取り消すより正義にされ自己保身か来た口から出任せが正義に仕立てて仲間を守れと言う声になった。聾唖者、通訳は平気で親尾を馬鹿にする。
 妻が病気でも知らん顔しかできないのですか。
 福祉がやっと公平になっても暴走した通訳は謝罪取り消しより逃げ回り3ヶ月です。更に妥協しても相手にするなと言う圧力はそのままです。どっちも責められない白紙なら圧力も必要ないはず。
  掲示板へは妨害しか来ない。全通研の妨害は4つ位です。妨害されたらその倍にして載せています。意見も反論も見解も一つも来ない。
 どっちも白紙という説明不能では見解も言えないはず。責められないからと言っていつまて暴走を正義扱いするのですか。


 

 妨害だけ必死な姿

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 4月 3日(水)02時55分22秒
   聾唖連盟の掲示板も一方的理屈抜きでこちらの書いたのは規約を守って書いたのに3ヶ月前の分から強引に削除され更に受信拒否された。前回に続き岩手の全通研の仕業。こちらは堂々と実名で書いている。意見、反論、見解よりも妨害だけか。
 親を馬鹿だと妥協しろと言い続けていた。それを裏口でなく正面から大声で全国の掲示板を通して妥協宣言したのが。
 福祉まで妥協したらと言い続けていた。岩手は聾唖者も通訳も平気で親を馬鹿だと言えるのか。こちらにすれば家庭崩壊しかないのだ。 しかも妻が病気でも来たのは掲示板の妨害だけ。口封じが目的だと判る。掲示板に意見や反論でなく妨害だけ。福祉は団体を取りたくて知らん顔しかしないのか。そして県庁全体が相手にするなと言うのか地元の社協にも圧力が入って居た。
 聾唖者と通訳は一心同体の扱いでどちらが暴走しても責められない。こちらも同じく悪扱いされていない。つまり問題は白紙だと言うことらしいが、通訳、ろうあ者は暴走を止められないのを俺たちの正義だと勝手に雄叫び上げている。
 仲間として通訳の暴走をかばうために同情しろ。そして親を馬鹿だと認めろと全通研は家に5回も押しかける。社会参加妨害は口封じ。
 謝罪取り消し求めた岩手県盲ろう者友の会事務局長は福祉が公平になっても必死で逃げ回ること3ヶ月になる。それでも福祉は岩手の誇るボランティアとして必死でかばう。こちらに来るのは差別容認だけ。
 口封じ抹殺指令は親を馬鹿だと言いだした県聾唖協会会長から出ていた。
 福祉は見なかったふりだけ無でなく個人のこちらを悪に仕立てても団体のメンツを守ろうとしている。
 福祉も友の会も聾唖協会も全通研もあれほどしっこく妥協しろと言ってしたら強制的勝ち誇った圧力だけなのか。堂々と正面からの妥協ではこそこそにされるが、圧力には違わない。どうして親が馬鹿だというのか未だに見解も来ていないのだ。人権を無視してまで俺たちの仲間を守れとは馬鹿らしいと思わないのか。妥協しても圧力がそのままなのはすぐ判る。

 

一体どうしろというのか

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 3月21日(木)21時24分42秒
   妻が緊急入院手術となり掲示板は断念して身内からこれ以上の孤立は良くないとして親を馬鹿だ妥協しろと言う。ことは裏口から小さな声でなく正面から大声で妥協宣言した。これに対して福祉も友の会も全通研も聾唖協会も知らん顔沈黙だけ。これは後から強制的圧力は避けられなくなる。
 福祉はそのまま団体優先にして暴走でも目こぼししている。妻が病気でもボランティアは動かないのだ。
 通訳が手を貸さない限り障害者として受けられる支援は何一つ受けられない。しかも親が馬鹿だと言い出したのは岩手県聾唖協会の会長で親と話したこともないのにです。一方的正義にされた。見解一つどこからも来ていない。
 親を馬鹿だ妥協しろと言う人は盲ろう者友の会事務局長は掲示板に入ってきてお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これを岩手の誇るボランティアとして福祉は知らん顔のままかばい続けている。
 自己保身から出たことが正義にされた。通訳がそれを過剰庇護した。全通研は自信たっぷりにかばう。
 当時会長には100万近い仕事の機械を只で上げている。それもお返しは望まないと念を押したはず。処分に困ったからに過ぎない。
 家に遊びに来る理由に何故条件が必要なんですか。学校を出た聾唖者の猜疑心がそうさせたとしか思えない。それでも今まで口にもしないでいた。知らなかったと言えば正義になる相手では責められない。 それが本人から口封じ抹殺指令が出ていた。それで発端は会長だとすることにしたのです。
 全通研なはどうやって親を馬鹿だと福祉や一般に言いくるめたのか。
 見解一つ言えないまま正義にするのですか。
 責める事も出来ない相手を同情しろと言うのか。こちらにとっては家庭崩壊しかしない話です。そして妥協しても知らん顔のままですか。福祉はどっちが正しいかでなく個人より団体で決めている。身勝手な圧力まで差別容認するのですか。人気だけで勝手に正義にしている。 責めなせないろうあ者より暴走してもかばう通訳を責めてきた。
 福祉が公平になって妥協しろという通訳事務局長を謝罪取り消しと求めたが2ヶ月逃げ回り、更に妥協してもメンツから知らん顔。通訳に規制が行かない限り復権しないことになる。
妥協と同時に圧力の解除をを申し出ている。福祉さえ知らん顔のまま。

 

済みませんでした。もう辞めます。。

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 3月 2日(土)09時19分55秒
   管理人様へ
 聾唖者の勝手な自己保身から親を馬鹿にされ通訳は過剰庇護して妥協しろと言う。飲んだら家庭崩壊しかない無責任な話です。
 福祉は団体に口出し出来ず知らん顔する。退会しても差別と口封じ抹殺と言う圧力だけ。親の名誉ばかりか、退会して7年経ってもそのままで復権出来ない。通訳に規制が行かない限り復権は出来ない。通訳差別から受けられる支援は何も受けられない。
 26日は妻が緊急入院手術しました。それでもボランティアは一人も関われない。この先一人暮らしでこちらは盲ろう者で足も弱く必死です。
 聾唖者を過剰庇護した通訳は親を馬鹿というのは正義に仕立て謝罪取り消しより福祉が公平になっても2ヶ月も逃げ回っている。
 聾唖者をかわいそうだから同情しろと言っても止めるべきが暴走を野放しにする事になります。やってはいけないとか一緒に考えおるべき。約束も詫びる事も殆どの人が出来ないのも通訳の非協力にあります。

 楽しい事中心に書くべき掲示板には迷惑な話でした。我慢して続けさせていただいたこと感謝します。
 間もなく畑のシーズンでそれまでに解決を求め厚生労働省にも訴えたら盲ろう者の実態調査が来ました。後少しの踏ん張りです。
 そちらへはご迷惑としてこれより手を引きます。済みませんでした。
   管理人へのメールはアドレスが合わなくて届かないため掲示板に届けます。

 

口封じはいつまで続ける気か

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 3月 2日(土)00時13分25秒
   親と口利いた事もない聾唖者の親を馬鹿だという出任せ言い出し通訳の過剰庇護から妥協しろとされた事。
 通訳と聾唖者と福祉は3者一体だからどちらか一つを責める事は出来ないのか。聾唖者は自己保身が正義の引き金になり間違えても知らなかったと言えば許される。通訳は過剰庇護暴走でもかばった事にすれば目こぼしになる。 そして福祉は見なかった事にするしかないのか。
 こちらから見ると聾唖者は仕方なく責めにれない。通訳だけとは行かず目こぼしガードされるのか。踏んだり蹴ったりのままになるではないか。
 出所が会長では親が馬鹿だというのは取り消すより正義に仕立てられ口封じの抹殺がトラブル相手の会長から出ている。
 ひいきする言い方する人は嫌われ者だからだと言い張るが、それは話をすり替えただけ。どうして親が馬鹿だと言うのか見解を言わないと理屈は通らない。そして退会たからと言って7年も一人残らず相手にするなと言う口封じ圧力も果たして正しいのか。相談員さえ密告して社会参加妨害するし、宗教の押しつけも福祉は容認していた。
 掲示板さえ反論一つ無いのは見解無しでは言えないからだ。それが妨害しか来ない。
 計算尽くの話し方は感情で喋る聾唖者に難しくても通訳は出来るはず。
 抗議して来たのは脅迫電話と掲示板の妨害だけだ。
 そして親の名誉だけでなく辞めて7年の間相手にするなと通訳さえ福祉の容認で差別されて障害者として受けられる支援は何一つ受けられなかった事。つまり復権がかかっている。
 ちまたでは自立支援法が叫ばれているのに蚊帳の外にいるのだ。
   盲ろう者の実態調査が来て調べるとかなりどころか殆ど受けていない事。今一番困っている事をとその欄に聾唖者相手のトラブルから一方的差別が7年続いていると。
 学校を出た聾唖者は手話に依存して通訳とすぐなれ合う。そして聾唖協会の顔色見てかばい方は知らなかった事にらしてやるとか、その通りだとしか言わないのか。何故やってはいけないとか一緒に考える事をしないのか。抵抗無く繰り返しは嘘も方便を招くだけになる。
 親を馬鹿だと言ってもどこからも理屈も見解も来ていない。
 福祉は岩手の誇るボランティアとして信頼しすぎているのか。目をそらすしかしない。理屈抜きで自己保身が正義にされるのか。説明抜きのままメンツにしがみついて謝罪しようとしない。
 実際全通研から来たのは知らなかったと言えば正義になる責める事も出来ない人に同情して何になる。代償が親を馬鹿だと認めろという事だ。逃げ回って間もなく2ヶ月になる。


 

 誠意かメンツかどうなる

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 3月 1日(金)06時15分5秒
   昨年年末岩手県全通研を代表して訪ねてきた。友の会を辞めてから間もなくして最初に来た人だ。初めは何の用か判らなかった。2回目に来た人はエホバの証人の冊子を置いていった。宗教で言う慈悲を迫った事になる。
 要するに聾唖者はかわいそうなんですと同情を仕向けられた。
 元々責めても無駄な聾唖者を同情したところで親を馬鹿だと認めろという意味だから、それもこっちの相手は責めても無駄な聾唖者でなく過剰庇護した通訳なのだ。話をすり替えてまでメンツからどうしても親を馬鹿にしたがっている。通訳の暴走だというのに福祉は見なかったふりしかしない。
 福祉の仕事は通訳が手を貸す形で団体優先して個人はどんなに困っても相手にしない。そして丸7年も福祉の容認で差別が来る。親の事だけでなく復権風邪かかっている。
 そして福祉がやっと個人間は関われないと公平になってもその通訳は遙か彼方に逃げた。1ヶ月半になる。福祉は団体を取りたくてすぐ寝返る。これではいつまで待っても復権しない。
 厚生労働省から盲ろう者の実態調査が来た。自立支援法が行き届くよう亜ヒールしている。受けられる支援は差別がなくならない限り受けられない。 通訳の暴走は福祉に話しても無駄なので調査書のもっとも困った事という欄に書く事になる。
 親の名誉だけでなく復権がかかっている。聾唖者は訴えてもカスリもしない。その特権が通訳ににも行ったかのようだ。
 聾唖者をかばうのに聾唖協会の顔色見て知らなかった事にしてやるとかその通りだとしか言えないのが騒ぎになっている。
 聾唖者は大抵通訳をまねして覚えていく。上のようにすると抵抗無く繰り返され嘘も方便や分別知らずだらけになる。何故やってはいけないとか一緒に考える事をしないのか。
  聾学校を出た人は手話に依存して通訳とすぐなれ合う。こちらは普通校のよそ者。仲間を守れという形になる。
 約束守る事も詫びる事も出来ない人が大半でそれでも正義だと言い張り通訳もその通りとしか言わないのか。
 聾唖者への手本として謝罪して見せたらどうか。それとも逃げ回って逃げるが勝ちと言いたいのか。
 聾唖者の社会では自己保身がそのまま正義になる。どうして親が馬鹿だと言うのか7年経っても見解は来ないまま正義にされている。
 いくら聾唖者をかばう立場でも暴走行為ではないか。それも口から出任せと判っても誠意よりメンツを取ろうというのか。引き下がらず謝罪もせず逃げ回っている。これが岩手の誇るボランティアなのか。幻滅感だけではないか。親を馬鹿だと妥協より謝罪なら妥協してもいい事。

 

 見解無しでも正義になるのですか

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 2月27日(水)22時36分15秒
   普通校を出た聾唖者です。7年前聾学校を出た聾唖者とのトラブルで次期会長夫人の嘘に怒ったら所属団体岩手県盲ろう者友の会にあいつを黙らせろと抗議された。
 発言禁止の上に聾学校を出た聾唖者は手話依存で通訳とすぐなれ合っていて仲間を守れと無理矢理理屈を付けるようにお前の親父が馬鹿なのだ妥協しろと友の会事務局長が言い出した。
 馬鹿らしくなって退会した。
 後は悪口の圧力と宗教の押しつけ。社会参加も相談員の密告から友の会から悪口で妨害された。
 怒って抗議したら来たのは事務局長の奥さんから脅迫電話だけ。
 しかも盲ろうの全国協会には親を馬鹿だと認めなくて辞めていったと言えず聾唖者を理解しない奴と。その上相手にするなと全国の友の会に号令を掛けられた。全国的完全孤立に追われた。
 親を馬鹿だという出所は今の県聾唖協会会長だった。30年も前に約束した事を守れず逃げて悪口流し詫びも弁解もしない。流した悪口が県の3役から伝わっていた。
 こちらが話そうとするといろんな人が忙しそうですと遮る。本人は約束守れない口実に何も関係なかった事を望まれていた。通訳はかわいそうで正義なんですという。聾唖者は知らなかったと言えば正義になる権利を持っている。逆手に使えばずるいだけではないか。
 どうして親が馬鹿だというのか。抗議を続け謝罪取り消しを求めた。
 出所か会長では取り消すより正義にされた。どこから説明も見解も来ない。 福祉さえ団体を取りたくて個人間だというのに代表だと言う事で団体に楯突く奴という扱いされ続けた。2年半近く抗議して断念したら一人残らず口封じ抹殺を計られて怒って再抗議したらやっと個人間は関われないと言い出した。
 今度こそ話し合いと思ったが1ヶ月以上逃げ回っている。
 どこからも見解一つ来ないまま。
 聾唖者は聞こえない事で知らなかったと言えば許され法律も通らなくもめ事も大抵仕方のない事となる。責めるのは無駄。これは過剰庇護した通訳を責めるて居る。
 通訳は聾唖者と共同体の扱いでかばった事にすれば目こぼしになるのか。
 課長に抗議に行くと雲隠れの繰り返し。相談所は専門施設なのに余所へ頼めと言う。県庁規約は障害者個人はどんなに困っても相手にするなとなっている。通訳団体に特別な免罪符が行くのか。聾唖者ならともかく通訳団体にも理屈も見解もないまま親を馬鹿だというのは正義だというのですか。それとも岩手の誇る団体として目こぼししたのか。暴走は丸見えではないか。
  復権しないと障害者としての支援も通訳も7年になっても差別しか来なく 親の事だけではない。理不尽な話で一生負け犬扱いされる事になる。全国協会から来た実態調査書にも訴える事になる。

 

 約束破るには逃げるか詫びるか悪口流すかどうする

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 2月26日(火)19時51分13秒
   7年前にトラブル相手の聾唖者を仲間としてかばいつじつまを合わせるように親父さんが馬鹿なのだと言い、学校違いのよそ者のこちらに妥協しろと言う。そんな話飲んだら家庭崩壊しかしない。
 岩手県盲ろう者友の会の正会員で副会長が聾唖協会次期会長夫人のあいつを黙らせろの一声で発言禁止の上にこの仕打ちで馬鹿らしく退会した事。
 後は悪口の圧力。宗教の押しつけ、社会参加妨害。抗議しても来たのは事務局長の奥さんからの脅迫電話だけ。
 盲ろうの全国協会には嘘の辞めた報告していた。その上全国の友の会にあいつの相手するなと号令を掛けられ全国的完全孤立に追われている。
 発端は約束して守れず逃げて悪口流しそれが正義の言葉にされ詫びも弁解もしない。こちらが話そうとするといろんな人が忙しそうですと遮る。守れない口実に何も関係なかった事を望まれた。
 流した悪口が親を馬鹿だという事。口利いた事もないのにだ。聾唖者のやった事では仕方のない事ても通訳の過剰庇護で明らかになった事。
 通訳に謝罪取り消し求めても出所が会長では取り消すより正義にされた。
 福祉は知らん顔のまま妥協したらとさえ言い出す。
 どうして馬鹿だというのか見解一つどこからにも来ない。
 福祉は団体を取りたくて団体に楯突く奴という扱いを続けていた。やっと個人間は関われないと言うが、相手の通訳は1ヶ月逃げ回っている。
 辞めた後全通研から聾唖者を同情しろと5回も訪ねてきた。宗教の押しつけもして。通訳が相手だというのに親を馬鹿と引き替えでは出来ない。
 メンツから白紙にする事よりどうしても親を馬鹿だと認めろと言うのか。
 聾唖者は約束も詫びる事もしない。理由は知らなかったと言えば許され正義になる権利を持っているせいで罪の意識が欠けているからだ。
 これには教育関係者も一言も出ない。仕方のない事として片づける事で正義ではないはずが通訳も聾唖者も俺たちの世界の正義と解釈して使っている。かばう立場の通訳にも暴走しようと目こぼしだけになる。
 それではかばう通訳が暴走しても正義として目こぼしになるのか。
 トラブル相手の口から出た自己保身の口封じ抹殺指令も正義になるのか。
 親の事だけでなく復権がかかっている。通訳や支援も丸7年の差別も福祉の容認になる。
 大半の聾唖者は通訳から情報を受けて覚えていく。詫びる事も出来ない聾唖者に逃げるが勝ちと教えるか。手本に逃げるのは辞めて謝罪の手本を示すべきでないか。

 

 障害者個人より通訳団体優先か

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 2月26日(火)03時55分18秒
   7年も前に岩手県盲ろう者友の会を聾唖者とのトラブルのつじつまを合わせるためこちらの親を馬鹿なのだ。妥協しろと事務局長が言い出し嫌気して退会した。
 後は相手にするなと言う口封じの圧力や宗教の押しつけ。孤立か妥協かと迫る。拒否して別団体に行こうとすると相談員の密告で友の会から悪口妨害が入り、内定が取り消された。
 怒って福祉に抗議すると団体の好き勝手は容認するだけ。抗議して来たのは事務局長の奥さんからの脅迫電話だけ。
 福祉は何が起きても知らん顔で質問も来ない。相手は団体の代表のため団体に楯突く奴という扱いされた。
 抗議して3年近くこの間福祉の容認で差別も来る。抗議を辞めていたら抹殺計られて再抗議したらやっと福祉は個人間は関われないと言い出した。
 発端のトラブル相手のろうあ者は約束守らず逃げて悪口流し詫びも弁解もしない。流した悪口は正義の言葉にされそれが親を馬鹿だと言う事。親父と口も利いた事がない出任せ。
 こちらが話そうとするといろんな人が忙しそうですと遮る。通訳はかわいそうで正義なんですという。ずるいだけの一方的な話だ。
 これが県の会長とあって通訳の過剰庇護暴走でかばった事になる。
 何でこんな見解一つどこからも来ない話が正義になるのか。
 要するに会長の不祥事で隠せ隠せ揉み潰せ。後は俺たちの仲間を守れ。、それが正義だという社会の事。まるでカルト教団ではないか。最初に押しつけられた宗教はエホバの証人。カルト教団だ。福祉まで押しつけを容認していた。
 福祉に抗議に行くと課長は雲隠れの連発。更生相談所は障害者の専門施設なのにどことも言わず余所へ頼めと言う。県庁規約は障害者個人はどんなに困っても相手にするなとなっている。県庁各所は沈黙容認なしている。
 これらは通訳団体を理屈抜きで暴走でも目こぼしして説明府の舞うになった事だ。
 福祉はやっと公平になったが謝罪求めても相手は逃げ回るだけが40日になる。
 その間に福祉容認の差別が7年も続いている。親の名誉だけでなく復権もかかっている。通訳をはじめ受けられる権利や支援が受けられないのだ。
 この時期に厚生労働省指令で盲ろう全国協会から盲ろう者の実態調査が来た。障害当事者は支援すると言って反対に相手にするなと全国の友の会に号令掛けられている。
 団体優先で全国協会も個人の相手は困ってもしない。通訳はろうあ者と共同体の扱いで目こぼしになっている。

 

真のボランティアとは?

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 2月25日(月)21時10分59秒
  人に言わない、人に見せない、人に気付かれない、黙ってやる。それ以外はすべて「インチキ・ボランティア」
 世界で最高峰といわれる某氏が
「日本には本物の坊主がいない、日本の坊主は皆メルセデスを乗っている」という名言を述べたというが・・・。
 何か共通点を感じる。
 まずは宗教法人の無税を廃止してもらわないと。
 ボランティアとして上り詰めた人が講演会でこう言っていた。
 「一番大事なボランティアは、自分自身がまず真剣に生きることです。一生懸命生きる人じゃないと、本当の命の尊さはわかりません。
  基本的には不亜現実行になる。
 けれどろうあ者の社会の不言実行は失敗したときの隠れ蓑になる。 これは知らなかったと言えば正義になる事を故意に使っている事になる。
 ろうあ者は聞こえなくて間違えても知らなかったと言えば同情されて当たり前とし正義だと解釈している。通訳はかばう事が正義として暴走もいとわない。こんなのとやり合うとこっちだけ馬鹿を見る。
 かばう立場の福祉は見なかった事にしてもかばう。
 嘘も方便は知らなかった事にしてやるとかその通りだという事を繰り返せば罪の意識も出なく詫びる事さえ覚えなくなる。
 上の話と比べると通訳はろうあ者を理解しているとはとても思えない。ろうあ者を本当に理解しているなら何故やってはいけないとか一緒に考える事をしないのか。大抵通訳を真似て覚えていく。
 こちらは会長からの抹殺指令を通訳達も正義気分でやっているのか。丸7年も障害者としての権利や支援が誰とも付き合えない事で受けられないままなのだ。
 謝罪を求めている事務局長はろうあ者への手本として詫びる事もやるべきではないか。福祉が公平になっても40日逃げ回るのか。ろうあ者に逃げるが勝ちと教えているような物だ。
 聾学校を出たろうあ者は手話依存して通訳とすぐなれ合う。仲間意識がろうあ協会に気配りしすぎている。
 通訳はろうあ者のためでなく仲間として団体の利益が優先している。出任せでもかわいそうで正義なんです。同情して親を馬鹿だと認めろという一点しか言えないのか。
 

 差別を招く俺たちの世界意識

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 2月25日(月)06時51分43秒
   今の時代に差別が堂々とまかり通るのか。例えば岩手の福祉は団体優先で団体のやる事は暴走でも目こぼし。個人は福祉課も相談員も知らん顔。更生相談所は障害者の専門施設なのにどこへとも言わす余所へ頼めと言う。
 課長に抗議に行くと雲隠れの繰り返し。県庁規約は障害者個人はどんなに困っても相手にするなとなっている。県庁各所は沈黙容認している。この理由は団体優先にしたからだ。相談員は問い合わせに知らん顔か、怒鳴りつけたり、密告もする。
 盲ろうの全国協会も団体を取り目こぼしして障害当事者は支援すると旗印上げて反対に全国の友の会にあいつの相手するなと号令を掛けられた。
 そし岩手のろうあ者の社会は聾学校を出た者は全てろうあ者と呼び、それ以外は中途失聴者と呼ぶ。失聴の時期が学校卒と違わなくてもだ。
 そしてろうあ者が約束守れず逃げて悪口流し詫びも弁解もしない。流した悪口は正義の言葉にされ親を馬鹿だと言うのだ。
 しかも親父と口利いた事も無い出任せ。通訳にとっては仲間でそうだその通りだ妥協しろと言い出した。
 馬鹿らしくて退会したら悪口の圧力。宗教の押しつけ。社会参加妨害。抗議すれば来たのは脅迫電話だけ。
 親を馬鹿というのは今の県ろうあ協会会長で友の会事務局長の太鼓持ち行為に謝罪と取り消しを求めたが発端が会長では取り消しより正義にされた。
 福祉は知らん顔しかしない。
 やっと福祉が公平になっても相手は逃げ回るだけ。
 大将の不祥事で隠せ隠せ揉み潰せと口封じを広げ抹殺を計る。一人残らず口封じされた。どこからも見解説明一つ来ないまま。
 掲示板で告発しても妨害しか来ない。
   俺たち意識からろうあ者はかわいそうなんですと同情してくれという事。一人残らず相手にするなと言う圧力ではあいつはよそ者と一方的差別の判断だ。仲間意識から人の親を馬鹿にしても守ろうとする。これは正義の内に入らない。
 ろうあ者の社会は俺たち、あいつらに分けられる。仲間意識が親を馬鹿にしても守ろうとする。まるでカルト教団ではないか。
 仲間意識は差別しか出ない。岩手のろうあ協会も学校違いで分裂している。ろう者とろうあ者は常識感が違う。通訳は過剰庇護からろうあ者となれ合い暴走も辞さないかばい方をする。差別は通訳拒否など人権侵害を招く。丸7年誰とも付き合えず復権を求めている。


 

意地とメンツで…

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 2月23日(土)16時50分59秒
   全通研が訪ねて打開策になかった事にしろと言うのでなくろうあ者を同情しろと言うのは親を馬鹿だと認めろという事。いくら同情出来ても親を馬鹿にするのと引き替えでは出来ない。意地とメンツ優先で譲らず掲示板の非難もも無く妨害しかしない。
 聾唖者は間違えても聞こえない事から権利として知らなかったと言えば許される。同情されて当たり前と罪の意識が欠けて詫びる事もしない。
 そして通訳はかばう事が正義だとして同情が正義だと暴走もいとわない。 福祉はかばう立場で見なかった事にしてかばう。これではこちらだけ馬鹿を見てしまう。
 親を馬鹿だという出所は今の県の会長。一人残らず口封じの抹殺指令を出した。一般への口封じもかねている。
 どうやろうと聾唖者は責任を問われない。過剰庇護した通訳を責めている。
 福祉は団体に楯突く奴という扱いで知らん顔していた。そしてやっと個人間は関われないと言い出し公平になった。後ろ向いて何言っているか知らないがこちらは後は責められない。
 早速の話し合い求めても謝罪取り消しどころか未だに逃げ回る事40日近い。出所が会長のため取り消しより正義に仕立てたままだ。
 ろうあ者をかばうならどうして分別を教えないのか。大抵通訳をまねして覚えていく。やってはいけないとか一緒に考えないから暴走しても知らなかった事にして正義にするのか。親を馬鹿にするのと引き顔では同情しろと言っても相手は放っといても罪は問われないのだ。通訳を責めているのだ。
 相手にするなという口封じは7年になる。その間福祉容認の差別が来ている。障害者として受けられる支援も権利も何も受けられないままなのだ。  親父の汚名だけではない。復権もかかっている。
 ろうあ者相手の仲間集めしたときは14人内定して全員すっぽかし誰一人詫びて来ない。知らなかったと言えば正義になる解釈で通訳は正義ですという。親を馬鹿だという出所は約束守れず逃げて悪口流し詫びも弁解もしない。流した悪口とは親を馬鹿だと言う事だ。
 通訳はこれを止めるよりその通りだとして妥協しろと言いだしたのだ。
今その通訳岩手県盲ろう者友の会事務局長に謝罪と取り消しを求めている。
 それが逃げ回るだけ。ろうあ者への手本の通訳が逃げ回ったら聾唖者も抵抗無く逃げ回り正義だと言うだろう。意地とメンツで自己保身に走るのか。 こちらの復権も出来ない身勝手な話ではないか、。


 

 嘘も方便で正義という社会 

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 2月23日(土)01時53分48秒
   去年の11月頃全通研本部(京都)が岩手に問い合わせしたらしく岩手の全通研が訪ねて来た。
 勝ち誇ったようにろうあ者を同情しろと仕向けて帰った。引き替えに親を馬鹿だと認めろと言うのだ。
 後から手紙で言い分を伝えたら封を切らずにそんな人名簿にいませんと返送された。
 ろうあ協会と宛てたが全通研とは同じ事務所のはず。そうでなくても集いあっているはず。実際何度も訪ねた事がある。
 全通研本部の掲示板は受信拒された。岩手の態度がでかい訳だ。書いた事への意見、反論、見解は一つも来なく似たような妨害は何度もあった。親を馬鹿にしても仲間を守れと言うのは正義なのか妨害しか出来ないのか。
 ろうあ協会付属全通研と書き直して置いていったDVDを返送した。
 それから間もなくして地元近在のサークル会長が来た。8ヶ月も受信拒否していて何しに来たのか話さなく、メールではっきり言えないなら付き合いはお断りすると伝えた。
 この会長は自作の掲示板を持っていて自分が使っていた。そこへアドレスを知って友の会の事務局長が入って来て書くとすぐ妨害し私は別人ですと言い宗教論を繰り返した。更にお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これを福祉は岩手の誇るボランティアとして必死でかばっていた。恥さらしではないか。宗教の押しつけは福祉の容認だった。
 管理人の会長にしてもあれは僕の知り合いだと必死でかばう。
 やっと去年の3月に掲示板から書いたのを道連れに証拠を残さず消えた。管理人は僕が余所の掲示板に行けと言ったのだとかばう。
 一人になるとコピー取るなど悪用されるとしてこちらも消える事にした。
 同じ頃3つ目の宗教の押しつけが来た。交代という訳か。宗教の押しつけだけが目的だったためお断りした。これも友の会のクリスチャン。本などどっさり贈られたが突っ返しを2回繰り返した。
 一つ残らず嘘で固めた話だ。現実にあった話です。
 掲示板妨害と宗教の押しつけは口封じと被害者と加害者を入れ替えて改心させてしまえと言う事。親を馬鹿にして謝罪取り消すよりそれがろうあ協会会長が出所のため正義にされた。反省より小細工しかしないのか。
 上の全通研は2年前のエホバの証人の先兵として5回来ている。
 親より仲間が大事として親を馬鹿にしても何も抵抗持たない人達の社会なのか。まるでカルト教団ではないか。


 

取り消しの利かない暴走

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 2月22日(金)19時38分49秒
   親を馬鹿だ。妥協しろと言い拒否して退会したら圧力が来た事に抗議し謝罪取り消しを求めていた。2年半抗議して諦めていたら抹計られていた。再び抗議して福祉はやっと公平に個人間は関われないとなったが、相手は逃げ回る事既に1ヶ月を超える。
  ろうあ者をかばうためとはいえ無責任な話だ。ろうあ者は何か間違いあっても聞こえないから間違っても詫びる事もなく許されて当たり前であり正義だと言い張る。通訳は同情しろと言うのを正義の気分で暴走もいとわない。福祉にすれはかばう立場で説明しきれなくて仕方ないとしか見ていない。関わったこちらだけが災難ではないか。
 親を馬鹿なんて言ったら家庭崩壊であり子供や親戚の軽蔑視かでない。
 辞めた後の圧力や宗教の押しつけついでに全通研から5回も訪ねてきたのは打開策ではなく同情しろとして親を馬鹿だと認めろという事。 そのくせあちこち口封じをする。社会参加妨害も口封じのため。
 親より仲間が大事として一人残らず口封じの抹殺を計る。
 一般の耳に入らないように正義に仕立てる事しかしていない。
 使っていめ掲示板のアドレス知っていて入って妨害し、宗教の押しつけにお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これが岩手の誇るボランティアとして福祉は必死でかばっていたのだ。
 やっと公平になっても逃げ回るだけ。
 そこへ厚生労働省からの指令で全国協会から盲ろう者の実態調査が来た。盲めう者として受けられる支援や権利は差別された状態では何一つ受けられない事も明るみに出る事になる。圧力で通訳さえ頼めないのだ。復権しない限り何も受けられない。復権とは盲ろう者友の会事務局長が謝罪取り消しするか通訳への規制がが行かない限り出来ない事になる。
 ろうあ者をかばう口実の出任せは会長が出所のため取り消しより正義に仕立てられ福祉は最近まで団体に楯突く奴という扱いしかしなかった。
 全国協会の理事長にも訴えた事があるが障害者は支援すると言って無視し反対に全国の友の会にあいつの相手するなと号令を掛けられている。


 

過剰庇護の結果

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 2月21日(木)22時54分8秒
   聾唖者にとっては当たり前に使う正義とはその社会でしか通用しない。普通の人から見ると常識感が違いただ仕方のないことと見られる。 中に入る通訳は知らなかった事にしてやるとか、そうだその通りだというかばい方が多い。そして正義の気分で暴走もいとわない。
 福祉は仕方ないとしか見なく、通訳のやり過ぎ は目こぼしする。
 例えば聾唖者相手にトラブル起こして相手は約束守るより逃 げて詫びも弁解もせず流した悪口は正義の言葉にされた。
 こちらが話そうとするといろんな人が忙しそうですと遮る。本人は約束守れない口実に何も関係ない事を望まれた。通訳は後になってかわいそうで正義なんですという。
 一方的でずるい話ではないか。
 流した悪口が友の会事務局長の耳に入り親父と口利いた事もないのに親を馬鹿だというのだ。お前の親父は馬鹿なのだ妥協しろと。
 馬鹿らしくて退会したら圧力に宗教の押しつけ。社会参加妨害。怒って抗議したら来たのは事務局長の奥さんからの脅迫電話だけ。
 福祉は団体に楯突く奴という扱いで知らん顔。
 謝罪取り消し求めても出所が会長の為取り消しより理屈抜きで正義にされた。どこからも見解一つ来ていない。
 全通研が代わりに5回も宗教の押しつけもかねて訪ねてきた。
 ろうあ者に同情を求める。けれどそれは親を馬鹿だと認めろというだけの事。俺たちの世界の正義を認めてくれという形で親より仲間が大事というのはまるでカルト教団ではないか。
 抗議して2年半で断念していたら一人残らず相手にするなという口封じの抹殺指令が計られた。
 福祉は問い合わせさえ答えず 怒って再抗議したらやっと個人間は関われないと言う。
 謝罪取り消しの話し合いを求めたが相手は1ヶ月も逃げ回っている。 福祉が公平になるのが抗議の限界になり後は支援団体や掲示板に非難を続けるだけになる。
 こんな時期に厚生労働省指令で全国協会から盲ろう者の実態調査書が届いた。
 岩手は団体優先で丸7年通訳も頼めない堂々差別が続いいますとと書く事になる。
 ろうあ者のかばい方としてそうだその通りだとか知らなかった 事にしてやるというのは嘘も方便を招く。何故やってはいけないとか一緒に考える事をしないのか。福祉容認で誰とも付き合えない差別は7年になる。

 

悪口の後遺症

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 2月21日(木)19時47分12秒
  人の悪口を言うのに言っていい事と悪い事がある。第三者を通して口利いた事もない親の悪口言ってその後口封じを広げる事だ。
 こちらは掲示板に非難を書くが名前は名乗っている。規約を守れば後は管理人の責任になる。
 反論も意見も見解もどこからも来ないまま妨害だけ来ている。
 駄目になった掲示板は2桁にもなるが辞めて別の掲示板を探す。全通研は最初は4つが3つも妨害がされた。
 全通研本部のは年末に訪ねてきた直後から切られた。態度が勝ち誇っていた訳だ。
 約束も守れず影口しか言えない人は責めても無駄。過剰庇護した通訳を責めている。
 その人は掲示板のアドレス知っていて入って妨害し私は別人ですと言い、おまけに宗教論をしっこく言い出し、果てはお前の親父は 馬鹿なのだとあざ笑っていた人だ。これが岩手の誇るボランティアとして福祉は知らん顔でかばう。
  やっと福祉が個人間は関われないと言い、話し合いを求めている。それでも逃げ回る事は間もなく1ヶ月になる。
 見解も言えないまま親を馬鹿だとろうあ協会を立てそうだそのうとおりだ妥協求められたのだ。福祉は現場にいないのに認めたらと言う。
 一人なのに一人残らず相手にするなと言う口封じ抹殺の圧力が会長と共同で来ている。今年で7年目になる。こちらは福祉が公平になって貰うのが限度になる。
 やってはいけない事を教えるか一緒に考えないと分別は身に付かない物。ろうあ者への鏡として手本を示すべきでな いか。親より仲間が大事というのがろうあ者のかはい方なのか。カルト教団ではあるまいし今まで福祉は団体をとちりたくて課長は逃げ回り。相談所は余所へ頼めと言う。県庁規約は障害者個人はどんなに困ってもに相手にするなとなっている。福祉が公平になっても1ヶ月半も逃げ回っていいのか。
 掲示板は妨害されたら倍の数にふくれあがる。社会福祉協議会は討論会の種に成る。ろうあ連盟は殆ど全部載っている。逃げ回ると日本中の笑い者 です。全通研が妨害しても 各県探せる。これは規約を守っての言論の自由で中傷ではない。事実だけです。
 全通研が家に来たときはろうあ者を同情しろと勝ち誇ったように言うだけで打開ではなく親を馬鹿だと認めろという言い方ではないか。 見なかった聞かなかった事にすれば打開のはずがメンツにしがみついている。それともどんな理屈を付ければ親が馬鹿だと誰が認めるのか。




 

復権を求めて掲示板に

 投稿者:岩手のろうあ者松岡幹夫  投稿日:2013年 2月21日(木)15時57分23秒
   自分は1歳で病気になり3歳で失聴し虚弱体質になった。普通校で育ち技能職の歯科技工士でしたが目が次第に弱くなり30歳で遺伝性だと判明した。後は職を転々して50歳でリストラされました。
 その頃に岩手の盲ろう者友の会を知り入りました。全国大会も4回くらい参加しています。
 7年前に聾学校を出た聾唖者相手のトラブルで相手の奥さん(当時次期会長夫人)が友の会にあいつを黙らせろやられ発言禁止の上に友の会事務局長からお前の親父が馬鹿なのだと言われ妥協しろと言われ馬鹿らしくなって退会した。
 後から圧力と宗教の押しつけ、社会参加妨害が来た。怒って抗議したら来たのは事務局長の奥さんからの脅迫電話だけ。福祉は団体を取りたくて知らん顔のまま。一人残らず相手にするなと言う口封じ7年目で誰とモネ付き合えない。
 親を馬鹿にする話だけでなくこちらの復権もかかすっています。通訳や支援は福祉の容認で差別される。
 全国協会にも訴えたが団体を取りたくて障害者は支援すると言って反対に全国の友の会にあいつの相手するなと号令を掛けられた。親を馬鹿だというのは会長が出所のため取り消すより正義にされた。
 団体に楯突く奴という扱いで福祉は知らん顔している。
 掲示板で訴えるしかなくなりました。
 トラブル相手のろうあ者は約束守れず逃げて詫びも弁解もせず自己保身から流した悪口が正義の言葉にされ親と口利いた事もないのに馬鹿だという事。それが県の3役から友の会事務局長に伝わった事。
 しかも本人は約束守れない口実に何も関係ない事を望まれた。聾学校出た聾唖あ者は手話依存で通訳とすぐなれ合い仲間意識らになる。
 こちらは普通校。通訳はかわいそうで正義なんですという。こちらが話そうとするといろんな人が忙しそうですと遮る。一方的な話です。
 更に口封じの抹殺指令が会長から出てきた。正しいと言い張るなら何故必要なのか。掲示板に反論も見解もなく妨害しか来ない。
 一人残らず誰とも付き合えない7年目です。妻は肢体障害者で2人暮らし。
 聾唖者は知らなかったと言えば正義になる権利を持ち約束破る事も詫びもしない事に事に何も抵抗していない人だらけ。故意に使うとずるいだけ。
 責めるのは無駄。過剰庇護した通訳に謝罪と取り消しを求めています。悪口の圧力と社会参加妨害は口封じです。
 福祉はやっと個人間は関われないと公平になったがそれでも1ヶ月逃げ回っている。
 通訳ボランティアにら特別な権利があるのですか。
 厚生労働省への通訳の過剰庇護について問い合わせもして今やっと実態調査が来ています。今度こそと全国協会理事長にも訴えています。
 障害者として受けられる権利や支援は丸7年受けられないまま足も弱くなりこちらも必死です。復権を賭けて書き続けた事も後から載せて貰います。
                 岩手の元盲ろう者友の会会員

 

(無題)

 投稿者:おきなわ  投稿日:2008年 8月27日(水)23時24分59秒
編集済
  田中宏明 様

この度は「ナガンヌ島ツアー」へご予約いただき誠にありがとうございます。
以下ご予約内容となりますのでご確認の程宜しくお願い申し上げます。

≪≪≪≪≪≪≪≪≪ご予約内容≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

【代表者名】 田中宏明 様

【ご利用人数】 2名様

【ご利用日】 2008年8月30日

【ご出発時間】那覇発10:30

【集合時間】 出発30分前

【集合場所】 那覇発:とまりん1階 ㈱とかしき事務所
              http://www.nagannu.com/access/nahasyugoubasyo.jpg


【ご案内とご注意】

・荒天等でツアーを中止する場合がございますので、当日の朝08:00以降に催行状況をお電話にてご確認頂きますようお願い致します。なお、その際の取り消し料は発生致しません。

・お客様のご都合によりお取り消しされた場合には「ツアー前日30%、当日出発前50%、当日出発後100%」の取り消し料を賜ります。

・催行状況はHPからでもご確認いただけます。

・天候次第では、5歳以下のお客様及び、ご高齢のお客様、体の不自由なお客様の乗船をお断りする場合がございます。予めご了承下さい。

・妊娠中の方は、天候によりご案内できない場合があります。(波が高い場合、船の揺れが激しく危険なため)又、乗船の際に優先席がございますので、事前にお申し出下さい。

※※※※※※※※※お問い合せ先※※※※※※※※※

株式会社とかしき ナガンヌ事業部 担当:森根
〒900-0016
沖縄県那覇市前島3-25-1とまりん1階
TEL098(860)5860 FAX098(860)5822
URL   http://www.nagannu.com
お問合せ info@nagannu.com

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※このメールにお心当たりのないお客様は、大変お手数ですが【お問い合せ先】までご連絡頂きますようお願い申し上げます。
----- Original Message -----
From: "田中宏明" <twilight_wind_@hotmail.com>
To: <netyoyaku@nagannu.com>
Sent: Saturday, August 09, 2008 3:25 PM
Subject: 【予約申込】ナガンヌ島ツアー


> 【お申し込み】沖縄の無人島 ナガンヌ島ツアー
> 田中宏明様
>
> この度はナガンヌ島ツアーをお申し込みいただき、誠にありがとうございます。
> 現在お申し込みの段階となっており、ご予約には至っておりません。
> ただ今より24時間以内にご予約完了の案内メールをお送り致しますので、
> ご確認頂きますようお願い申し上げます。
>
> 尚、案内メールが届かない、予約内容に間違い、またはこのメールに覚えのない方は
>
> 誠にお手数ですが弊社まで至急ご連絡くださるよう、よろしくお願い致します。
>
> ※下記は入力された内容の控えです。

>
> ■ご予約に関して
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>  ●ご予約人数:大人2名 幼児名
>  ●宿泊先名:ルネッサンスリゾートオキナワ
>  ●予約日:2008年8月30日
>  ●出発便(第一希望):那覇発 10:30
>  ●出発便(第二希望):那覇発 8:30
>
> ■通信欄
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>
>
> ■オプション
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>
>
> ■レンタル用品
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>
>
> ■アンケート
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>  ●旅行代理店
>
>
> ■メールマガジン配信希望:いいえ
>
> ■お見積り(費用の目安)
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>  ●基本ツアー料金
>   大人(6歳以上)×2名=10000円
>   幼児(0~5歳)×名=0円
>  ●オプション合計:0円
>  ●レンタル合計 :0円
>  -------------------------------------------------
>  ●合計(税込)   10000円
>
> ※料金は現地にてお支払いください。
>
> ━━━━━━━━━━━━━ ご注意 ━━━━━━━━━━━━━━━
>
> 下記のオプションは事前に同意書の記入が必要と成ります。
> ダウンロードしてご記入の上ご参加ください。
>
> ● オーシャンウォーク同意書
> http://www.nagannu.com/PDF/ocean_walk.pdf
>
> ● スノーケリング同意書
> http://www.nagannu.com/PDF/snorkel_school.pdf
>
> ● 体験ダイビング同意書(海を育てる&体験ダイビング)
> http://www.nagannu.com/PDF/taiken_dive.pdf
>
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
> 【ナガンヌ島オフィシャルサイト】
>  株式会社とかしき:ツアーデスク
>  沖縄県那覇市前島3丁目25番1号とまりん1階
>  TEL/098-860-5860
>  http://www.nagannu.com
>  info@nagannu.com
>  netyoyaku@nagannu.com
> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

(無題)

 投稿者:研修メモ  投稿日:2008年 5月30日(金)11時08分37秒
編集済
  パリンカ0222137654天竜閣ちかく
ジュアン レ パン0223796929南中山
長町 ひな野
長町 TRATTORIA Novanta-Tre 0222481193

K's bar
ダイニングバー cave(国分町7-11近く)
bar KOSHI(ベガスランド近く)
M's bar(コウサイ病院近く)
 

(無題)

 投稿者:研修メモ  投稿日:2008年 4月24日(木)09時43分33秒
編集済
  【調べておきたいこと】
☆Ringer液の違い
☆BⅡとRYの違い
☆腰麻と硬膜外
☆respirator
☆椎骨の見方
☆横隔膜の正常の位置
☆超音波の使い方、当てる部位
☆P値
☆英語論文の読み方
☆ASA・PS
 

(無題)

 投稿者:研修メモ  投稿日:2008年 4月24日(木)08時48分51秒
編集済
  【くすり編】
☆ネオミノファーゲンシー⇒肝庇護薬
☆フロリネフ、ソル・コーテフ⇒steroid
☆エリル⇒SAH後のspasm予防
☆プレセデックス⇒抗不安薬
☆コアテック⇒PDEⅢ阻害(強心・血管拡張作用)
☆ノバスタン⇒抗トロンビン
☆パナルジン⇒チクロピジン(抗血小板薬)
☆レンドルミン⇒BZ
☆レニベース⇒ACEI
☆アーチスト⇒カルベジロール。αβblocker
☆ワソラン⇒ベラパミル
☆グリセレブ⇒浸透圧利尿薬
☆リピトール⇒HL
☆ユナシン⇒ABPC+スルバクタム
☆フロモックス⇒3セ
☆アレビアチン⇒フェニトイン
☆マグミット⇒腸管の水分↑で便秘症に
☆マーズレン⇒潰瘍に
☆ペルジピン⇒ニカルジピン(降圧
☆レミナロン⇒抗凝固
☆ラジカット⇒脳梗塞に(フリーラジカルをcut
☆パセトクール⇒セフェム
☆シグマート⇒冠血管拡張
☆プリンペラン・ナウゼリン⇒Dblocker(制吐
☆ストロカイン⇒局麻
☆クラリシッド⇒クラリスロマイシン
☆アスベリン⇒鎮咳
☆トランサミン⇒止血
☆アンヒバ・アルピニー・カロナール⇒アセトアミノフェン
☆ダイアップ⇒diazepam(熱性痙攣に対しては一回分の処方でok
☆ベイスン⇒αグルコシダーゼ阻害
☆アリセプト⇒ドネペジル
☆サルモシン⇒脳代謝↑
☆マグラックス⇒制酸薬
☆ムコスタ⇒潰瘍に
☆ミオナール⇒筋弛緩作用
☆ハルナール⇒α1blocker。BPHに
☆ムコダイン⇒去痰
☆フランドルテープ⇒冠血管拡張
☆ダイアート⇒ループ利尿薬
☆タナトリル⇒ACEI
☆セディール⇒抗不安薬
☆ビタメジン⇒VitB1を補給したいとき

【救外編】
☆freeairを見たいと思ったら、立位を!
☆カルテはSOAPを明確に書くこと
☆consultする際は、SOのみでなくAPも自分の意見を述べること。じゃないとfeedbackにならない
☆結石疑いが来たら⇒尿検、エコー(腎盂の拡張の有無)、KUB、(分からなければCT)
☆最初のうちは基本的に全例consult。問診して診察したら検査を選ぶ前にconsultするべき
☆一ヶ月後・治癒or中止は適当に
☆病名をつけておかないと後でレセプトが来て、思い出す時間がかかるから大変。
☆「救外でできることは限られている」「現時点では検査結果を見る限りでは問題はありませんが、もし…ならば昼間のうちに受診されてください。連絡を下さい。」
☆画像・採血・処方出したら連絡を(PHSの裏)
☆ECG…ID入力またはカード通す。取ったらPCでorder入っているか確認
☆「○○にconsult」は必ず記載
☆紹介状の書き方⇒地域連携⇒一番下
☆約束処方⇒小児で困ったら汎用⇒看⇒ネブライザーでアレベール・ベネトリン・生食
☆腹Xp出したいときは立位と臥位双方やった方がいい
☆救外でやる輸液は生食とかKfreeのものでつなぐ
☆「何か変化があったら来てください」「明日、専門のDrに見てもらってください」
☆今日の診療intranetを活用すべし
☆痛みのOPQRST⇒
Onset(どのように発症したか)
P - Provocative, palliative factor(憎悪、軽減因子)
Q - Quality (性質)
R - Region (部位)Related factor(関連因子)
S - Severity (強度)
T -Timing (時間)どのくらい・1日の内のいつ・何回
☆女性を見たら妊娠と思え。簡単な問診で済ませるな。念入りに聞くこと。(特に侵襲のある検査をする場合。Xpも必要)。最終月経、周期は必ず。
☆小児科への紹介は紹介状は必要ない(他科は必要)
☆AMIの冷汗は感度80%
☆小児のLOCの見方⇒呼んでみて目を合わせるかどうか
☆カルテにはどんな情報も書く。特にS。時系列は多少バラバラでも構わない。
☆アッペを疑うなら、採血・エコー・CTは必ず施行
☆採血はまず凝固⇒末梢血⇒…⇒生化学は半分くらいでも大丈夫だから最後でOK
☆BGAの計り方⇒紙をまず確認⇒終わったら紙を補給
☆opの可能性があるPtはlast meal/waterは必ず問診
☆発熱ある場合はpeakの値をcheck
☆カルテの図は大きく!
☆そとHp行くなら紹介状⇒印刷手渡し
☆6002内科6003外科
☆交通外傷⇒頸椎2方向・頚部開口
☆脳出血・高血圧の時、ペルジピン3A+生食70mlつまり30%で降圧+専門医へ
☆最初はソルデム3Aとかむやみにやらず、ラクテックで
☆小児の腹痛⇒(Xpで便がありそうなら)⇒浣腸で軽快するか否か
5/12…二回目の1人当直
☆時間のあるときにPCオーダリングをいじるべし
☆採血項目を一つ一つ選ぶな。セットから多少いじる感じでOK
☆プレゼンをするときは「年齢・性別・診断名(疑いでも、分からなくても)」
☆検査、迷ってる暇はない。迷ったら、やる、が鉄則
☆特に採血とか、明らかに軽症以外はやってOK
☆画像をボケーッと見ていないで、その間にカルテを書け
☆アッペはenhanceやらないと意味ない。専門医でも分からないから
☆採血はできる時間があるならなるべくやる
☆ものが置いてある場所のcheck
☆紹介状の作成は病院不明の場合00000で
☆入院する場合、一ヶ月⇒治癒とか選ばなくて良い(期間は選ばない)。外来の場合、1ヶ月とかやってもよいが
☆疑い病名で紹介状は書いてはいけない
☆紹介状の作成は状況編集で手直し可能
☆紹介目的は特に入れなくてもOK
☆Drは救外から探す
☆まだ一つ一つの行動に時間がかかりすぎている
☆胸部Xpの読み方⇒ヒトノハイ。paratrachial sign⇒消えるとtumorの可能性
☆小児は体重を聞け!
☆ECG⇒画像⇒生理1⇒時間外ECG(医自検)
☆血ガスはオーダー不要
☆小児の6ヶ月未満の発熱はやばい
☆digitalは手袋を二枚しろ。普通は患者の右側に立つ
☆点滴⇒フリーコメントで「ゆっくりと」
☆入院の流れ⇒Ns病棟に電話。205の2床目にお願いします。Pt右クリック⇒入院決定⇒で、色々入力する。op予定なら欠食。汎用menuから安静度・便など決められる
☆リパーゼ>アミラーゼで特異度が高い
☆レジデントノートで見た症例を復習するべし
☆気管支喘息は治療薬と禁忌が多い
☆院内の紹介状⇒予約からやる(で、カルテに軽く挨拶を載せておく)
☆臥位での気胸の所見⇒
☆ラインの取り方⇒左手で引っ張り、離さない。上から持つ。逆血あったら一緒にちょっと進めて、あとは外筒だけを進める。刺す前に歯が出ているかちゃんと確認。
☆【疑い】で処方・治療・処置はダメ!断定病名じゃないとNG。検査は疑いでOK
☆アッペ検索のCTは腹部~骨盤部までオーダーを出すこと
☆脳出血⇒ペルジピン30%でBP150くらいまで下げるとconsultDrも嬉しい
☆骨折は圧痛を見よ。かなり特異度・感度が高い
☆オルソグラス⇒ギプスみたいなの。水に濡らすと固まる。
☆固定の時はcompartmentみたいになることもあるので、包帯はきつく巻きすぎない。家に帰ってからきつく感じたときは一回取ってまき直してもらうように説明。テープは全周固定はダメ。
☆膀胱炎のPtに対しては、尿管結石に嵌頓で腎盂腎炎に移行することもあるので、背部痛や高熱が出るようなときはすぐに来院するように説明しておく。
☆セレネース<セルシン・ホリゾン(こっちは呼吸止まる可能性があるので、バッグマスクの準備をしておく。CTのときも目を離さない
☆腹痛(上腹部痛)を見たときは膵炎の可能性も考える(検査はCa・LDH・BS・TP・Alb・リパーゼ・amy・Pamyを
☆凝固はとりあえず取り置きしてもらって後からorderでOK
☆酷い感染症の時はよくCK↑↑
☆軽い傷でもXpは撮れ!(訴訟対策)
☆採血は真空管とシリンジで順番が違う!
シリンジはギョーコ・まっけつ・血糖・生化学で、真空管は生化学を最初にやる
☆大腿骨頚部骨折⇒scarpa三角の圧痛がkeyword
☆小児を除いて腹痛に浣腸は禁忌!穿孔の危険がある。
☆採血せずに抗生剤を出すべからず!
☆とりあえずの挿管は7.5Frで。
☆腹部の視診ではop瘢痕の有無を!
☆若年者のアッペは最後の最後まで右下腹部に痛み移動しないので注意
☆妊娠怪しいと思ったら、単純CTまではよいが、造影は踏みとどまるべき(妊反をみてから)
☆2年目にconsultは、consultにならない!
☆若年者の腹痛は、心配ないと思っても、アッペの可能性があるって一言言っておくだけでも違う


【麻酔編】
☆口腔を開けるときは上顎を手前に引くイメージ
☆LMの時はブレード・吸引は不要
☆APLの緑のネジは、バッグマスク換気の時のみ
☆BISつけていないときのディプリバンの調整⇒BP・HRを見るか、瞳孔が散瞳してしまっているか確認

【その他】
☆尿量は1ml/kg/hつまり1440ml/day
☆一日 生食500ml NaCl4.5g Na77mEq
☆論文は統計学的な検討・出典を必ず明記。
 

(無題)

 投稿者:メモ  投稿日:2008年 4月14日(月)17時53分56秒
編集済
  パークホテル
0120-55-8915
〒027-0001 岩手県宮古市日立浜町 32-4
TEL. 0193-62-2321
FAX. 0193-62-2325

銀座食堂(村田の食事処)
宮城県村田町大字村田字町8 TEL.0224-83-2009

光華飯店
角田市角田泉町62-1
T0224-62-1389
11:00~18:45 月曜定休

登正門
0224593525

丸金
11-19
日曜定休
0224832512

☆試聴用
Corrinne May(コリンメイ)良い!
Emilie-Claire Barlow(エミリークレアバロウ)
Hilary Hahn(ヒラリーハーン)
Sarah Chang(サラチャン)
Tamia(タミア)
Eva Cassidy (エヴァキャシディ)
Candi Staton(キャンディステイトン)
Inger Marie Gundersen(インガーマリエグンデルセン)良い
矢野真紀の「窓」
 

(無題)

 投稿者:メモ  投稿日:2008年 4月 4日(金)13時15分56秒
  メールID   0800037124
担当名 河原木 沙耶
件名 マンションタイプのお申込について
本文
田中 宏明 様
日頃より、NTT東日本の電気通信サービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
また、Bフレッツ・マンションタイプをお申し込みいただき、重ねてお礼申し上げます。

この度、インターネットよりお申し込みの際にご入力いただきました
「現在お住まいの建物」にBフレッツをご利用に必要な機器の設置がされているかを
確認させていただきましたところ、未設置の状況でございました。

弊社にて機器設置の申請を新たにさせていただきますが、
申請から設置までの期間に関しまして短くとも2~3ヶ月のお時間を要する場合がございます。
<Bフレッツマンションタイプをご利用希望される場合>
機器がお住まいの建物に設置され、ご利用可能な状態を確認させていただき次第、
弊社担当部署よりお客様へご連絡致しますので、今しばらくお待ち頂きますようお願い申し上げます。※期間に関しましては短くとも2~3ヶ月のお時間を要する場合がございます。
※建物の状況によりましては機器の設置が出来ない場合がございます。
その際はBフレッツマンションタイプのご提供が出来ない場合もございます事を予めご了承願います。
※管理会社様またはオーナー様からのご許可がいただけない場合に関しましても
ご提供出来ない場合がございます。
<Bフレッツマンションタイプ以外のサービスをご利用希望される、またはお申込みを取り消しされる場合>
大変お手数ではございますが、契約内容確認等を含む手続きとなります為、
以下窓口へご連絡頂きますようお願い申し上げます。
NTT東日本 西葛西ひかり受付センタ : 0120-116300
※営業時間9:00~21:00(年末年始12月29日~1月3日を除く)
※お電話される時間によりましてはかかりにくい場合もございます。
※ご不明点等もございましたら、上記窓口にてご相談いただければと思います。
フレッツサービスご提供に関しまして、ご迷惑をお掛けしております事、お詫び申し上げます。
 

(無題)

 投稿者:メモ  投稿日:2008年 2月27日(水)20時59分12秒
編集済
  ☆大河原住所
〒989-1267
柴田郡大河原町字小島18-2

☆肉みそうどん
挽肉・味噌・コチュジャン・キュウリ・レタス・うどん・ハム
①鷹の爪
②挽肉(胡椒)
③油取る
④コチュ、酒、しょうゆ、味噌、砂糖
 

(無題)

 投稿者:メモ  投稿日:2008年 2月26日(火)16時40分23秒
編集済
  ☆あまの屋
住所   仙台市青葉区中山台2丁目27
YSKコーポ中山台105
電話番号 022-279-5581
営業時間 11:30~15:00(平日)
17:00~21:00
11:00~20:00(土日祝)
定休日 水曜日(祝日は営業)
駐車場 あり 6台

☆the餃子
仙台市青葉区子平町12-12
TEL/FAX TEL : 022-233-5005
定休日 第2月・火曜日/第4月曜日/年末年始
駐車場 あり (5台)
営業時間 生販売 : AM9:00 ~ PM10:00
ご飲食 : PM12:00 ~ PM2:00、PM5:00 ~ PM10:00

☆つるおか家
住所   宮城県仙台市宮城野区宮城野2-10-37
TEL 022-257-0770
営業時間 11:00~26:00
定休日 火曜日

☆オニオン
宮城県黒川郡富谷町日吉台2-24-9
Tel:022-358-1092
定休日:毎週木曜日

営業時間
ランチ:A.M.11:30~  ディナー:P.M 5:30~

ラストオーダー
ランチ:P.M.2:30  ディナー:P.M 9:00

☆ ら~麺処 豪屋
仙台市太白区向山4-28-17

T022-721-5008

☆味よし
味よし 中倉店(仙台のラーメン)
〒984-0821 仙台市若林区中倉1-7-30 TEL.022-283-4044 定休日:毎週水曜日
営業時間 11:30~20:30

☆≪広島風お好み焼き 珠芽 ムカゴ≫
仙台市泉区福岡字森下3-11 電話 022-379-4984

☆吉平手ぶちうどん
住所   宮城県仙台市青葉区川平3丁目46-15
TEL 022-719-4532

☆博多もつ鍋 たじまや
住所 宮城県 仙台市青葉区 吉成3-1-32[ 地図を見る ]
TEL 022-277-4001
※お問い合わせの際には「グルメGyaOを見た」とお伝えになるとスムーズです。
アクセス 仙台市営バス南吉成二丁目下車徒歩1分
営業時間 17:30~00:00

日曜、祝日17:00~23:30※L.O.は各30分前、材料がなくなり次第終了
定休日 月曜(祝日・祝前日の場合は営業、月曜祝日の場合は火曜休み)
平均予算 2000円~
 

(無題)

 投稿者:心得  投稿日:2008年 2月15日(金)08時18分31秒
編集済
  ☆序論
    ・禁忌肢は過度に気にしない
    ・迷ったときは、「みんなが選びそうなもの」を選ぶ
    ・まず、それ以前に問題文をよく読む。何を聞いているのか。○か×か、2つ選ぶのか。
    ・問題をめくる毎に、2つってところにチェック。×だったらそれもチェック。
    ・受験番号氏名は当然確認
    ・半分まで解いたら、マークが合っているか確認。
    ・全て解いたら、一つと二つちゃんと選んでいるかも含めて確認。
    ・できない問題はみんなもできない。それよりも簡単な問題を確実にゲット
☆技術編
    ・産婦の問題は常に妊孕性を最初にチェック!単純全摘を選ぶなよ!
    ・WPWをECGでちゃんと見抜くこと。ただし過度に疑いすぎない
    ・腎不全に造影は禁忌だぞ!
    ・妊婦初期にXpやCT、造影、MRIは禁忌!ただ晩期になったら話は別だ。
    ・MRIの禁忌もチェック
    ・ACEの禁忌も(Cr2以上はやらない)
    ・Bil3以上?は胆道造影しても写らないよ
    ・原因と結果を意識
    ・DDを意識しながら×をつける
    ・迷ったら選択肢に点数をつける(まぁその前にもう一回問題を読んでみることが大事だけど)
  ・陽性と陰性を読み違えるなよ!
☆思想編
    ・TECOM第5回だと思ってやれ
    ・これに落ちたら…とか余計なことを考えない。大丈夫、人生は必ずいい方向へ向かうことになっている
    ・みんなと一緒に頑張るって感じを持つ
    ・こうなることは分かっていた的な感じを
 

(無題)

 投稿者:憶えたれ34  投稿日:2008年 2月 8日(金)00時11分1秒
  ファイナルチャンス
☆超音波内視鏡の見方⇒正常部の5層構造をまず明確にする。内側に二個までなら内視鏡的粘膜切除術(厚く見える粘膜下層にinvしていたらできない)
☆IBS⇒○水様便×未消化便。血便・体重減少はないが、腹鳴、下痢、便秘は認める
「(食後に増強)、排便で軽快を認める
☆Ⅹ神経系異常により出るSaint trias⇒食道ヘルニア・憩室・胆石
☆胃切除後はCaやFeのイオン化ができない、Ⅹ切除により胆石、ダンピングや輸入脚





kokutai必修ドリル
☆重症度・意識障害の経過の判定にはJCSの方がbetter
☆後頭葉の障害では、黄斑回避(黄斑部の視力は正常)
☆鼻腔後方からの出血では、側臥位にして気道を確保
☆健常者でも平坦、軟で直径1cmまでの頚部リンパ節、2cmまでの鼡径リンパ節触れても問題ない
☆褥瘡予防には乾燥、一旦できてしまったら湿潤がよい
☆EDTAを用いると、pltの検査値が実際より少なく表示される
☆EBMの最終的な目標⇒患者にあった最適化医療
☆Cochrane Library⇒meta分析を主に集めたdatabase
☆心房粗動にも⇒除細動は良い適応
☆複視⇒つまり外眼筋×が起きている。basesowの眼球突出で運動×・DMのニューロパチーでⅢ×・MGでも
☆ulcerの穿孔症例においては内視鏡は禁忌
☆妊娠の可能性があればXpはむやみにやるものではない!
☆HT・DM・HLの中で最も動脈硬化の高いrisk因子hは⇒HT(だからこれを優先的に治療)
☆凝固因子の検査はクエン酸Na!
 

(無題)

 投稿者:憶えたれ33  投稿日:2008年 1月25日(金)12時27分5秒
編集済
  ファイナルチャンス
☆急性間欠性ポルフィリアには、グルコースの大量投与
☆眼振というのは小脳失調で出る(拮抗筋の調節がおかしくなる)
☆ECGで右脚ブロック、右側胸部誘導での著しいST↑、正常QT間隔。TdPとなる
☆IEは閉鎖不全
☆IEは右心系に病変あれば肺炎・肺塞栓起きうる
☆拘束型心筋症のAfにはアミオダロン
☆AMI、hFABPとミオグロビンは90min、CKMBは120min、トロポニンTは特異度↑で、2w高値が続く
☆弁膜症、交連切開はASに、置換術はASR、ARに
☆循環器でfever+ときたら、IEか左房粘液腫
☆IEのop適応:膿瘍・心不全の悪化・反復する塞栓症・真菌性



TECOM3の復習videoより
☆悪性貧血の重大な合併症は⇒萎縮性胃炎からMKに
☆再生不良性貧血は自己免疫疾患(治療から考えれば分かるはず)
☆メタボの基準に⇒LDLが入っていないことに注意
☆イマチニブの対象⇒CMLと胃のGIST
☆癌遺伝子と癌抑制遺伝子の憶え方
 癌:Nmyc
 癌抑制:RB・p53・APC・BRCA
☆免疫グロブリン大量静注の適応⇒ITP・GB・川崎病(機序は不明)
☆高齢者で⇒NQとカルバペネムはCNS症状の副作用に注意
☆バラ疹⇒チフスか梅毒ってことでいいんかな
☆LAM⇒結節性硬化症との関連が指摘されている
☆ARDSも原発性肺高血圧症も⇒PAWP=LA圧は正常でなければならない
☆嘔吐でアルカローシス⇒循血↓でRAA↑によりアルカローシス。ってのが本当。(だから本当は下痢も程度問題でアルカローシスになることもある。けどこっちは基本acidosis)
☆carinoid⇒喘息・TRも来す
☆遊走性紅斑⇒グルカゴノーマのkeyword
☆PNHは我が国ではAAへの移行が多い
☆有機リン⇒ChE活性を抑制なので、縮瞳・下痢・発汗過多・気管支分泌物の増加・流涎・流涙・HR↓・BP↓ またムスカリン作用により繊維束攣縮 ※発汗は交感神経作用による(AChを使っているらしい)
Hornerは交感神経障害なので、縮瞳・眼瞼下垂・発汗低下
☆結節性紅斑⇒結核、ベーチェット、sarcoidosis、UC Crohn、白血病
☆硬結性紅斑⇒結核のみ
☆スピロノラクトンはARBではなく、アルドステロン拮抗薬である
☆Goodopastureで大事なのは、GBM?ANCA?
☆EMR胃癌の適応⇒潰瘍瘢痕無し、で、分化型腺癌であること
☆脂肪肝でわざわざ病理写真が出ていたら⇒NASH
☆HCV・HBV以外の肝炎のbaseはどうもNASHらしいよ。
☆MRIT1では骨そのものをみているわけではなく、椎体の血液や脂肪(脂肪髄になっていたらね)を見ている⇒つまりMRIでは造血機能を見ることができる
☆PVや本態性血小板血症ETのかなりの割合でJak2キナーゼ遺伝子点突然変異が+(血液での最近の話題)
☆MMはamyloidosisきたす
☆今年もループス腎炎出そう
☆癌真珠はSCC!
☆Parkinsonismを見たとき、
 Parkinson病:安静時振戦+左右非対称
 症候性Parkinsonism:薬物治療が効かない(MSA・PSP・脳血管性)
☆PSPとは⇒parkinsonism+dimentia+distnea+という不思議な疾患(眼の上下運動障害も+)
☆ACTH試験は⇒Cushingの病型鑑別には役に立たない(もう何も言わず憶える)
☆Sclが全身型・セントロメアは限局型
MK整形
☆胸部外傷ときたら考えること⇒外傷性気胸・心タンポナーデ・肺挫傷
☆高齢者の転倒骨折で考えるもの⇒大腿骨頸部(観血的やるとしたらこれだけ)・Colles・腰椎圧迫骨折
☆小児は基本的にギプス固定だが、上腕骨外顆骨折だけは例外
☆骨折は合併症とリンクさせて憶える。SudeckはCollesと踵骨骨折(飛び降り)
☆転移性骨腫瘍は基本的に溶骨性だが、前立腺癌全例+乳癌・腎癌の一部で造骨性
必修
☆医師患者は契約関係にある(アメリカ)
☆非言語的コミュニケーションで最も影響を及ぼすのは目線(欧米)
☆リンパの流れ!(P45必修+より)
 耳前リンパ節ははやりめで
 舌癌は下顎リンパ節へ
 扁桃腺や咽頭領域は下顎角リンパ節へ
 喉頭癌は上下神経リンパ節へ
 乳癌は腋窩リンパ節へ
☆FBS・BPくらいの略語はOK
☆研修医のカルテには必ず指導医のサインが必要
☆なぁなぁと解いてはいけない!急性硬膜外は凸レンズ、硬膜下は三日月

TECOM4復習video
必修
☆MMT3⇒抵抗がなければ 重力に抗して ROM一杯に 動かせることができる!
☆大腸のpolypは腺腫か癌しかない!(胃や胆嚢と違う)だから生検せずにポリペクをやる
☆骨盤動揺性の確認はせいぜい一回まで!
☆外来のめまいの最多は⇒BPPV
☆システムレビューでは⇒closed questionを使え(っていうアメリカのマニュアルである)
☆食道離断術など⇒昭和の話
☆PSVTで、WPW発作時なのか否か判断に迷うとき⇒確かに、分かりにくい。WPW発作時PSVTは。WPWなら、①非発作時のECGが出るはず②全ての誘導でδ波が出るはず あとは、選択肢にジソピラミドがなければ迷うわけ無いね
☆必修では禁忌肢を気にせずに解け!素直にすらっと解けばよい
☆CTで脳膿瘍が無い⇒安心して腰椎穿刺できる
☆小児に使うNSAIDs⇒アセトアミノフェン。使えないならイブプロフェン
必修MEC
☆採血前半は組織液混入↑なので、生化学検査用
 採血後半は組織液混入↓なので、凝固・血球数(血算)

必修以外
☆RCCにはCRT無効⇒だから免疫療法が発達(IFN・IL2)
☆MS⇒視神経炎・横断性脊髄炎・MLF(特に両側)
 急性期には造影MRI、CSF:IgG
 治療は急性期にはsteroid、慢性期にはIFNβ(謎)
☆麻疹⇒SSPEは10年弱かかる
☆ADEMはワクチン⇒数日後⇒アレルギー⇒中枢の脱髄
☆ACTHとMSHとエンドルフィンは最初は一緒
☆スタチン(HMGCoA)はLDLを下げ、フィブラートはTGを下げる
☆乳児…突発・百日・RS・ロタ
 学童…風疹・ムンプス・りんご
 麻疹はどんな年代でも
☆ALS…側索硬化症という名前なのに、感覚障害はない(温痛覚は側索を通るのにね)
☆ないりん・がいじゅう
☆後陣痛⇒当たり前だが分娩当日が一番痛い
☆PRCAはAAのRBCだけ型であるので、治療は一緒
☆偽認知症といえば⇒うつ病・Ganser
 記銘力↓と認知症があれば、必ず器質性の病変がある
☆我は極道症候群(Wallenbergは5,9,10、小脳、交感神経、は病側で、上下肢の温痛覚障害は対側)
☆PSVTでのACLSでの第一選択はATP
☆総腸骨動脈のLvではVAUが完全に逆転
☆室内濃度の測定が定められているもの⇒ホルムアルデヒド、キシレン、トルエン
☆ITPの原因はpyloriではないかと言われている
☆MPAとPNは全く違う!MPAはいわゆるPANCA+だが、PNはPANCA-だし、RPGNにならん
☆Mは腋窩に、Tは胸骨に
☆CLLは治療してもよくならない
☆TNFα⇒SIRSや悪液質の原因(副作用が強すぎて治療応用されていない)
☆Addisonで一番アテになる電解質異常は⇒Na↓
☆APSは出血傾向起きない。血栓しか起きない。


☆WBC↓の語呂(要確認)
マッチョ、マラ、クリ、パイパン、パンツが必修。SMサイト借りるべ

マッチョ→麻疹 腸チフス
マラ、クリ→マラリア 粟粒結核
パイパン→敗血症 汎血球減少疾患
パンツが必修→突発性発疹 ツツガ虫 脾腫(機能亢進)
SMサイト→SLE sjogren MCTD サイトメガロ
借りるべ→無顆粒球症 ルベラ(風疹)
☆津のハニー(M2、8:21)
↑わたし三重大なので
イチゴいいなぁ、ファゴットさん(15:17、ファゴット細胞、M3)
 

(無題)

 投稿者:憶えたれ32  投稿日:2008年 1月12日(土)22時50分33秒
編集済
  TECOM4
☆1日三回、一回一錠の処方箋⇒3T 3×
☆テストステロンというのは⇒アンドロゲンの一種
☆加齢に伴い、殆どの生理的機能は減少・低下が見られる
☆造影MRIは⇒常にT1
☆下咽頭癌とEKは重複しやすい
☆管電圧が高いXrayほど人体の透過性が高く、被曝量が少なくなる
☆多形性滲出性紅斑の原因⇒HSV・マイコ等の感染症や、(薬物)アレルギー。治療はsteroid
☆眼内異物の治療⇒交感性眼炎とごっちゃにせず、硝子体手術で異物摘出
☆アスベストは⇒肺癌のriskともなる
☆Ca blockerで房室伝導を抑制しないもの⇒ニフェジピン
☆弁置換で、人工弁はワーファリンが必要
☆比較的徐脈を呈するものはマイコもクラミジアもあり
☆外反母趾⇒母趾が外側に屈曲
☆Trendelenburg徴候⇒中・小殿筋力低下 大は入っていないことに注意
☆脊髄髄内腫瘍⇒つまりCNS実質由来=glioma(星・膠芽・髄芽・oligo・上衣)
☆石灰化は⇒MRIでは写らない
☆早発閉経は⇒実は43未満
☆悪性HT⇒①dBP≧130②乳頭浮腫③腎障害④全身症状
☆HPSの2大基礎疾患⇒ML・EBV
☆高血圧症の殆どが⇒本態性
☆肺性心とは⇒肺高血圧→右心不全
☆COPDの定義にある疾患⇒肺気腫・慢性気管支炎(気管支喘息は入らない!)
☆声門より上に起きるのが急性喉頭蓋炎(インフルエンザ桿菌)、下に起きるのがクループ(パラインフルエンザウィルス)
☆Nikolsky+⇒4S・TENの他に天疱瘡も
☆SASにBZ⇒禁忌
☆十二指腸潰瘍は勿論吐血もある!(コーヒー残渣様と表現)
☆DSMは操作的診断
☆Ca blockerの妊婦への投与は禁忌
☆varicesの食道離断術は現在はあまり行われていない
☆クレアチンクリアランス=GFRだから、加齢に伴い勿論↓
☆PaO2を上げるには⇒FiO2↑またはPEEP↑の二つのやり方
☆PaCO2を↓⇒1回換気量を増やすか、換気回数を増やすか、しかない
☆リハビリ必要だけど、寝たきり⇒介護老人保健施設!
☆ICは医療法だ!
☆Lyme病は遊走性紅斑でTC
☆Gianotti病は子供の病気(6-12M)でHBV初感染による
☆強直性脊椎炎(殆ど)・Reiter(70%)にHLAB27+。Reiterは眼・尿道・関節がtrias
☆Addisonの2大原因⇒自己免疫・結核
☆炎症所見を伴う頭蓋内圧↑を見たら⇒脳膿瘍を疑え
☆ADEMは⇒Ⅳallergyなので治はsteroid
☆レノグラム⇒どの相が変化するのかで病態が分かるので便利。左右の比較もできる。(血管相分泌相排泄相)
☆CD19.20⇒Bcellのmarker
☆RBC脆弱試験ときたら⇒HSで脆弱性+
☆外妊⇒卵巣じゃなくて卵管切除
☆トノグラフィ⇒房水流出率の測定
☆ERG⇒眼底が透見できないときの色々な疾患に使う
☆橋本病⇒TRH↑でPRL↑
☆Crash sx⇒循環障害+の時はcompartment考えろ(神経×の為、激痛-の時もある)
☆昏迷⇒意識清明であるが外界の刺激に全く反応しなくなった状態
☆急性扁桃炎、増悪すると扁桃周囲膿瘍(こっちは片側性で口蓋垂の偏奇・開口障害+。治療はChiari法による切開排膿)
☆NHDやATLに使うCHOP⇒シクロホスファミド・アドリア・ビンクリ・プレドニ
☆ポリペクでも穿孔の虞あり
☆転移性骨腫瘍といえば⇒肺・乳・前立
☆HBs抗体+の母体より娩出した児は⇒どんな抗体の状況でも予防処置を(生後2Mで高力価HBs抗体グロブリン⇒2,3,5MにHBワクチン)
☆空洞形成するLK⇒SCC
☆胎児が子宮内で死亡⇒その後娩出したら、自然死産
☆有鉤条虫は豚でCNS
☆SturgeWeber⇒血管腫は同側・痙攣は反対側
☆髄内腫瘍:glioma・血管芽腫 硬膜内髄外:神経鞘腫・髄膜腫 硬膜外:転移性
☆周術期の麻痺性ileus⇒一過性なので放っておく(腹膜刺激あったら話は別)
☆HCCのPEIT・マイクロ波凝固・ラジオ波は大体適応一緒
☆HCCの外科的切除⇒①単発ないし同一区域内(大きさ関係なし)②黄疸・腹水・肝性脳症なし③ICG30以下
☆PBC治療⇒ウルソで胆汁排泄促進
☆PBCは胆道系酵素優位↑、AIHは逆
☆顔面骨骨折⇒2w以内に早期整復
☆突発性難聴でも⇒めまい+
☆Sweet病⇒白血病・MDSなど
☆不眠⇒眠くなくても床につくことは×
☆全生活史健忘⇒解離性障害の症状(もうろう・昏迷・多重人格・遁走・Ganser・痙攣)
☆前回帝切⇒経膣は子宮破裂のriskがあり原則禁忌
☆弛緩出血⇒暗赤色出血で凝固+
☆PSVTの第一選択⇒ジギはcontrol難のため×、Cablockerが使われる
☆TRは胸骨方向に放散、MRは腋窩方向に放散
☆血清病はⅢ
☆ITPは血小板輸血・γグロブリン・steroid・免疫抑制
☆TTPは血漿交換・FFP・steroid・免疫抑制
☆応急入院⇒別に身元不明者に限った話ではない。急を要し、保護者の同意がすぐに取れないとき
☆シンチ⇒γ検出
☆皮内反応はⅠだがPPD皮内反応はⅣ
☆RIST・RAST⇒IgE。AはAtopyのAだから特異的
☆頚癌の好発は⇒移行帯
☆低出生体重児に沐浴⇒禁忌
☆Gowers⇒股関節(大殿筋)・膝関節(大腿四頭筋)の伸展が十分にできない
☆耳閉塞感を来す感音性難聴
☆死体の体温は⇒直腸温で基本的に測る
☆風邪の原因は⇒ライノが最多
☆母>牛⇒甘党のデカは必ずマザコン
☆Landau・パラシュート⇒中脳レベルの成熟
☆鼠径部⇒TokyodisneyLand
☆精細管内にLeydig⇒×
☆血管壁にかかる圧力が最小⇒大静脈
☆嗅覚は鼻腔上方にある
☆頚静脈孔⇒内頸Vも
☆THP⇒運動・栄養指導は全ての労働者に、心理・栄養は特に必要な労働者に(だって面倒じゃん)
☆ベンゼン⇒尿中フェノール
☆国民健康栄養調査は毎年。だって栄養は大事だから(ただ基準は面倒だから3年ごと)
☆塩の目標は10gだが⇒11g
☆WHOはスモーカーを敵に回した
☆老人保健制度⇒75才以上(+障害のある65歳以上)
☆3歳未満は8割、70歳以上9割(ただし金持ち老人は7割)
☆二次医療圏毎に⇒一般と療養
☆中心静脈栄養は⇒在宅医療
☆従属人口⇒年少+老人
 

(無題)

 投稿者:憶えたれ31  投稿日:2008年 1月 8日(火)19時01分54秒
編集済
  ターゲット
☆正常の心尖拍動⇒鎖骨中線より内側、第5肋間(正中線左側10cm)
☆ForresterⅣ治療⇒間違っても輸液するな。薬物効かぬならIABPやPCPS
☆右心系のうっ滞症状に比べ、肺水腫は目立たない⇒収縮性心膜炎
☆butterfly shadow特徴⇒両側性・中枢に強い・下肺野に強い
☆心echoのLV:LA:Aorta⇒2:1:1
☆PSVTの第一選択⇒Valsalva
☆心臓、虚血がまず起こるのは⇒内側から
☆徐拍型不整脈治療⇒硫アト・βstim・(場合によっては)pacemaker
☆血圧測定不能なのにECG活動+⇒
☆AMI後遺症で心破裂?中隔穿孔の違い⇒雑音もあるが、肺水腫の有無
☆心室瘤ECG⇒いつまで経ってもST正常化しない
☆心echoで普通A弁⇒は写りづらいので、写ってたら異常
☆LV引き抜きで圧が流入・流出・Aortaで下がっていく⇒HOCM
☆出血性shockか心タンポのDD⇒脈圧を見ろ
☆深呼吸や仰臥位により疼痛が増強する⇒急性心膜炎
☆胸腺肥大は⇒乳幼児の喘鳴の原因にはならない(だとしたらDDが大変だもんな
☆A-aDO2式⇒150-PaO2-PaCO2/0.8
☆VのPaO2⇒40。SvO2 75%
☆呼吸器の問題で労作時呼吸困難+⇒拡散障害+
☆肺炎で膿胸を合併したときは⇒胸痛・呼吸音減弱で疑え
☆ヒメネス染色⇒レジオネラ
☆結核好発⇒S126
☆中葉・舌区を中心に小結節影&気管支拡張⇒MAC
☆肺気腫の病態⇒閉塞と拡散障害
☆肺気腫の問題⇒低酸素でPHTで右心不全 or 感染
☆肺気腫タバコ以外⇒αアンチトリプシン↓でプロテアーゼ↑
☆PIE症候群の画像point⇒末梢に浸潤影(肺水腫とのDD)
☆重炭酸Naの適応⇒pH≦7.15の時に使う
☆乳癌の標準術式⇒乳房温存腫瘍切除+腋窩リンパ節廓清
☆正常尿pH⇒6
☆比重⇒1.003~1.030
☆強アルカリ尿は試験紙法で⇒偽陽性
☆腎不全食事カロリー⇒35
☆ACEの使用制限⇒Crが2を越えると使えない
☆HD適応例⇒肺水腫+だけでもう適応
☆(絵に描け)⇒小腸~横行結腸はSMA・下行+上直腸はIMA
☆大量輸血時の合併症⇒低Ca(クエン酸)・高K(溶血)
☆Glisson鞘(=門脈域)を構成⇒肝動脈・門脈・胆管・リンパ管
☆内視鏡で陥凹とでこぼことにかく多彩⇒MALTを疑え
☆UCかCrohnかのDDでpointの一つ⇒Xpで下部~S状に病変あるか?ここが正常ならUC否定的
☆Wahl徴候って⇒絞扼性ileus・S捻転で見られる腫瘤(鼓音)
☆Rsab⇒切断はストーマ必要
☆Rsab判断⇒Rbは膨らんでいる
☆HBVの経過図⇒ynB24。とても分かりやすい。
☆PBCと閉黄のDD⇒PBCは胆管拡張なし。門脈圧↑である。
☆PBCとLCのDD⇒黄疸++。肝機能比較的良い。PSCはもっと大きな胆管障害
☆劇症肝炎定義⇒肝性昏睡Ⅱ~でPT40%以下
☆分枝鎖アミノ酸投与は⇒LCには使うが、劇症肝炎には×
☆LC治療の利尿薬の注意点⇒スピロノラクトン(ARB)を。フロセミドだけだと偽性BarrterでAldますます↑の虞
☆LCで脾腫があるなら⇒varicesの可能性考え内視鏡やるべき
☆meta肝癌⇒造影で全く染まらないわけではないので注意
☆急性膵炎のop適応は⇒腹膜刺激症状の有無は関係なく、血腫・膿瘍の有無で
☆慢性膵炎では外分泌は⇒血中は↑だが、消化管内へは↓
☆膵頭部癌と胆管癌の画像DD⇒ERCPで二股に分かれる
☆仮性水嚢胞の術式⇒消化管との内瘻形成
☆末端肥大症⇒HT・HL・手根管
☆冷水を好む、ときたら⇒中枢性UI
☆尿崩症のNa⇒SIADHの逆だから高Na
☆無痛性甲状腺炎治療⇒βblocker
☆PTH↑での骨障害⇒線維性骨炎(骨膜下吸収・骨嚢胞)
☆偽性PTH↓で日本で多いのは⇒cAMPより前段階のⅠ(肥満・低身長・第4,5中手骨短縮)
☆偽性PTH↓でひっかかりやすいの⇒CTで石灰化+痙攣で結びつきにくい
☆Cushing病・副腎癌・副腎腺腫のDD⇒ACTH値の他に、Cushing病と癌は男性化+だが副腎腺腫-。シンチではCushing病は全部造影されるが、後二者は一部だけ(p235)
☆フロセミドは偽性Barrterに、サイアザイドは偽性Gitelmanになりやすい
☆褐色細胞腫に造影⇒禁忌
☆HMGCoAとクロフィブラート併用は⇒横紋筋融解↑のため禁忌
☆プロベネシドが使えない条件⇒腎障害があるともちろん×
☆OP⇒高回転型は骨形成吸収マーカー両方↑で、低回転は形成マーカー↓ って憶えるのか?
☆悪性貧血って⇒自己免疫性胃炎である
☆解凍赤血球濃厚液って⇒使う前に結局洗う
☆anemiaで腹痛のDD⇒HSの結石か、PNHの腸間膜閉塞
☆M3を見たら⇒DIC検索!
☆M3にレチノイン酸。で、治療後呼吸不全起こした⇒①WBC↓で肺炎②WBC↑↑でサイトカイン⇒ARDS
☆好中球の過分葉が見られるのは⇒MGAやMDSなど
☆plt輸血⇒ITP場合によっては○。TTPHUSは原則×
☆ABVD療法って⇒HDに
☆CHOPは⇒NHDに
☆腫瘍崩壊症候群⇒乳酸も↑
☆末節骨先端の骨吸収といえば⇒SSc
☆RAのXp関節所見⇒黒い隙間(関節裂隙)がなくなり、周りが白くなる(骨硬化)
☆Wegenerと顕微鏡PN⇒WegenerはCANCA(細胞質全体黄色)・胸部Xpは空洞+。PNはPANCA(核辺縁だけ黄色)・Xpは肺出血のため肺水腫様
☆SLEの精神症状は⇒せん妄がとにかく強い!
感染症
☆G+⇒青ないし紫
☆免疫不全で好中球が特に↓⇒細菌or真菌感染
☆セフェム使い分け⇒1はGPC、2はGPC・GNR双方、3はGNR
☆コレラと赤痢のDD⇒水様か粘血か、発熱-か+か、治療は双方NQ
☆伝単で抗体出る順⇒IgMVCA⇒IgGVCAとIgGEA⇒IgGEBNA
中毒
☆CO中毒⇒cherry-red-cyanosisだし、pulse oxymeterは信用ならん。治療は高圧酸素+低酸素による脳浮腫にも注意でマンニトール
☆B.I⇒Ⅱ×1/2+Ⅲ >15で入院
☆Baxter法⇒乳酸加リンゲル4ml×熱傷面積×体重(24hでやる輸液量)
神経
☆脳幹の被蓋部・底部⇒底部が腹側(腹の底!)
☆Ⅶ麻痺で鐙骨筋↓の時⇒聴覚は過敏になる!
☆Ⅴ-3の下顎と舌の偏位は⇒患側偏位
☆ⅩⅠの×では⇒障害側と反対方向へ向けない。障害側の肩が上がらない
☆共同偏視は⇒脳出血だけの症状ではない!皮質枝の梗塞でも起きうるので注意
☆Afがないからといって塞栓を消してはいけない
☆脳挫傷の治療⇒保存的なのが意外
☆両側の慢性硬膜下血腫の見方⇒高齢者なのにスカスカじゃない!
☆ブロモクリプチン⇒DA作動薬!
☆GBやMSの髄液所見は⇒糖・細胞数は→
☆予後が悪いのは⇒急性硬膜下血腫
☆Wallenbergでは⇒三叉神経脊髄路核×・脊髄視床路×・前庭神経核×
☆髄液所見髄膜炎⇒ウィルスだけ糖→、細菌だけ多核球優位
☆CJDの髄液所見⇒正常
☆MGは胸腺腫があれば胸腺摘出を行う⇒×。胸腺腫の有無に関わらず摘出
☆突発する一側性の眼窩周囲の拍動性激痛+結膜?充血+鼻汁などglaucomaに似ている⇒群発頭痛
☆Alzheimerと脳血管性痴呆⇒ADはmotorの障害がない!(だから動き回る)
産科
☆分泌期(黄体期)には⇒脱落膜細胞+で間質が疎になっている(容易に着床できるように)
☆胎児循環⇒SVCは汚い→Botalloへ、IVCはキレイ→卵円孔へ
☆0-6はGS。7-11はCRL。12-20はBPD。
☆子宮底は⇒20wでへそ
☆切迫/進行流産の最大の違い⇒赤ちゃんが生きているか死んでるか
☆月経不順というkeywordには注意
☆TTTSの虞があるのは⇒1絨毛膜性の時だけ
☆前置胎盤の診断ができるのは⇒22w以降。経産回数と共に増加する頻度
☆正常分娩経過図P431は重要
☆弛緩出血の治療に麦角アルカロイド⇒胎児娩出した後だから問題なし
☆頚癌治療図P456
☆内膜増殖症と体癌の画像鑑別⇒腺管構造がback to backになっていれば体癌
☆卵巣腫瘍画像診断point⇒漿液性嚢胞腺癌は乳頭状・アルシアンブルーときたら粘液・色々な構造+なら明細胞癌
☆黄体機能不全の治療⇒クロミフェンでsurgeを起こし、hcGで黄体を頑張らせる
☆着床するのは⇒内細胞塊側から
小児
☆年齢が低いほど⇒右室優位
☆生理的黄疸のギリギリライン⇒TBil<17
☆乳児の体重増加不良⇒心不全とイコール
☆急性細気管支炎画像⇒過膨張のみで、浸潤影はなし
☆自閉症は⇒痙攣を合併する例がある
マイナー
☆腎後性ARFは、腎性ARFと同じ所見をとる
☆急性glaucomaは瞳孔散大筋が刺激される⇒×(括約筋が麻痺する)
☆Gibertバラ色粃糠疹経過⇒自然治癒
☆精巣腫瘍は卵巣腫瘍と一緒で⇒metaの有無を問わず、とりあえずop
☆下肢の知覚⇒斜めに線を入れて上からL45S1
 

(無題)

 投稿者:記憶30  投稿日:2008年 1月 2日(水)23時28分59秒
編集済
  消化器QB
☆食道癌のop⇒食道亜全摘+頚-胃吻合(+リンパ節廓清)が基本
☆A23
☆MWSのepisode⇒2回目以降の嘔吐で吐血
☆MWSとBoerhaaveの違い⇒MWSは粘膜下層・内視鏡で裂創確認 Boerhaaveは食道全層・内視鏡は禁忌
☆肝障害によるvaricesの治療⇒Child分類が考慮される
☆輸血でグルコン酸Ca使うのは⇒クエン酸中毒でCa↓だから
☆Htの変化から出血量を推定⇒体重/18×ΔHt/Ht(前)
☆GERDに抗コリン⇒禁忌(LES圧↓ので)
☆出血→Hb↓には⇒timeラグがあるので油断してはいけない
☆shockでは⇒stressで副腎steroid↑によりWBC、またcatecholamine↑でBS↑
☆AGMLとulcer⇒病変が多発していたらAGML
☆粘膜のヒダの急激な先細り、棍棒状肥大、癒合所見⇒Ⅱc早期MK
☆巨大皺襞を認めるもの⇒スキルス・Menetrier・ML
☆吻合部潰瘍は⇒肛門側に生じる。胃酸が原因なのでH2blocker・Ⅹ切除
☆肺肝濁音界消失⇒穿孔を示唆
☆クリンダマイシンは⇒偽膜性腸炎の原因
☆大腸内視鏡の前処置⇒低残渣食・下剤
☆成人の腸重積を見たら⇒大腸癌の検索を
☆鍍銀染色・5HIAA↑ときたら⇒carcinoid(索状・ロゼット・Kulchitsky)
☆P-Jと若年ポリポは⇒癌化しない(それ以外はする)
☆上腸間膜動脈性十二指腸性ileus⇒やせた人・内臓下垂に多い
☆Milligan-Morgan法とは⇒内痔核のop(3,7,11)
☆内鼠径ヘルニアの好発⇒中年の太った男
☆嵌頓しやすいhernia⇒外鼠径・成人臍・大腿・閉鎖孔・Richter

腎QB
☆腎不全の食事は⇒低蛋白・高カロリー
☆AGN⇒蛋白尿+なので注意
☆腎疾患で蛍光するとしたら大体⇒IgG。※FGSはIgM(F-M)
☆RA+腎障害と来たら⇒金でMNorアミロイド腎の可能性
☆糸球体係蹄の分葉化と来たら⇒MPGN
☆K↑にNa2CO3⇒呼吸困難あるPtには禁忌
☆amyloidosis・DMは⇒腎は萎縮せず、腫大+
☆ANCAとか抗GBM⇒[R]PGNだからね!
☆尿pHが5.5以下になっていない⇒尿の酸性化障害+
☆AG↑⇒それだけで代謝性acidosisがあるといえる
☆急性間質性腎炎でも⇒尿細管×+腎間質×
☆腎高血圧症でまずやる治療⇒PTRAが第1選択(薬物単独投与はやらない)

膠原病QB
☆スギ花粉時期⇒2-4月
☆penicillinアレルギー⇒他のpenicillinに替えても危険
☆RAの関節液⇒WBC↑で黄色混濁。でもサラサラ
☆MRAとは⇒RA+血管炎(だからplt↑)。治療はsteroid
☆steroidが著効する膠原病といえば⇒MCTD(MRA・Churg・TA・DM/PM・MCTD)
☆SLEの活動性を示す指標⇒dsDNA、補体価・pancytopenia(×CRP)
☆SLEの死因⇒①腎不全②自殺
☆SScの手・食道所見⇒末節骨の骨溶解像・下2/3の拡張
☆SScもPM/DMも嚥下障害あるが⇒SScは食道の収縮↓で、PMは咽喉頭筋力↓で
☆PM/DMは⇒運動神経伝達速度は正常・神経筋単位は短縮・低電位
☆PN⇒男性に多い
☆膠原病で長期間の高熱・体重減少を来たしたら⇒PNを疑う
☆Wegenerの生検⇒巨細胞を伴う壊死性血管炎(Eosino↑plt↑)壊死性肉芽腫
☆TA⇒ESR↑↑・RF-。RA多発筋痛症との合併+(半分)

内分泌QB
☆glucoseはsomatostatin分泌を⇒抑制する(?)
☆somatostatinは⇒下垂体においてTSH・DAにしか作用しない
☆DAはPRL・TSH・ゴナド⇒全て抑制
☆体位により変化するhormone⇒Renin(日中↑夜↓何故って起立しているから)・catecholamine・ADH
☆αメチルドパは⇒DA抑制する!(だから降圧)
☆LMBは常劣
☆Plummer病って⇒甲↑
☆甲↑でも↓でも⇒筋力↓(↑ならやせ、↓なら肥満)
☆KussmaulはHONKで見られる⇒×!HONKはacidosis来たさないから
☆起立性低血圧⇒SD・DM・amyloidosis・褐色細胞腫
☆steroidは⇒ADHと拮抗する
☆gargoylismは⇒Hurlerで
☆特発性PTH↓は⇒大体自己免疫疾患
☆アルドステロン症⇒原発特発偽性全てrenin↓である(続発は違う)
☆血清renin↑するのは⇒循環血↓or交感↑



MK皮膚科
☆Langerhans cell⇒CD1a+
☆尋常性乾癬の病態⇒リンパ球が真皮に浸潤⇒不全角化で鱗屑。表皮突起の延長で紅斑
☆扁平苔癬の病態⇒リンパ球が真皮に浸潤⇒どんどん増殖するが表皮が肥厚。真皮遠いから紫色。かゆみ・口腔粘膜病変+が乾癬との違い
☆湿疹は⇒蕁麻疹と違い、膨疹でないし、かつ数時間で消褪する事も無いってのが頻出事項
☆貨幣状湿疹の3つのPoint⇒老人・冬・乾燥
☆耳切れと言ったら⇒乳児atopyの重要なPoint
☆尋常性乾癬治療Point⇒steroid『外用』であり、内服は禁忌。その他PUVAやVitD
☆天疱瘡⇒緊満で痒いのは類天。他は弛緩。尋常:表皮真ん中口腔内にできる。落葉状:表皮直下。類天:老人痒い
☆壊疽性膿皮症の特徴的episode⇒両側下腿に小水膿疱ができ、それが多発癒合して潰瘍形成
☆蕁麻疹はⅠ・天疱瘡はⅡ・湿疹はⅣ
☆尋常性疣贅のepisode⇒小児の指・手背にできる
☆Candida⇒第3指間、足白癬は第4趾間
☆白癬は⇒人畜共通感染症
☆疥癬⇒指間・下腹部・外陰部に好発
☆脂漏性角化症(老人性疣贅)の所見⇒黒い粘土の様。ケラチン↑により組織で真珠
☆基底細胞癌は⇒鼻・平滑・黒い(有棘は隆起性)
 

(無題)

 投稿者:記憶29  投稿日:2007年12月31日(月)15時27分18秒
編集済
  肝胆膵QB
☆劇症化の予知⇒AST優位の↑・またはASLT↓にもかかわらずTBil↑の時
☆劇症肝炎⇒肝の萎縮+
☆劇症肝炎急性亜急性⇒10日がborder
☆大白色肝⇒慢性肝炎(赤は急性)
☆非アルコール性脂肪肝⇒S<L(アルコール性脂肪肝・肝障害はS優位)
☆脂肪肝の3大原因⇒alcohol・肥満・DM(まだ此の段階ではChE↑であることに注意)
☆アルコール性肝障害では⇒AlcoholだからIgA↑
☆PBC治療⇒肝移植
☆胆管周囲の輪状線維化⇒PBC
☆スピロノラクトンって⇒ARB
☆Rivalta+とは⇒滲出性である
☆尿濃染⇒Bil尿ってこと。直ビ↑による
☆LCでは⇒むやみにplt輸血はやらない
☆(たぶん)Alb↓・PT↓もしてきたら⇒LC。こうなったらもうIFNやっても無意味
☆op前、肝機能検査⇒ICGtest+OGTT(肝の糖代謝機能評価)
☆HCC、原発性とmeta⇒AFP↑なら原発性、CEA↑ならmeta
☆肝血管腫、治療するとしたら⇒Ror切除
☆アメーバ性肝膿瘍の治療⇒メトロニダゾール
☆varices+脾腫だがtransaminase→胆道系酵素→⇒特発性門脈圧亢進症
☆BuddChiariは⇒IVC閉塞で上向性
☆低カロリー食testでは血清Bilが2倍に↑⇒Gilbert(治療はPhenobarbital)
☆体質性黄疸で黒色肝⇒DJ(Johnsonは黒人)
☆静脈性胆道造影は⇒Bil≧3では造影されない
☆閉塞性黄疸⇒糞便中脂肪↑(脂肪吸収できないので出ちゃう)尿UBG-・尿Bil+(腸管に出ないからUBGにならずにBilとして排泄される)・Chol↑・血清胆汁酸↑
☆comet sign⇒胆嚢腺筋腫症(RASが増生)
☆acoustic shadow-の1cm以上の胆嚢内構造は⇒胆嚢癌
☆慢性膵炎病態⇒外分泌↓で脂肪便(リパーゼ↓で)・消化吸収↓で下痢・PFD↓・secretin負荷↓ ※急性増悪時は外↑のことも(内は常に↓)
☆慢性膵炎治療⇒禁酒・低脂肪食・消化酵素薬・H2blocker
☆脂肪便と来たら⇒膵のリパーゼ↓または胆汁酸が出ていない
☆仮性膵嚢胞は癌化⇒しない
☆灰白色便に関係するのは⇒胆汁ではなく、Bil

MK精神科
☆小動物幻視ときたら⇒alcohol離脱症状
☆精神科入院⇒まずは任意入院を説得(拒否しているなら次の段階(医療保護))
☆うつ病の病前性格特徴⇒メランコリー親和型(執着気質)(几帳面・仕事熱心・律儀・円満)
☆パニック障害の恐怖の対象⇒死・発狂への恐怖。広場恐怖は伴わないこともある(もともと別の疾患)
☆森田療法とは⇒あるがままの自分を。強迫性障害(その他抗鬱抗不安薬)に適応
☆理想化とこきおろしが特徴といえば⇒境界性人格障害(リストカット・見捨てられることを避けようとする)
☆ANと大食症の違い⇒AN:病識なし、活動性↑、だから抑うつなく、自殺の心配なし、無月経 大食症:病識あり、活動性↓、ので抑うつあり、自殺の危険、月経不順
☆精神依存身体依存両方+⇒Alcohol・barbiturate・BZ(抗不安薬&睡眠薬)・阿片
☆精神依存のみ⇒cocaine・amphetamine・大麻・LSD・有機溶媒(シンナー)
☆抗鬱薬と抗精神病薬は⇒依存性なし
☆症状性精神病を挙げよ⇒SLE(幻覚せん妄妄想躁うつ)・甲↑(躁)・IFN・ICU
☆せん妄の治療⇒抗精神病薬・diazepam(まだ痙攣起こしていなくても)
☆妄想⇒1次(理解できないshizo) 2次(躁の誇大・うつの微小・ADの物盗られ
☆人格testの質問紙法⇒MMPI・YG
☆人格testの投影法⇒Rorschach・TAT(絵画)・SCT(文章完成)
☆うつ病のtest⇒ハミルトンとZung。Zungは自己記入式
☆shizoのtest⇒簡易精神評価尺度
☆三環系とSSRIのse⇒抗コリン作用+起立性低血圧

MK泌尿器
☆尿管の走行⇒後腹膜臓器。25-30cmで後→前へ。総腸骨AV・大腰筋の前を通り、膀胱△(逆流防止機構)に開口する
☆SertoliとLeydig比較⇒Sertoliは精細管にあり、FSHにより栄養。Leydigは間質にあり、LHによりteststerone。
☆精子の発生⇒精細管内で母が減数分裂し、精巣上体で成熟。精液は尿道前立腺部に開口
☆マツタケ状の膀胱を来たした尿閉⇒DMによって膀胱が収縮できなくダラーン
☆尿閉と無尿は頻出事項!他もそうだがNoteの絵を見て理解せよ!
☆尿路結石多いのは⇒上部
☆Ca結石の成因⇒①Caの濾過↑(PTH↑・ねたきり・ⅠRTA)②Ca再吸収×(steroid・末端肥大症・アセタゾラミド)③尿の鬱滞(catheter・前立腺肥大=神経因性膀胱)
☆骨吸収とは⇒骨から吸収すること⇒Ca↑となる
☆CVAtendernessときたら⇒腎盂腎炎か水腎症
☆BPHは外腺から発生する⇒×。内腺から発生。外腺からは前立腺癌
☆RCCの組織型・転移⇒腺癌が最多・hyperなので血行性転移(肺が最多・肝・骨など)
☆RCCが産生するもの⇒Ca↑(PTHrp)・RBC↑(EPO)・fever(cytokine)
☆膀胱癌の特徴⇒時間的空間的多発性+、治療はBCG抗癌剤⇒TUR⇒全摘尿路変更
☆腎シンチグラフィは⇒腎血管性HTにしか使わない
☆尿細胞診と癌⇒RCCは感度が低いが、腎盂・尿管・膀胱癌は尿細胞診有効
☆骨転移⇒RCCなら溶骨性・前立腺癌なら骨形成性
☆精巣腫瘍、seminomaのマーカーは⇒LDH
☆精巣腫瘍の治療point⇒転移があろうとなかろうと、高位精巣全摘術+semiならR(そんなに広がっていない場合に限る)でnonsemiならchemo
☆馬蹄腎⇒尿管は前から出ている。カクッとなって尿の鬱滞⇒水腎症になりやすい
☆高齢者で左の精索静脈瘤があったら⇒RCCの検索を!
 

(無題)

 投稿者:憶えたれ28  投稿日:2007年12月29日(土)14時42分31秒
編集済
  血液QB
☆慢性炎症⇒Fe↓でもフェリ↑なのでTIBC↓
☆RBC浸透圧増強⇒サラセミア・PNH
☆悪性貧血では⇒Schilling+、B12欠で後索・側索(錐体路)×、無酸(ガストリン↑)
☆悪性貧血と胃切除は⇒区別して考えろ
☆CMLではVitB12は⇒↑(WBCの破壊による)
☆カリニを染色するときは⇒TBLBorBALで(培養はできない)
☆HD⇒ⅠⅡはRadi、ⅢⅣはChemo
☆出血傾向のないPtにPlt↓が出た⇒偽性Plt減少症(凝集所見+)
☆妊婦にワーファリン⇒禁忌(催奇形性)
☆APS⇒DIC合併しづらい、SLE合併しやすい(=STS+)
☆Rumpel-Leede+⇒ITP・S-Hなど色々でる
☆赤沈(RBC同士が結合凝集する)⇒Alb-↑・多血-で遅延(反発) 貧血・グロブリン+↑・フィブリノゲン+↑で亢進(結合しやすい)
☆BSS・Glanzmannは⇒plt輸血○(vWDは×)
☆GVHDの予防に最も有効なのは⇒R
☆急性GVHDの症状⇒皮膚・消化管・肝
☆RBCの大小不同は⇒IDAのみでなく、多くの溶血性貧血で見られる
☆未熟児貧血の治療⇒Fe
☆PRCAの第一選択⇒steroid
☆ATLの重症度の指標⇒Ca・WBC・LDH
☆plt↓があり、骨髄巨核球↑⇒DIC・TTP・ITP・HUS・CMLなど
☆↓⇒AA・CML以外の白血病・metaなど
☆成熟RBCは⇒核・リボソーム・蛋白合成・ミトコンドリア・TCA全て-、解糖系でenergy産生する

MinorKids眼科
☆まずNote見返すこと大事
☆老視は⇒老化による水晶体の弾力性の↓
☆弱視になる原因⇒「幼少期に眼を使わなかった」つまり、先天性白内障・不同視・遠視・斜視(近視・斜位・調節性内斜視は眼を使っているので弱視にはならない)
☆羞明を来たすのは⇒前眼部の病変により入る光が散乱する
☆斜視と斜位の違い⇒両眼視-か+か
☆流行性角結膜炎と急性出血性結膜炎の画像上鑑別⇒virus・潜伏期の違いの他に、流行:全体が赤い 急性:結膜下充血(ベターッとしていて白いところがある)
☆結膜充血・毛様充血の違い⇒結膜は周辺・表面・赤い・結膜炎 毛様は角膜から放射状・深部・紫・虹彩毛様体炎(縮瞳)閉塞隅角緑内障(散瞳)角膜実質炎
☆pannusって何?⇒トラコーマ(Chlamydia)で。角膜混濁・表層血管新生
☆アレルギ―性結膜炎と春季catarrh⇒アレルギー:Ⅰ 春季:Ⅰ+Ⅳ
☆HSV角膜炎⇒上皮型:樹枝状 実質型:角膜全体(アレルギーも合併なのでaciclovir+steroid
☆虹彩毛様体炎の原因⇒Tb・toxoplasma・VZV・ベーチェット・sarcoidosis
☆虹彩毛様体炎でまず使用されるのは⇒atropin
☆蛍光造影で蛍光が漏れ出している⇒網膜血管or脈絡膜血管どちらかの破綻 網膜なら眼底で出血+のはず
☆匍行性⇒細菌性
☆白内障を来たすもの⇒Down・風疹・老人性・steroid・DM・R・アトピー
☆DM・HT性の網膜症の比較⇒硬性(脂肪沈着)軟性(虚血)白斑は共通 違い:DMは点状出血・蛍光眼底で確認、HTはAgCu線状変化・交差現象
☆中心性漿液性網脈絡膜症の画像所見・治療⇒黄斑部に浮腫(なんか境界が見える)・光凝固
☆加齢黄斑変性の病態とキーワードと画像所見⇒脈絡膜からの新生血管が黄斑部に。高齢者の中心暗点と来たらこれ。画像は黄斑部に出血+線維化(赤と白)
☆閉塞隅角緑内障の眼の図を描いて4つの特徴を⇒散瞳・毛様充血・角膜浮腫・虹彩角膜間短縮
☆閉塞と開放の違い⇒眼圧の上がり方が違う。鼻側視野欠損とか悠長なことを言っていられるのは開放。虹彩切除術は閉塞、トラベクなんちゃらは開放
 

(無題)

 投稿者:憶えたれ27  投稿日:2007年12月27日(木)12時52分41秒
編集済
  必修
☆肝胆膵系の疼痛にMorphine単剤投与⇒禁忌(Oddi括約筋を収縮させる)
☆慢性腎不全でPtが最初に自覚する症状⇒夜間尿
☆尿浸透圧の考え方⇒300=Posm、4倍に希釈でき、4倍に濃くできる
☆RAはDIP関節は⇒殆ど侵されない!(侵されたらそれはHeberden結節と呼ばれる変形性関節症である)
☆必修レベルで手根管症候群を来す疾患2つ⇒RAとHD
☆手根管症候群の来す英語症候⇒Tinel・Phalen
☆透析の合併症として⇒慢性硬膜下血腫・脳出血
☆統合失調症の幻覚⇒幻聴○、幻視は×(脳器質的疾患を疑う)
☆hyperventilation syndではSe-Ca↓である⇒×!(イオン化Caは↓)
☆panic disorder治療⇒抗うつ薬(SSRI)・抗不安薬(BZ)・認知療法
☆精神依存と身体依存⇒精神依存は全ての依存薬物・身体依存はアンフェタミン・コカイン以外全て(ニコチン・カフェイン・大麻も身体依存なし)
☆硬性白斑と軟性白斑⇒チョークで叩き付けたような硬性、なんとなく輪郭がぼやけている軟性。硬性はDMに特異的である!
☆DMの眼合併症⇒色々あるけど白内障緑内障双方ある
☆痛風の症状⇒WBC・CRP・ESR↑と感染症のような症状を来す
☆なんとなく顔が浮腫んでいて、眉毛外側1/3が薄い⇒甲↓の有名所見
☆アキレス腱反射弛緩相の遅延⇒甲↓の所見
☆HOCMの禁忌。雑音↑の条件⇒ジギタリスとニトロ禁忌。VR↓(末梢にたまる)or収縮↑で雑音↑
☆臨床で失神発作を見たら⇒まず循環を考えろ
☆AfのPtを初診で見たら⇒TSH計るのが鉄則
☆LN生検のpoint⇒鼠径部はなるべくやらない!
☆てんかんと失神の鑑別⇒てんかん:舌咬傷+、覚醒後見当識障害+ 失神:(cardiovascular異状なんだから)消失前の悪心発汗+
☆腹部鈍的外傷で腹腔内出血が疑われる場合⇒まず造影CTで出血部位を確認後、angio→TAEというのが定石
☆ある検査が禁忌である、という考え方⇒悪化させるrisk大で、かつ「不要である」(代替法がある)
☆ヨード造影剤のrisk↑⇒喘息・MM
☆肝の合成能を鋭敏に反映する指標は⇒PT
☆腎不全の患者に心膜摩擦音を聴取⇒尿毒症になった(⇒HDを!)
☆潜血反応+ときたら⇒血尿・Hb尿・Mb尿
☆低Naになる疾患の考え方⇒浮腫性疾患(心不全・LCなど)は必ずなる(病態生理もcheck)。non浮腫では甲↓・副腎↓・SIADH。熱痙攣(細胞内液↑の低Na。飯場のオッチャンは塩を舐めている)も
☆視床下部が障害を受けると⇒PRL↑(DAによる抑制が外れる)
☆薬剤性Parkinsonismと高PRL血症を来す薬は⇒同じDAblocker
☆胆嚢polypの考え方⇒1cmを越えるか越えないかでCholpolypか癌か判断する
☆くも状血管腫と毛細血管の拡張⇒くもは臍より上にできる。中心部が拍動してるのがくも。
☆乳幼児のnot doing well(なんとなく元気がない)⇒必ず重症感染症の除外を要する(乳児は風邪をひかない
☆小児で反復する発熱⇒VURによるUTIをまず疑え
☆咽頭痛及び咽頭に白苔の付着⇒溶連菌か伝単を考える
☆胸部打診で正常で鼓音を認めるのは⇒胃泡のあるところだけ
☆肺肝境界の高さ⇒第6肋間
☆声音振盪↓↑⇒(間違えやすいので注意)↓:胸水・気胸・肺気腫・胸膜肥厚 ↑:(肺組織の空気含量が減少すると伝わりやすくなる)肺炎 ※無気肺は状況により↑↓となる
☆肺底部で気管支呼吸音聴取⇒音が伝わりやすい⇒肺組織の空気含量が減少している(肺水腫・間質性肺炎)p97
☆coarse&fine⇒もともと肺胞呼吸音は吸気にしか聞こえない。coarseは吸気初期・fineは吸気末期に聞こえる(図に書いてみる)
☆Ⅳ音を聴取しないものといえば⇒af(それ以外では多くで聴かれる)
☆収縮期と拡張期雑音⇒拡張期雑音があれば心臓の器質的疾患が必ずある(収縮期はそうでもない)
☆虚血性心疾患の疼痛⇒左上肢○だが右上肢には行かない。下顎にも痛みあること+
☆正常では脾臓は触れない⇒触れたら脾腫+
☆くも状血管腫⇒頚部・前胸部に出る(LC)
☆呼吸性移動を示しやすい臓器は⇒肝・腎・脾
☆右肩へ放散痛+ときたら⇒急性胆嚢炎
☆神経節の考え方⇒反射(二頭筋・腕橈骨・三頭筋の順にC567) 感覚(手の甲をC678) 運動(C4横隔神経・C5肩・C6肘屈曲手背屈・C7肘伸展手掌屈(これで松葉杖が使えるラッキー7)・C6Th1は手指の細かい運動
☆中枢性Ⅶ麻痺⇒しわ寄せ○だし、眼も閉じられる
☆心停止の4つの分類⇒心静止asystole・無脈性電気的活動PEA(この二者は除細動×)・Vf・無脈性VT(これらは除細動)
☆除細動⇒360J(日本では200-360)
☆熱傷、痛くないのは⇒Ⅲ
☆水疱形成があるのは⇒Ⅱ
☆減張切開が必要になるのは⇒Ⅲ
☆低体温は⇒急速な復温OK。但し痛いので鎮痛薬も
☆気管投与が出来る薬物⇒アドレナリン・atropin、lidocaine、ナロキソン
☆一般人による心肺蘇生⇒意識確認し、意識ないなら人工呼吸する必要はなく、脈を探す必要もなく、頸椎損傷検索する必要もなく、項部後屈顎先挙上して、いきなり胸骨圧迫してOK(時間が命)(医療現場では積極的に交代する5s以内に)
☆子供が転んで手を突いて骨折、その合併症・後遺症⇒上腕骨顆上骨折。正中・橈骨・尺骨N麻痺。前腕の阻血(Volkmann拘縮)。後遺症として内反肘・屈曲制限
☆出血と低体温⇒出血が低体温を招き、低体温が更に出血を増悪させる悪循環
☆再灌流に成功しても⇒心室性不整脈は起き得る(これは常識)
☆鎖骨骨折があるときは⇒頭頚部病変があると疑う
☆脊損の予後を最も規定する検査⇒肛門反射。残存していればまだ良い
☆脊髄の高さは⇒L1下端まで
☆橈骨Aにcatheter留置⇒ヘパ生を300mmHgで動注する。手関節は軽度背屈
☆Barre徴候は⇒中枢性麻痺の検出に有用
☆眉毛にかかる創では⇒眉毛は剃らない
☆咬傷で一番感染のriskが高いのは⇒ヒト
☆芽胞は⇒どうやっても消毒できない
☆ナイロン糸の特徴⇒異物反応が弱く、感染に強い
☆脱水の時にNSAIDsから腎不全になる機序⇒腎はprostaglandin産生し、GFR↑しようとしているところに、NSAIDsはprostaglandin↓の方向に働くから


※直前で
TECOM108必修
あとは尤度比などの微調整は必要
 

(無題)

 投稿者:憶えたれ26  投稿日:2007年12月20日(木)03時01分16秒
編集済
  101
☆廃用症候群ではHRは⇒↑(何故ならCO↓ので)
☆精神科で全額公費負担となるのは⇒措置、がつくもの
☆精神科入院で精神保健指定医の診察がいるのは⇒任意以外全て!
☆non-reassuring fatal statusとは⇒安心できない状態
☆停留精巣・鼠径ヘルニアの経過観察は⇒1歳まで
☆Leopold⇒上から下に1234
☆DM食事療法カロリー⇒BMI22で×25-30kcal/day
☆肝細胞癌破裂の第一選択⇒TAE
☆Bowen病⇒慢性湿疹と誤診されやすいが組織でclumpingcell。砒素中毒でも。CISで有棘に
☆ドレーンは⇒多くは閉鎖式。開放式は感染起きやすい
☆アルコール性肝障害、肝に蓄積しているのは中性脂肪(TG)
☆Lasegue sign+⇒L5orS1神経根障害の腰椎椎間板ヘルニア
☆Spurlingtest+・Jackson test+と来たら⇒頚椎椎間板ヘルニア
☆肺高血圧症の診断には⇒ドプラー心エコーが最も有用
☆PEの診断とくにGolden standard⇒シンチ・「造影」CT・肺動脈造影
☆PEの治療⇒ワーファリン・ヘパリン(aspirinは×)
☆高齢者の失神の原因として多い薬は⇒降圧・抗うつ薬
☆肺水腫でAir bronchogram⇒+(肺胞の中に水が溜まればそりゃ見えるでしょ)
☆AGNにsteroid⇒もう詰まってて今更だし、Na・H2Oの貯留により増悪するので禁忌
☆AGNの病態⇒免疫複合体が糸球体に詰まってGFR↓なので尿出ず、血漿量↑でHTだし、edemaも出る
☆急性肝炎と急性胆管炎、生命予後が悪いのは⇒急性胆管炎
☆腎前性・腎性の違い⇒腎前性は尿細管の再吸収↑↑でNa・水再吸収で尿濃縮→尿中Naは○以下(FENa<1%)対して、尿Crは濃縮力そのものを反映するので尿Cr/SeCrは○以上となる(詳しい数値は憶える必要はないが増えるか減るかは大事)(参照79)
☆WBC↓の感染症(改訂)⇒マラリア伝単腸チフス・麻疹
☆弱視を来しにくいのは⇒軽~中度近視
☆RBC浸透圧減弱ときたら⇒HS
☆尖圭コンジローマ⇒HPV6,11
☆頚癌・陰茎癌⇒HPV16,18
☆甲状腺癌、最多は⇒乳頭癌(砂粒小体)
☆血行性転移しやすいのは⇒濾胞癌
☆予後が最悪なのは⇒未分化癌
☆カルシトニン・CEA↑⇒髄様癌
☆sarcoidosis⇒CD4↑
☆過敏性肺臓炎⇒CD8↑
☆指尖部潰瘍と来たら⇒SSc
☆分娩直後の子宮底は⇒臍下3横指
☆UCCrohnと下血⇒UCは粘血下痢・Crohnは下血-(潜血+)
☆SSSSと粘膜病変⇒きたさない
☆IEと脳⇒脳動脈瘤合併+
☆ATⅢ・PC・PSって⇒いずれも凝固にbrake
☆肥幽でも⇒targetsign+
☆PBCの合併症⇒SjS・橋本・RA(おばさんだし)・OP・骨軟化症・varices・胆汁排泄できずHLにも
☆血管からの出血が疑われるとき⇒angio→TAEが王道
☆腫瘍崩壊症候群⇒UA↑・P↑(なのでCa↓)・K↑・腎不全(PKになるしね)
☆DM腎症・AGNにsteroid⇒禁忌!
☆国民健康保険は⇒国民健康保険法
☆被用者保険法は⇒健康保険法
☆腎門部では腹側より⇒VAU(バウ!)(cf肺門部はVAB)
☆好中球にも⇒貪食能+ので注意
☆膵臓の内分泌⇒膵島(膵尾部)
☆外分泌⇒腺房細胞と導管系
☆抗酸化作用があるのはVit⇒CE
☆母胎側より⇒脱落膜絨毛膜羊膜(母だけ脱ぐ)
☆10days ruleとは⇒月経開始後10日以内は妊娠の心配がないからXpOK!
☆星状神経節brockの合併症⇒嗄声・Horner
☆anemiaは低酸素血症⇒にはならない!
☆連続性雑音⇒Lutembacher・大動脈縮窄症でも
☆無尿≠尿閉⇒無尿は尿が作られない。尿閉は多量の尿が溜まっているのに出せない。
☆Ellsworth-Howard test⇒副甲状腺機能「↓」にやる検査
☆血管造影と造影CTは⇒ヨード
☆X線の吸収値⇒空気-1000…水0…骨+1000
☆急性胆嚢炎は⇒胆嚢穿孔するものだと考える
☆消化管の中で最もR感受性が高いのは⇒小腸



模試など
☆中枢性腎性DI⇒サイアザイドは中枢性×、腎性○ということに注意
☆外妊の対応⇒破裂前ならラパロ・破裂していたら開腹(もち輸液も)
☆一過性チックとtouretteの区別⇒1年以上続いていたり、変な声や汚言がでたらTourette
☆中心性漿液性網脈絡膜症のイメージ⇒グリーンが歪む・カップが見えず・ボールが小さく見える。ゴルファーのストレスはほっとけ
☆Na値の調整⇒12mEq/l/dayに留める
☆尿路結石の形⇒シュウ酸四角錐。尿酸菱形。シスチン六角形
☆シンナーの成分⇒トルエン・キシレン
☆triage、心肺停止は?⇒黒(年齢は関係ない)
☆refilling time≧2s⇒末梢循環不全(赤)
☆Ⅰ型RTA⇒K↓とNH4Cl負荷testでも尿pH≧5.5(酸性化障害)
☆クエン酸回路の語呂⇒ピザ食えんけど恐くない。フッりんごならOK
☆偽膜性腸炎の病態⇒抗生剤誘起により菌交代現象
☆大量輸血と来たら考えること⇒Fe↑↑でヘモクロマトーシスでは、と想起
☆熱痙攣の病態と治療⇒大量発汗の後の水分摂取(電解質を含まないもの)による低張性脱水。治は食塩経口投与or生食iv
 

レンタル掲示板
/2